<   2016年 01月 ( 2 )   > この月の画像一覧

今日も備忘録

備忘録という言葉を知らない最近の若い方もいらっしゃる中、備忘録というのは自分のためのものですのでね、気にせず書き進めます。

1週間くらいでフェイスブックを再開するつもりでいたのに、まだその気になれません。多量のインプットを受け入れていたのに、なくても困らないとなると、まあ腰の重くなること。不思議ですね。

画面を頻繁に見ることを控えているのは、別の理由もあります。今回のフェイスブック、LINEのお休みともちょっとだけ関係しているのですが、眼鏡をやめられないものかと、近くの眼科へ、遠近両用コンタクトのお試し体験を申込みに行ったことが一つのきっかけではありました。
母が白内障の手術を最初に受けたのも今の私くらいの年齢でしたし、身近に緑内障の経過観察中の人もおり、眼科でちゃんとした検査をこの際受けておいてもよいだろうと思い、視力検査以外の検査も申し出たのです。そしたら何と! 加齢黄斑変性の疑いありで経過観察が必要との診断だったのです。将来の失明のリスクもあるというこの病気、肥満、高血圧、直射日光、パソコンやモバイル機器のモニター画面から発する「ブルーライト」が発症リスクを上げる因子なのだそうです。アワワ。今年はもう一回ダイエットにリトライしようと思っていましたが、本気出さなくちゃ、です。また、最近サングラスも使用したりしなかったりでしたが、沖縄の激しい直射日光を考えると、これからはこれもかなりしっかり使用しなくては、と思っています。

そんなわけで、FBのヘビーユーザーは卒業するつもりでおります。インプットよりアウトプットを中心に使用しようと思っておりますので、何かご用の方は、メッセージもしくはLINEは再開しましたので、個人的にお知らせくださいね。

また、今回のお休みのきっかけになった別の出来事もあったのですが、その経緯をご存知の方に、ちょっとだけお伝えしておきたい事があります。これが周辺の方の目に留まっても留まらなくても、それは私としてはどちらでもかまわない、と思っております。但し、ある方のご病気のことを考えたら、その方に負担をかけたくない、という私の個人的な思いが、関係している数名の方には届かなかったのが、少々残念でした。

私も、もしかしたら今後重篤な病いをもつかもしれません、もたないかもしれません。神のみぞ知る、といったところですが、からだは生ものである、のは誰にとっても同じです。あまりに長きにわたりモニター画面を見続けていると、リスクがあるのだ、と今回思い知ったことは、よかったと思っております。皆様も、どうぞおからだご自愛ください。

あ、遠近両用コンタクトの使用感を知りたい方、いらっしゃいますか? たぶん、私のようにかなりな乱視のある人でなかったら、最近の遠近両用コンタクトは、かなりイケてますよ(^^)。ですが、私の場合は、仕事や読書への実用は、乱視が強いことから無理でした。乱視対応のコンタクトは開発費にコストがかかりすぎて、まだ無理なのだそうです。でも、今回は眼科でかなりしっかり視力検査をしていただいたので、以前にお試しした物よりかは、はるかに使えるものでした。スポーツやレジャー用としてならかなり実用になりそうですので、そういった折のお助けとして、ワンデータイプを購入しようかなあ・・とは思っております。
[PR]
by yuuko_watanabe3 | 2016-01-30 20:49 | つぶやき

自分でからだを治す快感

フェイスブックしばらく休みます、LINEも少し休みますと言いつつ、ブログもリンクしてるから、ここに書けばアップされるので、本末転倒なんですが(^^ゞ、今日思いついてしてみた「鼻うがい」が案外簡単で、鼻が痛くなるわけでもなく、悩み中である「副鼻腔炎」もだいぶ改善されたので、備忘録としてアップしておきます。

さかのぼれば2013年1月。沖縄へ来て初めてのお正月。突然、風邪のような兆候とともに、声が出なくなりました。コールセンター勤めとしては、死活問題。焦りました。
1週間くらいたち漸く声は出るようになりましたが、元々のハスキー声がますますひどくなり、耳鼻咽喉科を受診。漢方を処方してくれる医師も含め、3カ所を回りましたが、結局改善されず。その後、鼻汁が常にうっとおしい、蓄膿症(副鼻腔炎)のような症状も定着してしまい、はや3年経ってしまいました。
その間、ネットで「副鼻腔炎に効果あり」とされている漢方薬を検索し薬局で手に入れて数週間くらい飲んでみましたが、これも効果なし。のちにその薬をよくよく検索してみれば「急性期に効果あり」の薬だったので、見当違いだったことを発見(';')。もう、この副鼻腔炎とのオサラバは無理かなあと、半ば諦めてた面もありました。

いや、しかし! 何か方法はあるはずだ、これまでの経験則ではたぶん、漢方の専門医にかかれば、何か根本治療に結びつく薬はあるはず、と自然療法の治療院で小耳にはさんだ美栄橋駅近くの「仲原漢方クリニック」に足を運んだのがちょうど1か月くらい前。処方されたのはツムラ50番「ケイガイレンギョウトウ」でした。何が嫌いって、東洋医学系のうんちくをとうとうとしゃべる医師、薬剤師、治療師さんが大嫌いな私。ここの先生と、ムチャ相性が良かったのです(ニコニコ)。
必要最低限しか仰らない。質問したいことは自分から聞けばいいわけだし、うんちく自慢しない仲原先生、大好き(笑)。

で、ケイガイレンギョウトウを2週間飲んでみたら、なかなかいい感じ。鼻汁のキレはよくなってきました。年が明けて2回目の受診をしたら「ブシ末を加えてみましょう。鼻汁は増えるかもしれませんが、からだから出そうとしてるのだから心配しないで」とのご指示。前回最初からブシを加えて処方するのではなく、最初はまず基本の薬から、というのも好感度高し! (しかも、薬代もたいして高くはなってません(^^))

但し今日の本題は、鼻うがい。沖縄なのにあまりに寒いので家にこもっている中、ふと、鼻の調子がだいぶ良くなったのだから、鼻うがいしたらさらによくなるんじゃない? と思って、検索してみました。
↓ココ
http://news.mynavi.jp/c_career/level1/yoko/2012/01/post_1409.html
簡単に言ってしまうと、鼻うがいは、真水でやろうとすると、鼻が痛くなるし、効果がないのだそうです。へえ。1%弱の塩水にすればよいのだそうな。あれま。やってみたら、なんて簡単!(^^♪。
でも、ここに自分なりの工夫も加えましたよ。洗面器でするように書いてあるのですが、ペットボトルに塩水を作り、ストローを使ってみました。鼻うがいした直後は、かなりスッキリ。ですが、残念ながら、ずっと維持できるというわけではありません。でも、漢方とこの鼻うがいで、完治も夢ではない見通しが出てきました。
何より、自分の判断でこのクリニックへ行ってみよう、このケアを取り入れてみよう、というのがうまくいきつつあるのが、とっても嬉しい。からだのマイナートラブル(病院へ行く程かどうか迷う悩み事)で困ってる方は、漢方+セルフケアの道を探してみる、というのは、一つ突破口になるかもしれません。
[PR]
by yuuko_watanabe3 | 2016-01-24 22:53 | 更年期/からだ/こころ

わたなべゆうこです。blog名を「女は51から」より変更しました。


by yuuko_watanabe3

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

検索

↑当ブログの検索できます。

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

私のメアドです

以前の記事

2016年 12月
2016年 11月
2016年 02月
more...

カテゴリ

全体
最新のお知らせ
マラソン/ダイエット
わたしが過去に書いたもの
メディア/言葉/社会
映画/シナリオ
足あと帳
マイ・ジョグノート
私のダイエットメニュー
コーラス/コンサート
ゴルフ
たまには旅
きれい、かわいい
きょうのできごと
おいしいもの、おいしい店
オット:魚畑耕海
ムスコ:渡辺耕作
更年期/からだ/こころ
アート
風邪のモト=エヘン虫を追出そう
つぶやき
ブログ/HP
活字レビュー
ごあいさつ
my沖縄ライフ
未分類

ライフログ

なぜ婦人科にかかりにくいの?―利用者からの解決アドバイス集

子宮筋腫・女のからだの常識

“ほっ”とする生理痛の本―女性の悩み解決ガイド

わたなべゆうこの本

その他のジャンル

Skypeボタン

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

スポーツ
50代

画像一覧