年末ご挨拶

ご来訪いただき、ありがとうございます。
来年はもっと書き込む予定ですが、毎年そう書いている気がしないでもない(*_*;
宣言通りになるように、がんばります。

読書会の報告が遅れており、申し訳ありませんが、近々入力します。
また、ご好評につき1/21夜に2回目開催をすることになりました。
今度は、その告知で奔走しております。せっかく開催するなら、予約のお客様以上にたくさんおいでいただきたいですしね。那覇、そして結縄近郊に在住の方には、宜しくお願い致します。

2月には生理痛の本を題材に、3回目の読書会を開催予定です。

来年中には私なりのマラソンの書籍をぜひかたちにしたいと思っています。これも、ご期待ください!

また、私生活でも新たなご報告が生じそうですが、これはまたのちほど・・・。

では皆様、よいお年をお迎えくださいませ
[PR]
# by yuuko_watanabe3 | 2013-12-30 23:19 | my沖縄ライフ

【イベント告知】 &あちこちにチラシを置かせてもらいに行脚しております(^^)

読書会やります!
開催日当日まで、トップ記事はこのまにすることにしました。
最近の更新はこの下↓に掲載しますので、よろしくね!


テーマ:「医者に殺されない47の心得」~いい治療わるい治療の見分け方~ 日時:12月21日(土)13時30分―15時30分 場所:Cafe coil(那覇市楚辺)電話098-851-4977(場所案内のみ) 参加費1000円 問合せ先:yuuko_watanabe3@yahoo.co.jp

 今日は、国際通り裏手にあるミニシアター系映画館「桜坂劇場」にもチラシを持っていきました。おそるおそる話してみたのですが、即チラシを預かってくれて、「うちの広報誌15部と交換です」と。おもしろーい!
 先日は、書店のジュンク堂へ。ここにもフリーペーパーコーナーがあり、ササッと置いてくれたし、ポスターまで貼らせてもらえました。こういうとこは、横浜あたりの店舗の敷居の高さとは、えらい違い。
 ところが、びっくりしたことに県の女性センターなどは「この施設での開催のものでなければ置きません」との反応。東京のウィメンズプラザ(ここももう都の直下ではなくなったはずなので名称変更したのかも、ですが)には確かひろーいチラシ架があって、しょっちゅう自由に置きに行っていたおぼえがあるのですけどねえ・・。
 官はどこよりも「官」で、民はどこよりも鷹揚でおおらかな感じ。沖縄って。


【おまけ】
桜坂劇場で、ARATA、窪塚洋介出演の映画「ジ、エクストリーム、スキヤキ」という作品の
ポスターと遭遇。
1月公開予定とのこと。
この二人と言えば「ピンポン」じゃありませんか! 
当時、「GO」と「ピンポン」で窪塚ファンとなり、渋谷で偶然会って握手してもらった私としては、
行かないわけにいきません。
たとえガッカリするような出来であったとしても・・・・!? (#^.^#)。
[PR]
# by yuuko_watanabe3 | 2013-12-21 10:34 | 最新のお知らせ

沖縄タイムスに告知掲載していただきました(^^)/

早朝に告知記事を発見し、ひやあと驚き、今度はむしろ参加者が殺到したらどうしましょ!?と、いらぬ心配をして眠れなくなってしまいました(^_^;)。
そうこうするうちに寝付いたら、今度は昔の知り合いが「告知を見た」と言ってなぜか急に訪ねてきた夢を見ました。・・・・まさゆめ!?・・・・まさかね(*‘∀‘)


沖縄タイムスは、26面「きょうナニある?」です。タイムスをおとりいただいている方は、ぜひご確認ください
[PR]
# by yuuko_watanabe3 | 2013-12-21 08:10 | my沖縄ライフ

困るのは、医療に対して不信感で武装しても、それで体調がよくなるわけではないって事ですよね(>.<)

と、ほぼよくなりつつあるわが手を、じっと見たりします…。
b0071980_17181272.jpg

(添付写真は、私がオリジナルで作った今回の読書会のチラシです。coilさんがつくってくださたのとは、別バージョン)

パッチテストがきっかけで全身がかゆくなった3年前。ちょうど震災の直前でした。

あ、そうだ。漢方に詳しい薬剤師さんのとこへ行って漢方薬で何か効くものがないか聞いてみよう!!と思い立って出かけたのが3月11日の12:30頃でした。漢方じゃ無理、新陳代謝をよくする、岩盤浴などのデトックス、乳酸菌などに効果あり、という情報は仕入れたものの、そのときは歯科治療の話は出ませんでした。薬剤師さんにそれを期待しても無理、とはわかっていても、歯科治療でこんなに劇的に治りつつある現状を考えると、専門医にかかってもどうにもこうにも体調がよくならないとき、じゃあ患者(もとい、医療利用者!)はどうすりゃいいのよ!? と思いますよねえ!!……

私にとっての3/11は、震災という天災に対する無力感とともに、やっぱり決定的な治療法はなさそうだなあという無力感を感じた日として記憶されているのです。

その後、岩盤浴などのデトックスにせっせと通い、手に残ったかゆみ以外は次第にひいたものの、完治はせず。ときには手のひらが真っ赤になるほどのぶり返しを体験したのも、一度や二度ではありませんでした。

そして歯科治療、これしかないでしょ、という情報とめぐりあうことはついぞなかったわけですが(何度もしつこく書いて恐縮ですが、もしや?と思いついたのは私自身ですから!!)、あと2-3カ月もたてばほんとに完治した、と言えるかも、というとこまでこぎつけた今、この3年という年月に、やはり私は悔しいなあ、という思いをぬぐえないのです。

皮膚疾患は、殺されるような病気ではないけど、クォリティオブライフを低下させる、厄介な疾患です。医者の言うことだけうのみにしていたらカイテキなからだは得られない、そのことが骨身にしみていた私でも、アリ地獄のような医療難民であり続けさせられた、この一連のできごとを、ただ「悔しい悔しい」だけで終わらせるのはもっと悔しい。
今、そういう思いでいっぱいなのです。

近藤誠さんのおっしゃる「医療には不信感をもたなければいけない」。
そのことに100%の賛意を改めて表明するとともに、じゃあ私たちはその次の段階として、どうしたらいいのか。

12/21の読書会では、そこまでのふみこんだ話し合いができたら、と願っています。

ふと思ったのですが、今は会社などで、全国各地の人とでも電話会議など当たり前すぎるほどの時代ですよね。スカイプなどを使って、遠隔地の人とも話し合えるような、そんな公開座談会などできたら、いいかもしれませんね。那覇近郊で、そんなイベント作りに興味やスキルのある方がいらっしゃいましたら、ぜひわたなべまでお知らせください。よろしくお願いいたしますm(__)m。
[PR]
# by yuuko_watanabe3 | 2013-12-18 16:04 | my沖縄ライフ

京都おまけの話

b0071980_2353723.jpg

書きます書きます、といいつつ、相変わらずグズラな私。
何やら急にあれこれ山積してしまってるのですが、前々から書くといってた順番に、というわけで、遅ればせながら。

いえね、何てことはないのですが、京都に同行したKこと、ムスコの耕作のこと。

実は昨年秋に沖縄にきたのも一緒でした。以前、別の会社にやはり同時に在籍していた時期があることを知っている方々には、「え?また?」と言われそうですが、そうです、また同じ職場。とはいえ、最初は同じマンスリーマンションの別々の部屋に住んでいたのですが、現地法人へ直雇用に変わってからは、節約のためまた同居しています。

今回の京都行き、あまりに旅費が安く済むことから、「あなたも行かない?」と言ったら、最初は京都に住む友人を訪ねる目的で「行く」との返答。そして、旅が近づいたら、心境の変化か「友達のとこはまたいずれ」ということになり、とうとう全行程を一緒に旅したのでした。

以前、私が今もブログやFBをやっていることを知った彼。「えー? じゃあ共通の知り合いのみんなが、俺が沖縄にいることを知ってるわけ!?」と言うので、「ないない、あなたのこと一切書いてないもの」と言ったらホッとした顔をしていたのですが、隠してるふうになっているのもおかしなもんですしね、京都に一緒に行きました、という話を書くことをきっかけに公表してしまおうと考えていたのです。本人にも、了解をとりました。
なのに、書きそびれていた、という単にお粗末な話で、申し訳ありません(^_^;)。

まあそれにしても、親子二人旅なんて、もしかしたら彼が小1の秋に香港へ行って以来だったような・・。

おかしかったのは、関西空港に降り立った途端から、私以上に彼が「寒い、寒い」を連呼していたこと。それだけ沖縄の気候に慣れきってしまったわけですね。「沖縄のおばあが来たら、泣いちゃうよ~、きっと」という、何やら意味不明の言葉を発していました。

また、私が行きたいところへ従順に(?)同行してきたのは意外なほどでしたが、「紅葉はきれいだけど人が多すぎ」と、それはうんざりした模様。「しょうがないじゃないの~、私だって一度この素晴らしさを知ってしまったら、また行きたーい、と思ってしまったわけだし。そういう人がいっぱいいるわけだし」と私。

それでも、最後に訪れたこの素晴らしい景色の鹿王院は、逆にびっくりするほど人がいなくて、彼もここはたいそう気に入った様子でした。

もう、これ以上の歳になっての親子二人旅なんて、今後はまずないに違いないですしね、仲良しこよしの親子では決してないのですが、そんな中、この旅は「終わりよければ・・」だったのでした~。
[PR]
# by yuuko_watanabe3 | 2013-12-12 23:02 | たまには旅

前の会社でも

今の会社でも、「風邪をひいたら病院へ行け」という上司ばかりなのには閉口します。病院へ行ったところで、症状をやわらげる対症療法しかない、治癒が速くなるわけではないという常識が根付かないのは、なぜなんでしょうね(((・・;)。
近藤誠さんは「医療被害に遭わない最大の方法は病院に近づかないこと」と仰っていたけど、↑のこと1つ捉えても、近藤さんにはこれからも社会に向けて情報発信してもらわねば、と思います。(風邪だと思い込んでいて重篤な常態になった方を身近に複数知ってますが、それはまた別の話。またいずれ。←病院に行ったのに結局その方は記憶障害になられたので、病院が役にたたないといういみでは何も変わりありません)

で、私の風邪対策は、うがい、手洗い(これが一番大事)、足湯とこの2つの市販薬。薬局で500ポイントを使えたので、しめて1460円でゲット(^-^)/。今日横浜に帰るオットに、3分の1を渡しました。
オットいわく、「うちには竜湯ならあるぞ」。「小青竜湯ね。あれは鼻水にしか効きませんから!」。(これ、オットには何度も教えたんですけどねえ・・(*_*;)

あ、葛根湯はちょっとした使い方のポイントが。「このままほっといたら風邪になるだろうなあ」というときに使わないと効きませんから。でも頭痛や筋肉痛にも効果があります。
本日私はマラソンあとの筋肉痛対策で一包のみました。
 
グリッペルは前冬に私が薬局で「漢方配合の風邪薬ないですか?」と聞き、初体験した薬。これまでに体験した風邪薬では一番効果があった気がします。いつでもそれを実感できるとは限らないですけどね。それでも、自分に合うと実感できた風邪薬の常備があるのは、ちょっと安心。沖縄は温かいんだから風邪なんてあまりひかないんじゃない!?というのは、誤解。寒暖差が激しいから、汗をかく→冷える、の繰り返しで体力を消耗し、やはり冬は風邪をひきやすいんです。

ところで、漢方は即効力も含め効果があると実感している私ですが、近藤さんは漢方を含むすべての代替療法を認めてないのですよ。乳がん体験者の会「イデアフォー」の青木栄子さんは漢方を認めてましたから、近藤さんに「なぜ」「どうして」とだいぶ詰め寄りましたが、「そもそもが誤った経緯で保険認可されたものだから認められない」といった主張をされていました。何事につけゆるがない近藤さんですから、そこはおそらく変わっていらっしゃらないだろうとは思います。

漢方療法の一種である「足湯」なんかは、ぜひ認めてもらいたいものだと思いますけど、「薬を使うのではなく、やってみて心地よいことなら、いいんじゃない?」とおっしゃるかも。
b0071980_8414392.jpg

[PR]
# by yuuko_watanabe3 | 2013-12-03 08:40 | 風邪のモト=エヘン虫を追出そう

困った困った・・・。

何が?って?

またこのブログが止まってしまっていることです。
実は京都の話の続きを書きたかったんですよね。
でも、どんどん京都の3日間は遠くなり、とうとう明日はNAHAマラソン当日になってしまいました。
12月ですよ~。
21日の読書会の準備も進んでいるようないないような・・(^_^;)。

でも、明日はとにかくフルマラソン。
職場が配慮してくれて翌日も休みなんですが、公私ともに片づけなければならない用事が、ここに書ききれないことも含め、あれこれ。
頭がパンクしそう・・・
なのに、明日はフルマラソン。
ひえ~・・・・。
走りながら用事を片づける、もしくは考えごとをしつつ、それを外付けハードディスクかなんかに落としこめたらいいのになあ・・そして、そんなことしてるうちに、気が付いたらフルマラソンも完走してました~なんて具合になったらいいのになあ・・(笑)。

あり?でもこの方法、意外と「あり」かもですね。
走りながら、読書会の構成を練ってみよう。ほかの用事もバーチャルで段取りを考えてみよう。
アハハ、そうしてみます。試しに。
案外、イケルかもしれませんね。
おやすみなさーい!


【後日追記】
↑やっぱりフルマラソンは、そんなに甘いものじゃありませんでした~(^_^;)。
完走はしたものの、制限時間には間に合わず。
来年、もう一度出直しまーす。
あ、でも東京マラソン、ホノルルマラソンだったら、立派に完走メダルをもらえる成績だったので、
ま、いっか(^_^;)。
[PR]
# by yuuko_watanabe3 | 2013-11-30 23:00 | my沖縄ライフ

京都の紅葉を楽しんできました

b0071980_81014.jpg

なぜ那覇から京都へ行こう!!と思い付いたか。
ジェットスターである日、帰り便だけ1000円!!という期間限定キャンペーンを行っていたのです。
そうかあ、大阪に行くにも、横浜から新幹線を使って行くよりよほど安いわね~、昔仕事帰りに大阪から京都に遊びに行ったことあったなあ……あれ!?……てことは、もしかして、往復10000円以内で紅葉まっさかりの京都に遊びに行ってこれるわけじゃん!!
ワオ!!那覇もジェットスターもステキ~! というわけで、早速予約。但し、昼に出発する便しかなかったので、2泊3日にすることにしました。
今回、これが大成功だったなあと思います。4:30頃に河原町に着けたので初日は暮れなずむ東山界隈と高台寺、清水寺のライトアップを観賞。
欲張らずに宿に向かいました。
2日めは連れが遅起きのため出発は遅かったものの、東福寺、南禅寺、永観堂、若王子神社から、哲学の道へ。
後半は、嵐山界隈、鹿王院と、出発前にプランに入れていた大原野神社以外は廻ってこられたので、大満足な旅でした。

そうそう、旅の前に「那覇から行くほうが横浜からより安い~(^-^)」と同僚に話していたら「それって、新幹線より飛行機のほうが安い、の間違いでしょ!?」と、指摘されてしまいました。あ、そりゃそうだ、アハハ。関東の人もピーチとかジェットスターで大阪へ出ればいいんですものね。
但し自宅から空港までの近さは、那覇だからこそ。今回も日のあるうちに家に帰ってこられたので、旅の疲れをひきずらずにすみ、久々の旅行でしたが、満足度高し!!なのでした~(^-^)/。
[PR]
# by yuuko_watanabe3 | 2013-11-22 08:57 | たまには旅

・・・というわけで、12/21に読書会を開催します

11/19から21まで京都へ紅葉を見に行っていたのでそのことも書きたいのですが、
取り急ぎこちらの催しをお知らせします。
那覇での開催ですので横浜や東京のみなさまへは実質お知らせのみですが、かつての私の活動をご存知の方へは、わたなべ、ようやく腰をあげることにしました、のお知らせです(^_^;)。

テーマ:「医者に殺されない47の心得」
サブタイトル:~いい治療わるい治療の見分け方~

12/21(土)13時30分―15時30分※(開場13時)
参加費=1000円※会場利用料金込み(茶菓つき)
●「医者に殺されない47の心得」(近藤誠著)を
読みあい、参加者同士で意見交換や感想を語り合い、
共に「いい治療、わるい治療の見分け方」を学びましょう!

※会場であるカフェ「coil」にて課題本展示中。店内に限り貸出可。
問合せ&申込:090-1216-8693
主宰&ファシリテーター わたなべゆうこ(医療・健康ライター)
開催場所 Community & Coworking Cafe coil
那覇市楚辺1‐3‐21
098-851-4977(会場案内のみの問合せ先です。内容に関しては、上記電話番号まで)

※沖縄タイムスのオリコミ情報誌「ほーむぷらざ」に情報提供中。関係筋のお話では、
内容からすれば掲載される見込み大で、そうなればかなり集客を見込めるとのこと。
とはいえ、県の女性センターなどにもチラシを置いてもらえるようアプローチする予定です。
但し、かつてのように団体として主催するわけではないので、そう簡単ではないかもしれませんけどね。
また、一からの出直しですから、それは覚悟の上ですが。
とりあえず、これを読んでくださった方で、那覇及び近郊の方はご参加をご検討くださいませm(__)m。
[PR]
# by yuuko_watanabe3 | 2013-11-21 21:46 | 最新のお知らせ

皮膚炎が良くなってきて考えたこと

本題に到達するために、まだ幾つかのエピソードを紹介する必要がありますが、その前に、読んでくださってる方に起きるかもしれない、当然の疑問があるだろうと思います。

治癒してきたのが歯科治療のゆえだというのは、何で判断できるのか、ということ。
当然ですが、歯科医からは、これで皮膚炎がよくなるかは約束はできません、ただその可能性はあります、とは言われました。
治療前も、途中も、終了する際にも、皮膚炎の状態を聞かれたり、まして診察します、と言われたことも一切ありません。歯科医ですから当然といえば当然ですが、じゃ、なぜ私という患者に対して、詰め物の変更を行なうことが妥当な治療なのか、なぜその根拠を示さずに治療に臨んでいるのか、説明なしにそれを行なう妥当性がどこにあるのか。それはそれで、まか不思議ではあります。

あまり理屈っぽくなりすぎても意味がありませんが、変ですよね。私は皮膚の改善が願いで歯科にかかっているのだから。そこをスルーして行なわれる歯科治療って、本来はおかしいんじゃないかなあ。

まあ、それはさておき。歯科の治療は4回にわけて行なわれました。上下・それぞれ左右の計4カ所です。だいたい1週間に1度くらいのペースでした。驚くべきことに、そのつど翌日くらいには効果が現れました。それも、ほぼ均等な治り具合で。赤みが薄れ、かゆみが減っていきました。露骨なぐらいに。その歯科を紹介してくれた同僚(元・歯科助手)も、はっきりと現れた効果に、驚いていたほどです。そうそう、費用は実は1万くらいですんでしまいました。最初の見立てでは「1カ所だけ自費診療になる」と言われていたのですが、詰め物をとり去ってみたら保険範囲で対応してもらえたのです。

・・・というわけで、治癒してきたのが歯科治療のゆえだというのは間違いないことなのです。

でも、私の思いは、治ってきたにもかかわらず案外複雑です。だって、そりゃそうです。治療にかけた時間、費用、苦痛。どれも不本意ですもの。

それと。歯科にかかる前、皮膚科の主治医にこれを黙ってやることはよろしくないんじゃないか、報告ないしは相談しておかなければ、と思ったのです、私は。実は案外、体制派というほどではないにせよ、相手をたてなければいけない、という考えは一応あるのですよ。人並みに、大人ですから。
で、薬が切れかけての受診の際、医師に言いました。しかし、ここからが、実は私が一番おかしい、おかしいと思い続けていることなのです。

横浜で私にパッチテストを提案し、皮膚炎の最初の原因を作った医師ですら、「歯の詰め物を入れ替えると、実は改善するかもしない」と言ったくらいですから、まさかその医師が私にストップをかけようとしてくるとは想像もしてなかったのですが、「そういうことをしたいなら、歯科と皮膚科の連携があるような総合病院で、医師の判断で行う必要がある」と言ったんですよ、その方。「はあ、そうですか。素人考えだけでやってはダメですか」と言って、さも諦めたふりをしてその医院をあとにしたのですが、どう考えても、腑に落ちませんでした。

だって、私はうまくいかないかもしれないリスクを承知の上で「歯」の治療をしたい、と言ってるわけですよ。そんなの、私の判断でしちゃいけない理由なんて、どこにも見当たらないじゃありませんか。しかも、保険診療でできるなら、とわざわざ伝えましたし、実際に結果を見れば、その狙いはまさにドンピシャだったわけです。

ここからは私の憶測になりますが、皮膚科の医師は、私が今回良好な結果を得ることはおそらく予測がついていたんじゃないでしょうか。だからこそ、皮膚科医師の「正当な判断」の元で行わせたかったんじゃないか。そのように感じました。
患者の勝手な行動により、皮膚科で治らなかったものが歯科で治った、となると、どんな訴えや抗議を起こされるやら、とか、単純に「メンツまるつぶれになる」と考えたのかもしれないな、とも感じました。それを、医師の判断での治療で、というシナリオにすれば、ご自分の立場は保全できるわけです。

そんなこんなをつらつら考えていたら、そもそも医療ライターだった私が、そして「医療に騙されるな」と警鐘を鳴らしている近藤誠さんのシンパだった私がこんなレベルで医療にふりまわされていたなんて、と少々情けなくなりました。

あー、こんなことしちゃいられない、子宮筋腫と言われて医療に振り回され続けた自分が一冊の本(「子宮筋腫・女のからだの常識」)にまとめて、世間に一石を投じたように、何かアクションを起こさねば! 今回私は那覇市内で近藤さんの著書をテキストに、その「一石」を投じる気になったわけですが、その背景には、実はこんなエピソードがあったわけなのです(この項、さらに続きを書きます)。
[PR]
# by yuuko_watanabe3 | 2013-11-16 13:59 | my沖縄ライフ

手のアレルギーは緩やかに治りつつあります

ブログを遡れば経緯もところどころ綴ってありますが、振り返れば3年も悩まされてきました。

きっかけは、横浜の自宅近くの皮膚科の受診でした。ピアスができないほどに耳たぶから口元にかけて荒れてしまったためです。そこで勧められたのが、アレルギーの原因物質を探るパッチテスト。その2カ月ほど前に韓国旅行へ行き、使ったことのない韓国メーカーの化粧品を幾つも使っていた私は急に心配に。「関係ありそうでしょうか」と医師に質問。私と同世代と思しき彼は「韓国の化粧品が合わない人は多いですよ」との無責任な回答。「ではお願いします」とパッチテストをすることになりました。

直径1,5センチくらいの丸いシールに化粧品、洗顔料、シャンプーなどを垂らして背中に貼って丸2日間。直後と1週間後くらいに、2度にわたって受診した記憶があります。徐々にかゆみが増した記憶はありますが、その時点ではあまり気にしていませんでした。だって、最初からかゆくて受診したのですから。それより化粧品の影響と診断結果のほうが気になりましたが、韓国の化粧品はシロ。むしろ、当時気に入って使っていた「アジエンス」などのシャンプー、リンスに一番反応しており、原因物質としてニッケル、パラジウム、コバルトなどがある、診断名は金属アレルギー、これらは多数の食品にも含まれているが完全排除できるわけではない(しようとしたら食べられるものがなくなってしまうくらい多くの食品に含まれているから)といった説明を受けました。

それからさらに1~2週間後に、全身にパーッと発疹が出て、夜も寝られないほどに。直感では「パッチテストのせいだ!」。でも、受診した医院へは行きませんでした。喧嘩したくなる気持ちを抑えられる自信がなかったからです。素の私を知っている人は意外に思うかもしれませんが、怒りをぶつけたところで、徒労になることがわかっていたから、というのもあります。渡されていた(テストの)説明書の隅に小さな文字で「このテストにより強い症状が現れる場合もあります」云々と書かれていたのを後から発見したからです。

以来3年近く。横浜と那覇の、のべ5カ所の皮膚科にかかり続け、プロトピックやステロイドなどの不本意な塗り薬を使い続け、それでも治らない皮膚炎に悩まされ続けてきました。
ちなみに、横浜の2カ所の医師には、「パッチテストのあと・・・」という話もしましたが、「それが原因ではない」とは彼らは言いませんでした。あえてそういったことにはふれなかった、と記憶しています。私も、自分の症状を何とかしてほしいだけですから、そのことへの怒りを別の医師にぶつけることはしませんでした。

ただもう、ピアスは完全に使えなくなりました。リンスするごとに少しずつカラーリングできるカラーリンスを使っていましたがそれも使えなくなりました。美容院の髪染めも試しましたが頭皮の症状がぶり返し、×でした。やむをえず、髪染めの類はまったくせずこの3年はグレーヘアで通してきました。
当初は、完全除去は無理と言われてもかなり食事制限にもトライしたので、豆腐や海藻、玄米ご飯といった本来は健康に良いはずの食材も食べられなくなってしまいました。
岩盤浴や温泉療法のようなデトックスも効果あり、と聞き、実際に岩盤浴には一定の効果を実感できたので、後悔こそしてませんが、さんざんこうしたことにお金も使わざるをえませんでした。

むろん、アレルギーというのが実際は未解明の部分が大きいことや、体質やら食生活やらストレスやらと関わりがあることから、パッチテストをしなくても症状が起きた可能性は否定はできないと思います。そんな知識もあって、テスト
を勧めた医師に訴えに行くことは、とうとうしませんでした。

さて。1年前に那覇に来て、自宅近くの皮膚科へ行きました。、「パッチテストのあと・・・」という話をしたら、゛それが原因ではない」と、彼は言い切ったのです。私の思い込みに過ぎないかのように言うのです。これにはムカッとして席をたち、「もういいです」とまで言いましたが、急にとりなすかのように「横浜で処方されていた薬を出せばいいか」と聞いてきて、処方はしてもらいましたが、二度とここには行きませんでした。
その後、職場近くの医師で、これまた余計なことは何も言わず淡々と説明し処方してくれる、いわば付き合いやすい医師にかかるようになりました。劇的な改善が見込まれるわけではないがコンスタントに薬は必要、という患者にとっては、うるさくない医師は便利な存在ではあります。それから1年近く。この医師とのあいだには何ごとも起きずにかかってきました。

しかし。ここからが、治癒に向かいつつある私が、今このことでほんとに書きたいことなのです。

ある頃から私は、今生活費を稼いでいるコールセンターでの仕事を離れたらどうなるか、を考えるようになりました。ライターの仕事へは戻れる手立てもなければ、あったところで、締め切りに追われるストレスフルな日常に戻る気は、はなからありません。やりたい、もしくはやれることとしたら、飲食とか介護とか。特技もない60近い私がトライできるとすればおそらくそんな分野。しかし、今のように手荒れがひどい状態では、どちらも無理です。

「本気で治そう!」・・・そう思いました。あれこれトライしてきて、唯一試してないのは、歯科治療です。歯の詰め物の金属が溶け出して蓄積し、また現在進行形で溶け出していることが金属アレルギーの主原因かもしない、ということは知識としては知っていました。しかしセラミックなどを使おうとしたら保険がきかないためにかなり高額になると聞き続け、ためらっていました。いやしかし、こんな時代だからこそ、金属以外で保険のきく素材もあるのではないか・・ネットで調べてみたら、まったくその通りでした。一部保険がきかない場合があっても、かつて聞いた「何十万」といったこともないようです。そんな話を職場の休憩時間にしていたら、歯科助手経験のある同僚が、「金属ほど強くないか
ら,保険のきく非金属素材はもろいですよ」と教えてくれましたが、それならまた保険で治療すればいいもん、と考え、同僚数人が教えてくれた歯科での治療が完全に終わったのが9月半ば。以来、2カ月。緩やかではありますが、治りつつあります。先日は2年ぶりぐらいに美容院で髪も染めましたが、何事も起きず、無事でした。
ネットサーフィンで得た情報では、金属の詰め物を除いたたいていの金属アレルギーの人が完治まで半年くらいを要しているようですから、まだ不透明ですが、たぶんこのまま収束していくでしょう。やれやれです。

でも、ここからが本題。私はなぜこんなに不本意な経過をたどらなくてはならなかったのでしょう。医療側が私に適切な情報提供と治療を提示しなかったのは、なぜ? 読んでくださったあなたも、そう思いませんか?
このことで、ほんとに私が書きたいことは、次項にいたします。長くなりすぎてしまったので・・・。
[PR]
# by yuuko_watanabe3 | 2013-11-16 07:53 | my沖縄ライフ

帰省から10日もたってしまった!

横浜最終日は……21日でした。
あまりに日がたちすぎて、どんな日だったか、モヤに霞んでいます(^^;。
覚えているのは、もう一度アンテナ調整にトライしたけれどうまくいかなかったこと、金属アレルギーが改善されてきたので、またピアスを楽しもうと、アクセサリーboxを整理して、荷物に詰め込んだくらい。
行く前は私がかつて買ってオットは使ってない調理道具や、昔買ったレコードなどをこの機会に整理&廃棄しようとか、2000年に亡き青木栄子さんたちと企画した講演会「いい治療わるい治療の見分けかた」の講演録など探そう、と思っていたのですが、とても無理でした。
あ、それと。行きに利用した東京シャトルのチケット・帰りの分を予約しようとしたら、予約は2日前まで、とわかったので、少し余裕をもって11:30くらいに出たので、最終日は(も!?)ほんとに余裕がありませんでした。

東京駅で、ハタとお土産の買い忘れに気付き、バタバタしてるさいちゅうに、何年も前に若い友人Iちゃんに連れていってもらった中野の飴やさん「パパブブレ」の東京駅店舗を発見!!
懐かしくて、これも帰省土産にしようと、3つも買い込んでしまいました。パパ…さん、大成功をおさめているようで、お店を始めたイケメン兄弟さん、よかったね!!
そして、Iちゃん、先見の明があった、ということですね。おかげで私は、「私はオープン頃の小さなお店の頃から知ってまーす!!」と、これからも自慢できそうです。
b0071980_8294722.jpg

[PR]
# by yuuko_watanabe3 | 2013-11-01 13:23 | たまには旅

3日目つづき。横浜の盛りだくさんな一日はまだまだ続きます

みなとみらい線元町中華街駅は、ごたぶんにもれず何ヵ所も出口があります。確かかなり歩かないと中華街に出られなかったよね、と歩くこと、しばし。エイッと出た出口はドンピシャの朝陽門脇。しかと確かめてから上がった訳じゃなかったのに、運がよかったです。
均昌閣の場所は電車内で、通りのまんなかあたり、右側と確認済みですから一目散にめざします。店の入口で12:05くらい、会場の階にエレベーターで上がったら、まだ入口は受付中の同級生でごった返していて、「先にこれから写真撮影」という状況。何とか間に合いました~(^-^)/。

クジを引いて、誰と同テーブルになるかわからない、という趣向も楽しかったし、前菜などで少しお腹を満たしたあと、オペラ歌手をしている同級生Uさんの独唱を楽しませてもらい、みんなで「花は咲く」を一曲合唱。お酒はテーブルごとに精算してね、といった、上手な会運営でしたが、圧巻だったのは、Kさんのある作品。途中、彼女を取り囲んでいた何人かが「ワー」と声をあげて、ただごとではない雰囲気に。何か、見慣れたものを身にまとっているのは、Kさんと仲良しのNさん。何と、12年間みんなが着慣れた制服を模したエプロンを制作して持参してくれたのです。彼女の制作趣旨は、「いつもお互いに制服姿しか見てなかったから、今の姿で会うと、もう一つピンとこない」「ならば、制服をコスプレにして、みんなで着せ替えごっこしちゃおう!ということだった模様。これ、ものすごく凝っていまして、校章を細かく刺繍までしてあって、びっくりぎょうてん。学校のホームページから校章の写真をダウンロードして、そこからデザインをトレースした話、スカートのひだの幅も正確に、と、卒業アルバムで全身の映っている人の写真から、ひだの位置をわりだした話なども、楽しかったのですが、これぞ「女子校」ならではの、エピソードだなあ、とつくづく。女子校ノリに縁遠い人には、何でそんなことで興奮できるの!?てなもんでしょうけど、凝りに凝って、たぶんこの日に間に合わせるために徹夜だってしたかもしれないKさんが、みんなの喜んで写真を撮りあってる姿を見て、ニコニコしてるのを見て、それも、ジーンとしちゃいました。何か、初めて同窓会もいいものだなあ、と思ったかも。

さて。多くの友がコーヒーなど頼んでる中、いつも通り、Yさんや私、何人かはビールを1杯ずつ、のお上品な二次会のあと、私は今回の帰省の目的の1つ、念願のIKEAへ。
もう夕方ですからねえ、誰かに「え? まだやってる? 大丈夫?」と言われてしまいましたが、日曜でも新横浜からの無料バスが夜まであることはちゃんと調べてありました。今度は、あとに何も予定が控えてないので、余裕しゃくしゃくです。
買いたいものはリストにしてあったので、かなり効率よく買い物できました。
とはいえ、かなり広い店内ですから、前日に日本橋へ行く前に立ち寄ろうなんて、所詮無理な話だったなあ、と納得。

戦利品はすでに沖縄で使用していますが、特に気に入ったのは、ELLYキッチンクロス柄違いの4枚セット249円也と、食器洗いカゴにひっかけられるローズ色のBYGEL小物入れ79円也と、299円のTOKIGサラダスピナーです。b0071980_23474825.jpgb0071980_23483829.jpg
b0071980_23482215.jpg

唯一の心残りは、299円のまな板を、どうやら荷物に放り込み忘れたようで、帰宅したら消えていたこと。
定休日のオットがご飯の支度をしてくれてるに違いないから早く帰らなくちゃ! と大慌てで荷物を詰め込んだ際、うっかりしたようです。誰か、清算済みと気づいて、持ってっちゃったかなあ・・。まあいいや。すんだことは仕方ありません。
(後日談ですが、まな板の話は、沖縄に帰ってからおみやげ話をした際、ある男の同僚から「え? まな板? 荷物に入れて持ってくるつもりだったの!?」と、驚かれました。「いや、想像するような、べらぼうに重い商品じゃないのよ~」と言いましたが、そう言われてみれば、ただでさえ重くなってしまっていた荷物にさらにまな板が入っていたら、とんでもなく重くなっていただろうと思うと、これでよかったのかもしれないですね。うちに、まな板がないわけじゃないんですから(*‘∀‘)。)

横浜での話に戻りますが、IKEAから家に帰ってからも、かなり急いでの夕飯となり、今度は、翌日からオットが店でノーパソでエクセルを使えるように、まずはデスクトップでエクセルの使い方初歩の説明、ノーパソへキングソフトofficeのダウンロード、USBにおとしたファイルの転送などなど、忙しい、忙しい。しかも例によって、オットはちょっとした数字の位置のずれ、今カーソルのある行を示している色など、「直してくれ」「消してくれ」など、注文が多い、多い。「うーん、このズレは私もわかんない」「この色は仕様だから消せませーん」などなど、もうちょっと素直に呑み込んでくれてもいいんじゃないかなあ、いっそパソコン教室にでも行ってもらったほうが先生も優しくしてくれていいんじゃないかなあ・・・と思いつつ、かといって教室に行ったからといってできるようになるわけじゃないしね。必要に迫られてるわけだから何とかなるでしょうよ・・と、にわかパソコン先生としての夜はあっという間に更けていったのでした。

いよいよ、次は最終日(21日月曜)。といっても、この日は特に何ごとも起きませんでしたが、振り返りの総括など・・
[PR]
# by yuuko_watanabe3 | 2013-10-24 14:34 | たまには旅

横浜帰省3日目。星川→横浜→中華街。この日はてんこもりでした。

今回の帰省で、オットから「自分用のパソコンと店用のCDプレーヤーについて相談にのって」と言われておりました。前々からノートパソコンをほしいと言っていたのですが、今回の一番の目的は、エクセルで店の出納をつけるため。エクセルも教えて、というのですから、驚きました。大丈夫かなあ(^^;。
私だってたいして得意じゃないし、仕事で使わなくなって2年近い。だいぶ忘れてます。
とはいえ、手ほどきするとしたら、私しかいません。二日酔いの寝ぼけ頭で、バーテンダー氏が前に経営していた店で使っていたというファイルをダウンロードし、オット仕様に、何とか加工。

それが済んだら今度は、オットが「アンテナをいじったら映らなくなってしまった」という、スカパーのアンテナの調整。こっちは、結論から言うとうまくいかず、業者を呼ぼう、ということに。

オットは「今日なら店の定休日だからケーズデンキにパソコンとCDを探しにいきたい」と申します。
私は12時から中華街での同窓会に行かなくちゃなりません。まさに、分刻みの慌ただしさ!
アセアセとシャワーを浴びたり身支度して、ケーズデンキへ。途中、オットが「ポイントカード忘れた。先に行って物色しててくれ」というので、一人で売り場へ。
目安としたのは、私が今年初めに買った、11.6インチのノーパソ。値段を書くのも憚られるほどの格安でしたが、Corei3とか?の処理力で、マイクロソフトofficeは入ってないもののキングソフトが入ってるので、ASUSという初めてのブランドでしたが、以前に大手メーカー品にがっかりしてコリているせいもあって、私としては大満足の買い物でした。これと同等か近いもの、ということで、サイズは私のより大きいものの、あっという間に候補は絞られました。そこへやってきたオット。「店が狭いからもっと小さいものでないと・・」。あ、そ。というわけで、ざざっと見渡した結果、購入はとりやめ。スピーカーと直接つなげるCDのみ購入。これについてもすったもんだありましたが、キリがないから割愛。
私は一度家に帰り化粧などしようかとも思いましたが、そうだ、デパートの化粧品売り場で何か買えばやってもらえるでしょ、と。この時点で10:30。
オットは、「帰りにほかの店でも見てきてくれないか」と私に資金を渡します。もう、しょうがない。オットはパソコンの性能を説明されてもわからないから、私がさらにひと肌脱ぐしかないか。
で、オットと別れ、横浜駅へ。今日私は帰りに今度こそIKEAに行きたいし、時間は有効に使いたいし、というわけで、「ビックカメラはどうかしら?」と、ビブレへ。ソフマップもありますしね。かつてはPC関係はビック一辺倒だったし。ところが、着いたらまだ開店前。11時までまだ15分近くもあります。あーん時間がもったいない! でも、来てしまった以上、引き返すのも悔しい。→で、行った結果。結局ケーズと同じ結論。
もう、こうなると意地です。私のと同等で4~5万円のは絶対あるはずだ!(だって私のはジャスト4万だったんですもの。アハ、書いちゃった)という信念で、ヨドバシへ。今ムスコも使っているブランド、Acerの、ほぼ期待通りの商品をゲットいたしました。しかしもう12時に限りなく近づいています。
えーいもう! 化粧なんてどうでもいいや。殆どが小1からの同級生で、お互いにすっぴんで12年を過ごした仲なんだから、たいして意味ないやね。共学だったなら、男性の目も多少は意識して、どこかで必死でけしょうしたかもしれないけど。アハハ。
もう、幹事さんたちにあまり迷惑をかけないですむ時間にすべりこめるように、ひたすら中華街に向けて走るしかありません。ゼイゼイ。ノートパソコンを携えて、ひたすら走りました。しかもこの時点で私、会場の均昌閣が中華街のどのへんに位置しているか、よく覚えてません(^_^;)。同窓会の案内ハガキをバッグから取り出すのももどかしくあとまわしにして、ひたすら横浜駅構内を走るワシ。さて、間に合うか!? がんばれ、ワシ・・・。
(この日の振り返り、まだまだ続きます)
b0071980_824420.jpg

[PR]
# by yuuko_watanabe3 | 2013-10-23 13:41 | たまには旅

2日目。日本橋→横浜→上星川

10/19 お天気は曇り。沖縄から来た身には、まあ寒いこと。被害の大きかった先日の台風直前、30度の暑さ、と聞いたのにね。この日は最高気温でも18度くらいだったようです。

さて。この日最初の目的地はIKEA。沖縄にもニトリや無印、東急ハンズはありますが、IKEAだけはありません。まあ、H&Mとかもありませんけどね。洋服はめったに買わない私はそれは困らないけど、IKEAはサイトを見るたび、思いが募ります(^^;。
で、今回の大きな目的の1つは、これでした。
なので9:35の無料シャトルバスに乗るべく、家を9時10分くらい前に出発。横浜駅からの直通の横浜線にも乗れて、ヤレヤレと。…しかし、その気の緩みがいけなかったんでしょうね。菊名を確認し「次だな」と思ったのに、ついスマホを見たのが失敗のもと。気づいたら車内放送で「次の停車駅は中山…」とか言ってます。焦りまくるワシ。でも、後の祭でした。

気を取り直し、次の待ち合わせが11:30にコレド日本橋だから、よく考えると、間に合うわけなかったかも、かえってよかったワ~と思うことにして、東京駅を目指しました。三越前駅近くよ~と言われていたのに、あれ?変だなあ、けっこう三越からは遠いかも?です。
そこへ、友からは「前の予定が押して、遅くなりそう」との連絡。ブラブラと館内を歩き、「えん」という外食チェーンの「ビビン丼」680円というお手頃なランチを見つけました。「持ち帰りのみ」と書いてあるのに、「今日は中でおめしあがりいただけますよ」というので、友を待つのに好都合と、「おべんと買っていい?」の連絡を入れました。「お願い」の返信に気をよくし、待つことしばし。しかしその後、サプライズの連絡。「私たちが最終的に向かう先は三越前駅近く。私が来て欲しかったのはコレド室町だったのに、間違えちゃった、ごめんなさい!」。
私は、気づけばスマホのバッテリきれそうで、こちらもパニック! ま、しかし、長年の仲のKさんなので、何とかちゃんと巡り逢え、ビビン丼も仲良く店内で食べられ、予想通りまあまあ美味しかったので、終わりよければ・・なのでありました。

この日は、彼女と私が約20年前に立ち上げた、子宮筋腫と内膜症の自助グループ「たんぽぽ」のセミナーの開催日で、私が子宮全摘の手術を受けた際のビデオを上映するということから、「よかったら立寄らない?」と言われ、行ってみることにしたのです。20年前の自分のインタビユー映像を再び見るのは気恥しかったけれど、こんな体験と、Kさんと短い時間でも再会できたのは、嬉しかった。意外と、ビデオも冷静に見られたので、会の活動を途中でおっぽりだした不義理ものの私なのに、こんな機会を提案してくれたKさんに、感謝。

セミナー自体は5時までということでしたが、私はかつて仕事をした育児雑誌の元編集長Tさんと会うために、参加者の皆さんにご挨拶し3時半に退出。しかし、スマホのバッテリ切れが気になります。4時半には横浜駅に着き、少しでもバッテリを回復させたい、とジョイナス4階のauショップを目指しました。でも、ガ~ン!! なくなってます。私に無断で! いや、そう言っても仕方ないか・・。じゃあどこに移転したかわからないか!?と、1階にあったはずのインフォメーションへ。ガーン!! ここも、ショップに様変わりしています。ありゃりゃ~。もう4時50分近くになっています。いつも時間より少し前にきてらっしゃる習慣だったTさん、きっともういらしてるに違いない! バッテリどこじゃないわ! と、待ち合わせ場所のルミネへ。
案の定、もういらしてました。私のバッテリ切れは特に問題とはなっておらず、ホッ。
夫のバー「リ・CAOS」に行きたい、とおしゃってくださったTさんに、「少し軽く食べませんか?」と言ったけど、「早く行きましょうよ」とのお申し出で、一路、昨日と同じく「リ・CAOS」へ。
私がかつて、うーん、「仕事もあり3人の子育てもありなのに、この驚異的な底なしぶりはスゴイ!」と驚愕した酒豪はややスケールダウンしてらしたものの、「次はね・・何にしよっかな!」ととどまることを知らない、あくなき探究心は、健在。私もまけじと、「次は・・・・」とカクテルを交互に注文し、昔話に花を咲かせつつ、再びアルコール漬けの夜は更けていったのでした・・・。
明日へとつづきます~。
b0071980_0374393.jpg

[PR]
# by yuuko_watanabe3 | 2013-10-21 11:33 | たまには旅

横浜に帰省しました。

b0071980_6463568.jpg

今日が4日目。横浜でやりたいと思っていたことは(家の片付け以外は(^^;)すべてやり終えることができ、5時間後には横浜を出て、また沖縄に戻ります。

よく旅行などに出て、マメにFBやブログを更新している人がいますが、正直尊敬しちゃいますね。私は日々のことで精いっぱいでした。かなり慌ただしかったので、記録しておかないと忘れてしまいそう。自分の備忘録としても振り返っておこうと思います。

1日目(18日)
那覇9:45予定が10:00発になりましたが、12:15成田着。前回はもっと遅く出た記憶。成田横浜は時間がかかるとはいえ、朝楽に出発して必要があれば途中下車で用を足すこともできることを考えると、朝9時台の便はいいな。今回の収穫は、東京シャトルというバスを使うと900円で東京駅に出られ、電車を使うより確実に座れてしかも安い!ということを覚えたことでした。LCCの早朝便に合わせて東京駅を深夜1時2時台に出発する便もあるそうな。朝6時台の那覇行き便なんてどうやって行くのよ、前泊なんてしたらかえって高くつくじゃない!?と思ってたら、そういう方法があったんですね。新発見。

さて、こと細かに書いてるときりがないのですが、まずはいつも通り保土ヶ谷へ出てタクシーで我が家へ。最寄駅は天王町ですが、大荷物を持って東京から戻るときは、ワンメーターですむし、横浜天王町間の乗り換え、電車待ちのロス時間や、目的地目前の疲れた身に荷物運びの負担がないので、これが便利。
この日は、急きょ、後日にしようと思っていた役所へ。なか2日が土日ということを忘れていたため。戸籍謄本など取得。その後、母のところへ。妹と3人16:30の約束でしたが、ちょい遅刻。3人の中ではたいていいつも私が遅れがちなので、ノープロブレムでしたが。母がお寿司などとってくれてあり、妹がおやつ担当で持参した手作り芋タルトに、私がアルコール担当で持参した泡盛「琉球王朝」という珍妙な取り合わせで、早い夕餉を終了。しばらく前に室内で転倒したという母、歩けないわけではないものの、やはり元気がありませんでした。但し、妹に言わせると「この夏以来では今日が一番元気」と言うので、オヨヨ。母のことを考えると、さすがに私は一人沖縄で勝手をしていてよいものか、と思いますが、それを言ったら、すでに妹は達観しており、義弟(彼女の夫。会社を興して、写真中心の制作会社を始めたところ)に頼んで出来上がったばかりの私の名刺(那覇と横浜の住所の両方を入れてありますが那覇の住所はでかでか、横浜のは添えてあるだけ)を見て、「こりゃ当分帰ってこないな」とお見通しだったそう。LCCで安く帰ってくるワザも覚えた(↑上記シャトルバスも含め)から、これからはもっと帰ってくるよ、と伝えるなど、母のところからの帰り道、姉妹でのおしゃべり。

次は妹と別れ、星川駅から、夫が上星川で始めたバー「リ・CAOS」へ。

写真は、夫の店に参加してくれることになったバーテンダーさん作の「モヒート」です。
モヒートというと、もっとグラスの中でワサワサ(~_~;) してるワイルドなのを想像しがちかと思いますが、なんて上品なモヒート!?と思いました。でも、ちゃんとミントはバッチリきいてます。

さて。この日はまず、マラソンサークル「横浜健走族」のメンバーIさんと再会。「いやあユウコリンに会えるとは、今日来てよかったですよ~」「IさんがFBで19日は翌20日がタートルマラソンですから・・と、暗に私に18日に来なさい、とおっしゃったんでは?」という珍妙な会話で、スタート。
ちなみに、この方とは不思議なご縁でして、亡くなられた前の奥様に、私は小さいときお世話になったということが、知り合ってだいぶ経ってから判明したのでした。要はその方と私の実家はご近所だったのですが、若くして亡くなられたのは母も知ってましたから、以前その話をしたとき、母も「まあTさんの・・・」と殆ど絶句。驚いていました。

そして、この日は学童クラブの親仲間が3人、「みっちゃんのお店を見に来ました~」と来訪してくださいました。皆さんお元気そう。うち一人は2家族で11月に沖縄旅行に見えるとの連絡あり、ごはん&飲み、しようねえと先日から約束済み。こうなってくると、結局連続で会う予定なわけで、横浜にいたって年に会う回数はそんなに多くはないですから、遠く離れている実感はあまりないですね。

そうこうするうち、突然、健走族の友人kさんのそのまたお友達Sさんが今はまっているサイクリスト姿で、登場。夏に彼女が沖縄にきたとき再会しておしゃべりしていたとき、「え?上星川なら、私よく知ってる!」ということが判明。この日は近くに用があって通りかかったそう。「どんなとこかなと場所だけ確認しにきたの~」という彼女を、「おいしいノンアルコールカクテルありますよ~」と引っ張り込み、しばし歓談。そして、夜も更けていったのでした~・・・・。

色んな人としゃべり、でもまだしゃべり足りない私の横浜(珍)道中記は、まだまだ続きますが、今回はこのへんで。
書いてるさいちゅう、まだ横浜ですが、せっかく時間も余ったことですから、少しは横浜の別宅(笑)に残した私物の整理などもしなきゃ、なので・・・。
[PR]
# by yuuko_watanabe3 | 2013-10-21 06:38 | たまには旅

うーん、口ばかり・・・。

ちっとも更新できなくて、我ながら、トホホ・・・。

思いまするに、ライター活動を再開したい!なんて言っちゃってるから、まともな文を書かねば!なんて思ってしまうのが、足をひっぱってるのよね。時間がなかなかないし。

とりあえず、このあいだから、「私はなぜ予防接種を受けないのか」「なぜ、私は集団健康診断、がん検診の類がいやなのか」ということを書こうと思っていたんですが、あ、そうだ、私なんかがやっつけで稚拙な文を書くより、この方がすべて解説してくださってるのだっけ~と思い出しましたので、ご紹介。

医者に殺されない47の心得 医療と薬を遠ざけて、元気に、長生きする方法

近藤 誠 / アスコム


・・・と言いましても、あらま、もう100万部を超す売り上げだそうです。
私なんかがここに書かなくても、まだまだ売れそうですね。
でも、前著『どうせ死ぬなら「がん」がいい』は、オットには相当なカルチャーショックだったようですから、いくらベストセラーと言えど、紹介する価値はやっぱりあると思いますので、ぜひ皆さん読んでみてね。

あ、そうそう、近藤さんはこの種の医療啓発本の自分の印税は(現在も続けていらっしゃるかどうかは存じませんが、少なくとも最初の数十冊は)、全て医療市民団体に寄付されてきた方なんですよ。それをまた売り物にしてなかったとこが、近藤さんのかっこいいところ。
(あ、実は私はかつて「患者の権利法をつくる会」という団体の活動をしていたことがありまして、近藤さんとはそこで知己を得た間柄でした)
[PR]
# by yuuko_watanabe3 | 2013-10-13 23:22 | my沖縄ライフ

モーニング!!

b0071980_8205020.jpg

家の近所にオシャレなカフェ「coil」ができました。

オープン前、元のお店が中華料理店だった(らしい)ので、また中華やさんかな、ご飯作りたくないとき食べにこよう、なんて思ってましたが、直前はマン喫?てな感じに。本格オープンしたら、一晩であっと驚くオシャレな内装になってました。

ネットカフェよりアップグレードな、ワーキングサテライトといったコンセプトらしいです。ライター再稼働を予定してる私には、近くにこういうとこができたのは、大変ありがたい。

オットが始めたお店「リ・CAOS」も気になりますが、このお店の繁盛も願ってやまないです(*^^*)。
[PR]
# by yuuko_watanabe3 | 2013-10-03 08:20 | my沖縄ライフ

ちょうど1年たちました

昨年10月1日に羽田を出て、ここ那覇にやってきました。
1年前も同じような陽気だったことを思い出します。数日前まではこの時間に外にいると、汗ダラダラでしたが、今日はちょうどいい塩梅の風が吹いていて、室内よりむしろ駅前のベンチが気持ちいいです。

来る前はもっともっと沖縄からのブログを書くつもりでいましたが、結局撮った写真も少ないし、ブログも大してアップしませんでした。忙しかった、というのはありますが、何かおそれおおくて、私ごときが沖縄について語るなんて、おこがましい、という気持ちが強かったです。でも、ここでの生活もいつまでかは、具体的にはっきりしてないし、気づいたら横浜にいた、となると、ここでの生活を振り返って何を思い出せるか、はなはだ心もとない。
何度も「書きます!」と言って、オオカミ少年になってますが、場合によっては、(海老蔵氏がそうだと聞きますが(笑))1日に数回更新することになっても、もっと書きたいなと思っています。

b0071980_2331946.jpg
写真は桜坂劇場というミニシアター系映画館のそばにいたネコちゃんたち。沖縄は(那覇は、と言うべきか)なぜかネコが多い気がします。こうやってお店の前に集団でいる光景も決して珍しくありません。ネコグッズ専門店も、国際通り近くにあります。顔つきが穏やかなネコが多い気もします。今度、もっと接写して撮れるか、がんばってみますね。
[PR]
# by yuuko_watanabe3 | 2013-10-01 15:50 | my沖縄ライフ

ブログタイトルを『人生は60から』に変えました♪

FBからも飛べるようにしました。以前はまるごと転載する設定にしたのですが、excite側の広告も同時に転載されてしまい、私が「イイネ」したわけではないのに、企業広告も載ってしまうという不本意なことが起きたので、いったん中止。今回、広告の載らないオプションにしたので、さあ再開しよう!としたら、今度は「まるごと転載」がうまくいかず、四苦八苦。

でも、あれ?と。
そもそも、FBにブログの入り口を作りたかったのが、最初の動機。
ブログとFBの使い分けが理想だったので、今回実は自分の理想のスタイルになったわけじゃないか!と
気づき、やっと作業を終了したのでした。

さて。→ここからが今日の本題。
ブログもFBもちょいお休み状態だったのは、リアル生活にちょっとさざ波が起きていたため。
でも、とりあえず一段落しました。
実はそのあいだに、ライターとしての活動も再開しよう、という決意もしました。
名刺も作り直し中です。(ね? かなり本気でしょう?)

本気ついでに、もうここにも書いてしまいます。
マラソンレースに出ている市民ランナーさんたちへインタビューをして、webに何らかの
方法でアップしていこうと思っています。
タイトルを変えたことも、実はそれに関係しているのですが、またその話は、ボチボチと。

まだ準備段階ですから、いつから、どういうスタイルで、ということは未定ですが、
「へえ、実は自分も『走ることについて語るときに僕(私)の語ること』をしゃべってみたかった! 」
という方は、ぜひご連絡くださいね。
[PR]
# by yuuko_watanabe3 | 2013-09-20 16:42 | my沖縄ライフ

私の勘はハズレましたが。

私の世代だと前回東京オリンピックの記憶もかなり鮮明ですが、50代前半より下の人たちにとっては新鮮な体験てことになるのでしょうね。
私自身は今の国政、都政にアンチなので、単純に喜ぶ気にはなれないのですが、何回も開催している国もあることを考えると、公平性から考えて、まあいいか、と。但しその意味では、もう一方では、トルコの落胆、結局大国主義なのだなという不満の蓄積となるだろうと思うと、ほんとにいい決定だったと言えるのだろうか、と疑問はどうしても残ります…。

ま、それはさておき。
先月から今月にかけて、私は実は歯医者通いをしていました。
手の金属アレルギーだけどうしても消えず、この際詰め物の金属をセラミック的なもの(本物のセラミックは高いので、要は金属製じゃないもの)に替えて、改善できるかどうか、試してみる価値はあるのではないか、と思い立ったからです。
ずっと以前に漠とした情報で聞いた「何十万もかかる」という見立てだったら諦めることも考えつつ、結局終わってみれば全て保険の範囲内で治療できたので、たった1万円強で終了。しかも、早くも(まだ治療終了から1週間もたってないのに!!)改善の兆しあり、なのです。
こんなことならもっと早く決断すればよかったのですが、なかなか背中を押してくれる人や情報とは遭遇せず、この3年近くにわたった皮膚科治療と費用、時間を考えると、ちょいムカつくわ~、なのですが、結論を出せるのは、ほんと意味で治ってから、ではありますね。やれやれ……。
[PR]
# by yuuko_watanabe3 | 2013-09-08 17:23

さて。

後から「やっぱり」と書くのはカッコ悪いから、いま書いておこう。
私は何となくオリンピックはほかの都市になるような気がしてならない。理由は長くなるから、割愛。
もし決まったら決まったで、それもまたよし、ですが。

ところで、シリアのこと、沖縄&オスプレイのこと、もろもろを考えて、沖縄の新聞をとることにした。沖縄タイムスです。あ、あとでリンクも張っておこうかな。タイムスを取ってると、web版朝日を千円で契約でき、最初の2カ月は無料だそうなので、それも今夜申込む予定。
今日は8時まで仕事で、帰ってから夕飯作りな上にだから、なかなか忙しい(^^;。
[PR]
# by yuuko_watanabe3 | 2013-09-07 17:39 | my沖縄ライフ

アササン

b0071980_845281.jpg

b0071980_845288.jpg

朝の散歩。
ちかくにある農連市場に行きました。
古くからのスタイルそのままの光景です。
同僚から「安いけどおいしいよ」と教えてもらったキーツマンゴーと、夕飯のチキンカチャトゥラに入れるピーマンを買いました。それぞれ800円、100円也。
[PR]
# by yuuko_watanabe3 | 2013-08-31 08:45 | たまには旅

沖縄の物価

沖縄移住がうまくいかない背景には、経済的問題がよく言われます。

私も、来たばかりの頃、コンビニや百均の求人ポスターに、時給600とか700円台の金額がふつうに記載されていることに、かなりショックを受けたものでした。
私自身、7月に現地法人の契約に変わり、前にも書きましたが、過去最低時給になり、若干の不安は感じる今日この頃。

そんな本日。静岡から来沖してもう20年近くなる同僚(男性)と「物価は安いよね」という話をしてたら、かなりの解釈違いを実感。
彼曰く「安いのは家賃だけでしょ。食材なんかについては輸送コストなんかも上乗せされてるから、あまり安いとは思わないなあ」とのこと。

最近はどこで何が安いかかなりわかってきた私としては、全面的賛同はしなかったものの「確かに大差ないとは思う」と言うにとどめましたが、彼の意見通り、賃貸物件は安いです。私が引っ越し2カ月になる今のアパートも、もし横浜なら倍の家賃だろうなと思う内容と広さ。

しかも、ふと気づけば、大手スーパー2軒がそれぞれ徒歩5-6分。国際通りにある2軒のデパートも、それぞれ10分ですから、無印もFrancFrancも三越も、そして市場通りも、あっという間。

うーむ。給料は確かに安くなったけど、この住まいは、かなり快適。会社からあてがわれた前のマンスリーマンションと比べても、めちゃ静かだし。
何が何でも永住!!という気分では実はなかったのだけど、地震ストレスもないしなあ、ここにいつまでも暮らしたいなあ…と思ってしまう、今日この頃です。
[PR]
# by yuuko_watanabe3 | 2013-08-26 18:51

銭湯、みーっけ♪

昨日の出勤途中、気になる看板を見つけました。
b0071980_2243587.jpg

見えますかねえ。
温泉マークです。
「え!? 銭湯!? まさか~、沖縄で~?」と思いましたが、出勤時間が迫っていたので、近づくこともせず、スルー。

で、会社の休憩時間に調べていたら、日の出湯という、本物の銭湯とわかりました。
でも、同僚と話したのは、webの情報は最新とは限らないから、今もやってるかわからないね~ってこと。

なので、今日の帰りに正面に立ち、確認してきました。「あ!!やっぱりシャッターが降りてる~(>_<)」と思いつつ、よーくシャッターの表示を見たら…定休日日曜の表示のあいだに、手書きで、「木」と書きたしてあったのでした!!
それが、この写真。
b0071980_2216764.jpg

うーん、日・木以外は今も営業しているのか、否か。
真相はまだ、不明。
だけど~、web情報によると、入浴料は350円らしいんですよ~。
とりあえずスポーツジムを先日やめてしまったので、広い浴槽で手足を伸ばしたい、となったら、格好の場所。
早く真相を知りた~い!!(*^^*)
[PR]
# by yuuko_watanabe3 | 2013-08-08 21:53 | my沖縄ライフ

果たして、成果は!?

昨年、沖縄に来る直前、スマホの契約しました。でもそのまま前のケイタイを使えたし、新しい環境にイッパイイッパイで、手になじんできたのは、やっと最近。1年近くかかってることに、我ながらガクゼン(笑)。ま、いっか。→いいんです。

で、ある日ふと、家計簿アプリみたいなのもあんじゃね!?…と検索。→ひやあ、一杯ある~、どうしましょ!?
→とりあえずシンプルそうな無料のをダウンロード。
→使い始めました。
→ひえ~、私、初めて家計簿を苦痛なくつけられてます~、→カンゲキ!!(もう2カ月近く続いてます。)

それと!!
給料が減り、さらに家賃補助がなくなったので、節約に努めてるから、とはいえ、いつもの月初より、残金が多いです~。これはもう、家計簿の効果、まちがいなしですわ~!!

てわけで、第二弾!!
ほんとに家計簿つけるだけで節約できたんだから、ってわけで、レコーディングダイエット、やってみることにしました。→案の定、アプリたくさん!!

でも、うっかりしてたんです。横浜の自宅にはヘルスメーターあるけど、こっちで記録つけてく、となたら、まず購入からです~_(^^;)ゞ
→ただ、これも何とかなりました(ホッ)。オムロンのをベスト電器で3780円で調達。ダイエット後、リバウンドしてしまった分を、これで挽回します!!

ちなみに、ネットの同様商品の最安値は3000円で、2ヶ所見た他店はそれぞ4980円、4900円でしたから、まあまあの買い物じゃないでしょうか。
さあ、今日から、がんばるぞ~!_(^^;)ゞ
[PR]
# by yuuko_watanabe3 | 2013-08-05 21:46 | my沖縄ライフ

アイスクリーム続き…

b0071980_22112953.jpg

これよん。だけど、あまりおいしそうに見えないですね。
再チャレンジ♪
[PR]
# by yuuko_watanabe3 | 2013-07-30 22:11

アイスクリーム♪

いやあ、クックパッドってほんとにエライ!!…と思う今日この頃。

実は春頃から、アイスクリーマーがほしくて、某メーカーのが安くならないか、ずーっと価格ドットコムを覗いていたんです。
なぜって、最初のマンションも新居も国際通りに至近で、日用品や食品の買い出しでしょっちゅう行くわけですが、当然アイスクリームショップが多く、舐めながらニコニコしてる観光客ともすれ違うわけ。
ウ~ン、食べたい、でも高い、量も多い!でもちょっとだけ食べたいゾ~!となるわけ。

それと、何年も料理してなかった私ですが、沖縄に来てからは、ご飯作りはもちろん、パンやピッツァ、ヨーグルトなんかも手作りしてまして。アイスも作りたーい、となったわけ。

でも、結論として、アイスクリームメーカーがなきゃ作れない、わけはないじゃん!!と気づき、冒頭に書いたクックパッドで「こりゃいい!!」というレシピ発見 →ハンドミキサー購入→生クリームと卵だけでレディボーデンもどき完成!に至ったのです。


設備投資も、狙っていたアイスクリームメーカーの半分以下の出費ですんだし、これからはほかのお菓子なんかも作れるな~!とニマニマ。

え!?肝心の写真がないじゃないか!?って?………写真御披露目はまた今度!!
[PR]
# by yuuko_watanabe3 | 2013-07-30 15:21 | my沖縄ライフ

過去の引っ越しと比べても満足度は高い…かも♪

b0071980_20244456.jpg

今回、那覇市内で転居するについては、7-8件の物件を見ました。
結果的に、これくらいを見てから決めたことが、功を奏したと思います。とりあえず、満足。
…若いときならともかく、この歳になって、しばらく住もうと思ってる
場所について、後悔はあまりしたくないのでね、ホッとしてます。

でも、最初にあたった不動産屋からは「あまり沢山見るのは勧めない」と言われました。結果的にはここにはしなかったんですけどね。
でも、セールストークだろうなあと思いつつ、彼の言うことも、もっともだ、とは思ってました。
そもそもある程度の条件で選ぶ限り、似たようなところばかり幾つも見ることになるわけですからね。
あれ、あそこにあの靴箱がしつらえられてたのはどこだったっけ!?てなことにもなるわけです。
そんな中、同じく首都圏出身で現在マンスリーに住んでいる同僚からも「どうやって決めたの?」と聞かれましたが、周囲の緑の多さと、これまで住んでいたマンスリーに一番近く、すでに土地勘ができていたことが、決め手でした。
沖縄への移住がうまくいかない要素の多くが、実は仕事と住まいにある、と、これは後から知りましたが、とりあえずここまでは順調に来られたようです。
もっとも、私の場合は、行き詰まって横浜に帰るとしても、またそれもよし、くらいに考えている「いい加減者」なので、どう転んでも、「まあまあじゃん」と言ってるかもしれませんけどね。

ただ、マンスリーマンションでの、借り物の家具家電での生活は、今思うと、自分らしい暮らしとは思えず、10カ月目にしてやっと、「暮らし」か始まったような気がしています。不思議ね。

写真は、我がベランダから見た、外の景色です。沖縄からイメージされるような、オーシャンビューではありませんが、結構気に入っています。心安らかに生きていくには、大事なことよね。
[PR]
# by yuuko_watanabe3 | 2013-07-15 20:24 | たまには旅

今年のNAHAマラソン申込み開始日が決まったようです

第29回になるそうですから、できたら来年も滞沖していて30回も出られたらよいなあ、と思いますが、その前にまず今年の申込みと練習再開をしなくちゃね。

大会の開催日は12月1日(日)で、申し込み開始は8月5日(月)午前9:00のようです。
12月のそれも月初の日曜日とあれば、もしかしたら出勤要請がかかるかもしれませんが、これだけは譲れませ~ん。

ホノルルマラソンと比べたら費用は10分の1くらいですし、沿道の応援は日本一ですからね!
国内のランナーさんは、経験者も未経験者も、今年はぜひNAHAマラソンへ!!!
[PR]
# by yuuko_watanabe3 | 2013-07-12 10:44 | たまには旅

わたなべゆうこです。blog名を「女は51から」より変更しました。


by yuuko_watanabe3

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

検索

↑当ブログの検索できます。

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

私のメアドです

以前の記事

2016年 12月
2016年 11月
2016年 02月
more...

カテゴリ

全体
最新のお知らせ
マラソン/ダイエット
わたしが過去に書いたもの
メディア/言葉/社会
映画/シナリオ
足あと帳
マイ・ジョグノート
私のダイエットメニュー
コーラス/コンサート
ゴルフ
たまには旅
きれい、かわいい
きょうのできごと
おいしいもの、おいしい店
オット:魚畑耕海
ムスコ:渡辺耕作
更年期/からだ/こころ
アート
風邪のモト=エヘン虫を追出そう
つぶやき
ブログ/HP
活字レビュー
ごあいさつ
my沖縄ライフ
未分類

ライフログ

なぜ婦人科にかかりにくいの?―利用者からの解決アドバイス集

子宮筋腫・女のからだの常識

“ほっ”とする生理痛の本―女性の悩み解決ガイド

わたなべゆうこの本

その他のジャンル

Skypeボタン

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

スポーツ
50代

画像一覧