過去日記2006-05-17②『57の壁がくずせない』

夕べの食事 まぐろかま 鮭の煮物 グリーンサラダ カレーライス(夫はスリランカカレーを作ったと言ってたのですが、どのあたりがスリランカ?と聞いても教えてくれない。ナゾです) 
夕べのアルコール 発泡酒500ミリ、焼酎のウーロン茶割り

うーん、悔しい。そろそろ56台になってもいい頃なのにねえ・・。こう停滞してると何かイライラして、甘いものとかハンバーガーみたいなジャンクフードを思い切り食べたいような衝動が! とりあえず手近にあるクコの実をポリポリ。

休日なんで、これからプールも含め外出するんですが、ジャンクフードの誘惑に負けないようにするため、昼食の玄米ごはんをブランチとして食べてから出かけることにします。吉と出るんでしょうか凶と出るんでしょうか。明日は今日より減っていてほしーい!

[PR]
# by yuuko_watanabe3 | 2006-05-17 13:57 | マラソン/ダイエット

過去日記2006-05-17①

今朝の体重 57,0キロ          
今朝の体脂肪率 28,1%       
昨日の運動 プールウォーキング10分
昨日の血圧 148/101 → (運動後)147/92     

[PR]
# by yuuko_watanabe3 | 2006-05-17 12:58 | マラソン/ダイエット

過去日記2006-05-03『おいしいもの大好き』

たまにほかの人のダイエット日記を見てみるのだけど、しゃかりきになっている人のは読んでて息苦しいし(ごめんなさい)、私の苦手なナントカ法にはまっている人のは、実は宣伝なんじゃないの?と疑わしいし、正直、読んでて面白いブログはあんまりないですねえ。私はそういうページ知ってるよ、という方がいらしたら、ぜひ教えてくださいな。

ところで、おいしいもの大好きな私は、夜は逆に、食べすぎ!!と言われても仕方ないくらい何でも楽しく(しかも深夜でも)食べちゃうのです。言うまでもなく、外食も大好き(今週も、今はまってるラッシュランドルに、おとといは同僚と行き、あさっては妹と行く予定なの♪)。作るのも、基本的には嫌いじゃない。レシピのページやおすすめレストランのページは幾つもお気に入りに入ってます。そんな中、あまり頻繁な更新じゃあまりせんが、私がときどき覗いて更新を楽しみにしてる、とのうちさんという方の「初めて行った店」というページがあります。ゴージャスな店もファミレスもとりあげていて、どうして好きか、どうしてだめかに説得力があるの。何より、楽しんで書いていらっしゃるとこがいい感じです。

本日の体重:57,4キロ。

[PR]
# by yuuko_watanabe3 | 2006-05-03 23:44 | マラソン/ダイエット

過去日記2006-04-18『無理しない、無理しない・・』

昨日「プール+出勤」の前にこのページを書いていたら、ケアレスミスで指が変なキーを触ったのかページが変わり文が消えてしまったんですよね。時間はまだ少しあったけど、気落ちしてやめてしまいました
書きたいことは数々あれど、日常に追われ、なかなか気合を入れて更新できないなあと、ちょっとイライラ。でも、こういう感情は健康の妨げですよね。気にしないようにしよっと。

無理しない、といえば、ダイエットもね。昨日は職場の販売機に、1年近く前に見かけなくなっていた抹茶シュークリームが復活していたのを発見し(ダイエットを始める前は大好物で、出勤した日はほとんど毎回食べてた!)、またもや禁をやぶって昼間に食べてしまいました。どういう意味かというと、四六時中食事制限をするようなことは私にはできないから、休みの日は夕方6時前、出勤の日は夜8時前は自分にゆるしたものしか口に入れないようにしてきたのです。
でも、最近はその「方法」にも飽きてきちゃった・・。本気になってダイエットしたことのなかった私は、人が色々なダイエット法にあれこれ手を出すことを実は冷ややかに見てましたけど、飽きるわね、やっぱり。で、そんな気分が振り子のようにやってきては、「たまにはいいじゃん」と私を誘惑します。何といっても、お腹がすくときは、やっぱりすくし。へへ、で甘さひかえめの抹茶クリームの入ったシュークリームはやっぱりおいしかった! 昨日はちゃんとプールで歩いたし、今朝の体重は57,6キロだし、というわけで、昨日の分は自分に許可を与えることにします。
(でも、先日のドラ焼きも、実は同じ販売コーナー。はどめがきかなくなるといけないから、しばらくあそこの休憩室には行かないようにしようかな。職場にはもう1つ休憩室があって、そっちは飲み物しかないのよ。向こうは、誘惑がありすぎ~。)

さて、ゆうべは、久々にまじめに料理もしました(いつもはダンナが作ってる! これについてもまたゆっくり書きまする)。
エビ、春雨、紫たまねぎ、きゅうり、香菜をレモン汁、ナンプラーetcであえたタイ風サラダと、牛肉をガーリックオイルでいためて入れたトマトソースのパスタ、という具合に自分の好物を作れてご機嫌でした。やっぱりおいしいものを食べるのは大好きな私です

[PR]
# by yuuko_watanabe3 | 2006-04-18 13:54 | マラソン/ダイエット

過去日記2006-04-15『やせましたねえの声かけははげみになります』

今日1カ月ぶりくらいに会った人から、顔をあわせるなり「やせましたねえ」と言われました。
こういうのが、一番うれしくて、「やったー」と思いますね。

でも、その言葉に気をよくしたからというわけではないのだけれど、今日は昼の玄米ご飯のみでは夕方お腹が空いて空いて、間食でドラ焼きを食べてしまいました。
明日がちょっとコワイ~。1カ月くらい前は58キロ台キープ、59キロを越えないように、というのが目標でしたが、57キロ台に突入しここ数日続いたことに気をよくして、58を越えないようにという目標に転換しようと思っていた矢先でした。でもこの分だと、明朝は数日ぷりに58を越えていそうな気がするなあ・・。ま、いっか。ボチボチやりまする。

[PR]
# by yuuko_watanabe3 | 2006-04-15 13:04 | マラソン/ダイエット

過去日記2006-04-12『がんばらずにボチボチやってみます』

朝 スキムミルク、ブルーベリー・コンポートの入ったヨーグルト
昼 黒ゴマかけた玄米ご飯1膳と、梅干1個
間食は、18時を過ぎて、おっとっと作りおきのカレーライスをごはん茶碗に軽く1膳。
夜は、晩酌しながらの夕食になる予定ですが、思い切り食べる予定。え?これでダイエッターなの? ですか? そうですよー。おいしく食べてダイエット、を実践中なの。

本日の体重は57,8キロ。昨夏は67キロくらいあったはずなので、約10カ月で10キロ近く減ったわけです。ここ3ヵ月はハードにダイエットしてないので、現状維持のさいちゅうなんですが、リバウンドしてないので、まいっかと。でも、かるい目標は55キロ、できたら50までいっちゃいたい、というのが最終目標なので、またこれから再チャレンジ。どんな具合に展開するか、見守っててくださいね!

[PR]
# by yuuko_watanabe3 | 2006-04-12 13:00 | マラソン/ダイエット

過去日記2004年10月16日『わたしの風邪の特効薬』

 あちこちで風邪が流行りだしてますね。

 私も実は今週の初め、あやうくひきかけたのですが、葛根湯が威力を発揮してくれたのか、本格化せずにすみました。我ながら薬の使い方がうまかったかも、と思うので、ご紹介しときますと・・月曜日、そう祝日ですね。私は友だちとのランチの約束があったので、あれこれ家事を片づけながら、外出の支度をしてたのですが、ハナが、かんでもかんでもダラダラと出てくるのですよ。ノドの奥も何かいがらっぽい。カラゼキを試しにしてみると、何かキレがわるくて、変な感じ。やばい、と思いました。第一、楽しく食事したいのに、何度もハナをすすったり、かんだりしてたら、楽しさ半減だし、友だちにも気を遣わせてしまうでしょう。でも残念ながら、家に葛根湯の買い置きはありません。
そこで、駅に向かう途中の薬局に立ち寄り、まず「カコナールを」と言ってみました。ご存じの方も大勢いるでしょうけれど、これは中身は実は葛根湯を液状にしたものとほぼ同じです。液状だから吸収がよく、即効性ではこれが一番。原価に対して値段はばかばかしく高いものになってるのでは、と想像されますけどね。
で、ところが、1本売りはありません、と言うじゃありませんか。ほかの薬局にはあったけどなあと思いつつ、必要な分以外を買うのはもったいないと思って方針を変え、「では葛根湯を」と言ったら、今度は店員さん、葛根湯という名のドリンク剤を手にしました。「いえいえ、違います。顆粒になっているほうを」と言って、やっと話が通じました。今度は「1日2包呑むタイプと3包呑むタイプのどちらがいいですか」と言うので、すかさず「2包を」と頼みました。どうしてかというと、2包タイプのほうが成分が多いのです。その分、速効効果が高いわけ。何しろ目的は「楽しいランチにしたい」ためですからねん。最大の目標は即効性です。


More
[PR]
# by yuuko_watanabe3 | 2004-10-16 07:43 | 風邪のモト=エヘン虫を追出そう

過去日記2004-08-11 『少し秋の気配?』

やっぱりこの時期、ふと気づけば朝夕、秋の気配がしますねえ。ところで私めはやってきた仕事柄、言葉にまつわる勘違いにはちょいと関心が高いほうだと思うのですが、そんな私も、ハズカシイ勘違いをしたこと、もちろん多々あります。「秋来ぬと 目にはさやかに見えねども・・」という有名な句がありますね。10代の頃、ある人があれをさらさらと書にしたためてあるのを見て、てっきりその人の句だと思いこんで何年も過ごしていたのですね。あるとき新聞か何かで見て己の間違いに気づき、人知れず赤面したのでありました! 「10代の若者には天が緊張を与えてくれる」という自論?を展開する人に感動したこともありましたが、後から詩人、大手拓次の詩にあるくだり(といっても今私がここに書いた表現は厳密じゃないです、ごめんなさい)と知り、あせったこともありました。まあ後者については、発言した人のモラルの問題かな、という気がしないでもないですけどね。「大手拓次のこの表現はいいよね」と言ってくれれば誤解は生じなかったわけだし(^_^;)。詩歌(しいか)ではないけれど、「隠れ家(かくれが)」を、妹が「かくれや」と言ったときには心底びっくりしましたが、その後もっと驚いたのは「かくれや」で正しいと思っている人と、あとからあとから遭遇したこと。妹には即座に、あきれ顔つきで「それは、かくれが!」と指摘したが、他人様では失礼かなと思ってしまい、つい聞き流してしまう。周囲のそういう人は少なくないでしょうから、かくして「かくれや」だと思ったままの人はずーっとそのまんまということになるのだわねえ。かくれがなら小さい頃から聞いてる言葉でしょう? かくれやなんて言葉、聞いたことなかったでしょう?と、自分から気づいて頂きたいものだけど、マスコミがこぞって「隠れ家」という言葉をブームにしちゃったものだから、今や新語だと思って使っている人も多いということかも。そのうちに「かくれや」も広辞苑に載ったりしてね。もしそうなるならなったで、言葉は移り変わっていくものだよね、と思っているわたくしなんですが。(あら6日も書かなかったんだ・・毎日あっというまに過ぎていくなあ・・)
[PR]
# by yuuko_watanabe3 | 2004-08-11 13:28 | つぶやき

過去日記2004-07-31 『真夏の怪談』

ネットサーフィンをしていたら、ナースらしい人が、ほかのナースの体験した「入院患者の行方不明→自殺」の話を書いていた。読んでいるうちに「しかし本当の恐怖はここからだった」というくだりが出てきたので、何ごとかと思ったら、要約すると、こういうこと。「その患者が亡くなって数日たち、死去の前日にした血液検査の結果があがってきた。HIVポジティブだった。さあ、ナースも医師もパニックに。なぜなら患者の血液をそうとは知らずに多量にさわってしまったから。しかしあわてて検査をして陰性だったとわかり、ほっと胸をなで下ろしました」とさ、というのだけれど、私は、この書き手の「本当の恐怖はここから」は第3幕があるじゃないか、とハラハラ。なぜって、HIV感染には潜伏期間があるのだから、そんなに早く結果は出ないじゃないか、ということ。もちろん、この話は伝聞だから、当事者の人々はきちんと所定の(つまり完全に結果が正しく出るように2ないしは3ヵ月の)期間をおいてからの検査だったかもしれないが、それを伝え聞いたこのナースは、そのことを歯牙にかけておらず、どちらにしても、ここに登場してきた何人かのうち1ないしは3人以上の、知識のあやふやな医療従事者がいるのではないか、という疑惑。これがもしかしたらこの話の中では、一番コワイじゃないか、ということなのだ。いやはや、やっぱりこの国におけるHIV知識は、医療従事者でさえあやふやなのだから、ましてや・・。私自身は最近はさっぱり恋愛に興味はないが、さてパートナーはどうだろう。息子はもちろんこれから恋愛をしていく年頃だ。もちろんこのように、恋愛や性体験以外でも感染していく可能性はないとはいえないが、むしろ感染者の母数が多くなればなるほど、「自分には関係ない」と思っている人が、ふつうの単なる性行為で感染していくリスクは右肩上がりで、それもするどいカーブで上がっていくだろう。今でも対岸の火事だと思っている人は、どうしたらこのことがのみこめるようになっていくんだろうか。ハラハラしているしかないんだろうか・・。
[PR]
# by yuuko_watanabe3 | 2004-07-31 13:21 | 更年期/からだ/こころ

過去日記2004-07-27 『意地になって毎日書いてる?』

書くことがなければもちろん無理するのはやめておこうと思ってるのだけど、「ハハハ面白いや」と思うことと、ネットでめぐりあってしまった。

↓です。

今日いちばんのおもしろカキコミ

某サイトで、ちょっと気の利いたことを書き込んでるつもりらしい人(どうやら若い女性)が、「○○については、はしおりすぎ(だ)・・」云々と書いている。ん?なんだ?はしおるって? とビックリしたが、すぐに気づいた。この人は、端折る=はしょる、を見た目通り「はしおる」と読んで、日常的に使ってしまってるようなんですね。いやはや。はしおる、なんていう言葉をあなたは口にしたことあるんかい?とつっこみたくなるが、まあこういう人は、こちらがなぜゲラゲラ笑っているのかもわからないだろうから、「触らぬ神に祟り無し」ですね。とはいえ、けっこうな歳の人だって、かなり間違った語法でしゃべったり書いたりしている。(いや、もちろん私だってね。)その間違って書いた文に味があったりすることもあるのだから、あんまり「重箱の隅」をつつくのもヤボかも。もう今ではたとえば「意外に」を「以外に」と書くのはあまりに日常化しすぎていて、後者がそのうちに広辞苑に現れるのも、そう遠い日ではないのではないか、と思ったりして。でもねえ・・・・え?どこが間違っているんですか? なんて、言わないでね、頼むよ・・・。

[PR]
# by yuuko_watanabe3 | 2004-07-27 13:18 | メディア/言葉/社会

過去日記2004-07-26 『何となく・・・ 』

会社の仕事で多くのお客さんと話をしていると、何となく人が機嫌良さそうにしている日と、そうでない日を感じるんですよね。気候、気圧と、人の気分や機嫌は、やっぱり関係ありますよね。自分も、今日は少しは気分がまし(ここまでの猛暑よりは楽だった)だったし、お客さんの反応もまたそうだった。



ところで、先月のHIV感染者の増加数がまた過去最高だったらしい。いつか、気づかずに感染していた人からどんどん実は感染していたことが、爆発的にわかる日がやってくるだろう。恐ろしいことだ。こんな国は、もう今や日本しかない、ということについて、政治家もジャーナリストも、もっと大きな声を上げてもいいのでは、と思うけど、「くさいものにはフタ」という国民性は、やっぱり変わらないのだよねえ・・・。血液検査をみんなしたらいいと思うけど、強制検査になるのは、それはそれで恐ろしい。でも、血液検査をしたからといって、明日の、来月の、来年の非感染を保障するものではないけれど、そのことがピンときていない、今の世相が、あーほんとに怖いなあ・・・。

[PR]
# by yuuko_watanabe3 | 2004-07-26 13:15 | メディア/言葉/社会

過去日記2004-07-25 『暑い暑い』

今日いちばんのおもしろトーク

ちょい年下の同僚が「調子はどうですか?」と声をかけてくれたので、「うーん、あまりよくないわ、青息吐息よ」と言ったら「え?それって桃色の間違いじゃ?」と言うのよ。カワイイ人です。歳は、今日初めて知ったのですが、私より5才年下なんだそうな。

[PR]
# by yuuko_watanabe3 | 2004-07-25 13:12 | つぶやき

過去日記2004-04-13 『ふと自分でもミョーかな~と思うことをボンヤリ考えてみた』

突然ミョーなことを書きますが、8年ほど前に自殺した(と思われる亡くなり方をした、が正しいが・・)友人のことをボンヤリ思い出していたら、当時、今のようにインターネットが身近にあったら、彼女のようなタイプは亡くならなくてもすんだんじゃないかなー、と、何の根拠もないけれど、そんなことをふと思った。そういう人ってどんなタイプよ、と言われそうですが、一言で言えば「書くことに才能を持っていたさびしがりや」だったんですけどね。でもまあそういう人は今度はネットに依存的になって大変だったかしら・・これも確認できてる話じゃないけど彼女はおそらく統合失調症だったのだと思うんですね。でも、周囲の人間関係に支えられ、亡くなったときは40歳でした。彼女の病気は感じながらも、40代にまでなったのだからもう自殺といったことはないだろうと漠然と思っていたところへ、突然の報せでしたから、実にショックなことでした。後から医療関係の人からも、「確かにだいたいその世代になると減る」と聞き、やっぱりなあと思ったり、あれが私へのSOSだったなあ、と思い出す会話もあったりで、一時は「私にもっと何かできたのではないか」とクヨクヨしたこともありましたが、その話をすると「いやそれは違うよ」とたいていの人が言うし、まあ私も「そうだよなあきっと」と。気がつけば歳月もこんなに経ってしまいましたが、でも大切な友を失った痛みは、心の根っこのところでは今も変わらない気持ちですねえ・・。だからかな、あの頃インターネットが(身近に)あったとしたらどうだったんだろう・・と思ってしまいました。(Win95は出たばかりだったけれど、今のような簡便さとは雲泥の差だったし、彼女もおそらく使ってはいなかっただろうと思うんですよね。そもそも私自身、まだ使ってなかったしね・・)
[PR]
# by yuuko_watanabe3 | 2004-04-13 13:36 | つぶやき

過去日記2004-03-30『気になること』

ところでしばらく前からTVを見るたび気になっていたことがある。元アナウンサーたちが次から次へと保険のコマーシャルに出ているが、あれってどうなの?ということ。広告主、代理店側のねらいは当然、彼らのアナウンサー時代の信頼度や好感度の二次利用なんだろうが、いわば各テレビ局の権威の上に成り立っていた信頼度や何やらであって、当然、視聴者がアナウンサー各人に対して持っているその種の期待は幻想だ。しかしニュース番組などを担当することによって、彼らには「正義の人」であるかのようなイメージが付加されている。そういう人々を保険の広告に起用するアイデアは確かにうまいと舌をまくが、あざとく利用している点にまず嫌悪を感じるし、それ以上に、出演している連中、彼らをマネジメントしている事務所のモラルはどうなっているのか、我々はあれを許していいのか、ということが気になって仕方ない。彼らが今でも報道人であるかのような誤解、錯覚を利用しての広告宣伝行為は、慎んでもらいたい、と思うけれど、そういう良識は彼らにはないんだろうかね? これって公共広告機構にでも言ってみたら、どういう答えが返ってくるんだろうか? また朝日の声にでも投書してみるか? ハアそれにしてもお金になる原稿書かないで、こんなことばかり考えてる私って・・・???
[PR]
# by yuuko_watanabe3 | 2004-03-30 13:48 | メディア/言葉/社会

わたなべゆうこです。blog名を「女は51から」より変更しました。


by yuuko_watanabe3

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

検索

↑当ブログの検索できます。

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

私のメアドです

以前の記事

2016年 12月
2016年 11月
2016年 02月
more...

カテゴリ

全体
最新のお知らせ
マラソン/ダイエット
わたしが過去に書いたもの
メディア/言葉/社会
映画/シナリオ
足あと帳
マイ・ジョグノート
私のダイエットメニュー
コーラス/コンサート
ゴルフ
たまには旅
きれい、かわいい
きょうのできごと
おいしいもの、おいしい店
オット:魚畑耕海
ムスコ:渡辺耕作
更年期/からだ/こころ
アート
風邪のモト=エヘン虫を追出そう
つぶやき
ブログ/HP
活字レビュー
ごあいさつ
my沖縄ライフ
未分類

ライフログ

なぜ婦人科にかかりにくいの?―利用者からの解決アドバイス集

子宮筋腫・女のからだの常識

“ほっ”とする生理痛の本―女性の悩み解決ガイド

わたなべゆうこの本

その他のジャンル

Skypeボタン

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

スポーツ
50代

画像一覧