<   2012年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧

日常の中の非日常

 前にもチラリと書きましたが、私はシンクロニシティーの多い人間なのかも、と思います。

 偶然とは思えない偶然に遭遇することが少なくないんですね。ネガティブな事柄が明らかに偶然に起きたとしても、偶然というより必然のような気がして仕方ない気持ちになります。ものごとを楽天的に考える性質とリンクしてるような気もします。

 今日も何となく不思議な偶然と遭遇しました。

 オットが出かける時間近くになって「水菜を買いに行こうと思っていたのに時間がなくなった」と言うので、「あとで私が買ってくる」と言ったのですが、「いつも買ってる店がいいから、一緒に行って持って帰って」と言うのです。私、そしてオットの行動パターンにはなかなかない展開です。特に時間の決まった予定もなかったので、「いいよ~」と二人で松原商店街へ。オットと別れたあと、読みかけの小説を少し読み進めたかったのと軽く昼食をとりたかったので、コーヒーを飲めるパンやさん「ベルベ」へ。2章分だけ読み、そのあといつもならまっすぐうちへ帰ったところですが、ふと古本屋で何か物色しようと、滅多に通らない脇道へ。そこに、のちに90歳とわかった高齢の男性が倒れていたのです。と言っても動かなかったのではなく買い物用のキャリーにつかまって懸命に起き上がろうとしていたところでした。へたに声をかけて失礼になってもいけないと思いほんの少し佇んでいたら、もう一人通りすがった30代くらいの男性が、「起きられる?」「けがしてるけど、大丈夫?」と声をかけ、「起きられない」との返事。見たらマスクが血に染まっています。30代男性、なかなか適切な問いかけで、「誰か呼んだらきてくれる人はいるの?」「家族は?」と聞いています。一人暮らしだとわかりました。で、30彼、すばやく携帯電話で救急車を呼びました。私はそぼふる雨でぬれないように、と高齢男性に傘をさしかけ、事態が落ち着くところまでつきあうことにしました。

 こういうとき、救急要請を受けるほうって、とりあえずイタズラじゃないんだろうね、ということにかなり神経を遣うみたいですね。彼の応答ぶりから、場所や当事者の状況について何度も繰り返し同じことを聞かれている様子がうかがえます。私が見ても高齢男性のケガは重篤とまではいえませんが、もしこれがもっと深刻な状況だったらどうしてくれるのよ、という感じ。でも、先方が念押しして確かめたいのも、わかります。彼も同じ気持ちだったでしょう。辛抱強く答えていました。でも、名前を聞かれて彼がカツゼツよく言ってるのに、向こうは何度も聞き返してきて、彼もさすがに少しイラッとした様子。私も一緒に、ハラハラ。「ね、私も一緒についてるって言ったら?」と助けぶね。彼も、「わかった」という顔をして、「もう一人女性の人がついてくれてます」と報告。やっと「これから向かう」ということで電話が知れました。

 彼はそこから目と鼻の先の店の人だということで、「僕、店に行ってティッシュをとってきます」と、なかなかの好青年。すぐに彼はティッシュの箱を抱えて戻ってきました。その頃にはどこをどう切ったのかマスクからにじんでいた出血はさらにひどくなっていましたし、そもそも起き上がれないと言っていたので、ケガの程度は重篤ではなかったと思いますが、しばらくして救急車が到着したときには、ホッとしました。

 私は6-7年前に、やはり同じような年頃の男性が転倒したところに遭遇したことがありました。今日は私は転倒した瞬間は居合わせなかったのですが、そのときは、前を歩いていたその人が頭から倒れた瞬間を目にしたのです。その男性が頭を強打した「ゴン!」というにぶい音は今でも忘れられません。男性は、今日の人とは違い身動き一つしなかったのですが、そのときは時間もなく携帯電話などもたまたま持ってなかったので、近くの店の前で掃除をしていた女性にわけを話してその場を立ち去ってしまいました。でもその店員さん、迷惑そうな困った顔をしていたのですよ。まあ何て冷たい人、とそのときは思いましたが、今思えば自分が目撃したわけではないのに「お願いします」と言われて当惑したのも、無理もないなあと思います。そのことを思い出すにつけ、私も何かサポートすべきだったなあ、と常々思っていたので、今回も私はオロオロしてただけですが、その場に最後までいてあげられただけでもよかったかも、と思います。

 それにしても、その日の予定になかった行動をした上に、ふと思いつきで入った脇道での出来事に、何か不思議な思いがしたのでした。
[PR]
by yuuko_watanabe3 | 2012-05-25 22:33 | きょうのできごと

私のGW

b0071980_10543543.jpg

 先週は私にとってのGWでした。

 日曜は、母、妹と一緒にインターコンチネンタルホテル内の「なだ万」へ。予約をしてなかったのがかえって功を奏し、こじんまりしたお寿司の部屋で個室に近い雰囲気でくつろいで食事できてハッピーでした。

 水曜は、K林さんと久々の「オ・プレチェネッラ」。窓が解放され、さわやかな外気が入る中、日常では絶対にいただけないおいしいものを食べられるのは至福。個人的には、なだ万よりこっちだなあ、実は。まあ母もたまには洋食につきあってはくれますが、やはり和のほうが好きなので、致し方ないですけどね。この日は、初めて見かけるウェイターさんが終始給仕してくれて、ベテランさんと比べるとちょっとハラハラもしましたが、その一生懸命ぶりが好ましかったです。
 この日の午後はスパ・イアスへ。岩盤浴、フィンランド式サウナ、炭酸泉など、たっぷり堪能しました。このスパは4月から経営が変わったとのことで、内装やメニューが一部リニューアルしました。炭酸泉もその一環なのか、以前より炭酸泉のアワが増えた気がします。もっとも、ほかのスパなどと比べ以前が少なすぎた(笑)感もありますが。K林さんに「アワが増えてる!」と言ったら、私がここをけっこう訪れているのを知ってる彼女が「過去・最ブツブツなわけね」と言うので、「そうそう」と大笑い。いずれにせよ、ここに来たら、これからは真っ先にここに来たくなるかもしれないくらいの、気持ちよさでした。

 木曜は、オットと箱根へ。2年ほど前に、箱根駅伝の途中、大平台までの上り坂を二人で走ったことがあり、オットはそこから芦ノ湖近くまで走ろうというコンタンで、私を誘ったのです。私も一応ウェアは持ち、直前まで走ろうかどうしようか迷っていたのですが、今回は練習不足もあり、パス。これまた久々の一泊旅行をただ楽しんだ旅でした。
 写真は翌日、最近手伝っている仕事の打合せで都内に向かったオットと別れて、一人で向かった山のホテルのお庭のつつじ。きれいでしょう? なかなかここまで美しい年もそうないのだそうです。入場料800円払ってもいいなあと思い向かったのですが、よくよくロケーションを見たら、ホテルのカフェテラスからも見渡せるし、逆に庭に入って近くで見るより、見下ろしたほうがきっといい景色に違いない、とふんで、カフェへ。これはそこから撮った写真です。しかし、しかし。笑えるのが、お客様が多すぎて手が回らなかったのか、一番奥の席に入り込んだ私のところへは、10分近く経ってもオーダーをとりにきません。声をかけてオーダーをし、お茶が運ばれてきて、あと2~30分眺めていたところで、つつじが変わるわけでもないよね~と、オーダーしないで出てきちゃいました。実は徒歩で小1時間歩いてたどりついたので、タダで休憩させていただき、絶景も楽しませてもらっちゃいました。ごめんね、ホテルの方。

 そのあとはまた2時間ほど歩き、ユネッサンへ。前日のホテルもブッフェだった上に、翌日もブッフェというのは明らかに食べ過ぎ続きだなあ、と思いつつ、歩いてカロリー消費したからいいよねと自分に言い訳をして、前々から気になっていたここのブッフェへ。カニの脚などもあって決して損した~とは思わないけど、まあ一度体験すれば十分かな。そんなお味でした。デザートの種類が少なかったのもちょっとポイント低め。

 そして、3日続きの温泉の締めくくりでユネッサンの岩盤浴へ。お値段は1500円で、ユネッサンの温泉利用者は1000円とのことですから、まあまあリーズナブル。

 これで私の5月休暇は終了しました。ほんとは浜松の友人に会いに行く、というのもプランに入っていましたが、これは友人の仕事の都合で延期に。でも、一度は「行こう」と決めたので、近いうちに、ぜひ、と思っています。

 ちなみに、シャンプーほかスキンケアをキュレルのシリーズにしたこと、温泉と岩盤浴にぶっ続けで行ったことが幸いしてか、アレルギー症状がかなり落ち着いてきました。
 今かかっている医師は「手に手袋をしなければよくなりませんよ」と言うので、たまにしてみますが、やっぱりうっとおしくて、私はイヤ。しかも、綿の手袋自体は接触するので、これはこれで私は刺激になっている気がして仕方ないんですよね。去年も徐々に改善できたとき、決めては岩盤浴だったと私は思ってるし、今回も。加えて、自分に合うシャンプーが見つかったことも大きいと思う。患者の実感やその申告はなかなか医師に認めてもらえないことが多いけど、医師の言うことは所詮は机上のこと。もちろん経験に基づくものも大きいことは承知の上。だけど、医師と患者に良好なコミュニケーションが成り立ちにくいことを考えると、医師の経験則って、そうたいしたことないと思う。私は私の信じる道をいきます。医療機関はいざというときの保険みたいなもんですね。ハイ。



















 
[PR]
by yuuko_watanabe3 | 2012-05-21 10:13 | たまには旅

2度ビックリ。

 何と、落選したはずのスイカロードレース、追加当選になっていたのです。

 オットと二人揃って。ランネットになんてめったに接続しないので、まったく気付かずにいました。
 ところが当選の事実に気付いた今日、入金しようとしたら、何と入金締め切りは昨日だったのでした。締め切り厳守になっていますから、結局我々の当選はまぼろしとなってしまったわけ。きっとさらに追加当選の知らせを出すんでしょうね。

 だけど、この経過をみると、来年も抽選になるかはアヤシイなあ、と私はふんでいます。東京マラソンなら人はヤキモキして追加募集はいつか、いつかと気にするでしょうけど、スイカロードレースは、失礼ながら私は「追加募集ワクあるよね」とも気付いていませんでした。「全員の入金確認が取れない場合は追加募集もありうる、時期はいつ頃」という告知もあったのかなかったのか、それさえ気付いてませんでした。主宰者側はこういうとこ、もうちょっとわかりやすくやってほしいですよ、まったく。

 あーあ、でも「当選」という言葉は甘美だなあ。昨日気づいていれば間に合ったのに。グッスン。
[PR]
by yuuko_watanabe3 | 2012-05-03 18:57 | マラソン/ダイエット

キュレル、2日目。

今までは、毎日シャンプーしないと頭がかゆい、シャンプーによって手のひらが刺激を受けて治らない、の繰り返しでしたが、朝シャン後の手のひらの赤みが、2日目にしてかなりやわらいできました。うーん、これはなかなかいい感じです。

頭のかゆみのほうもだいぶ軽くなってます。
明日は休日なので、また湯楽の里の岩盤浴へ行こうかと思っているので、相乗効果を発揮してくれるといいな。
ところで、これはアレルギーやアトピーの分野に限りませんが、医者は患者に、民間療法に惑わされずに医者の言うことだけ聞け…的なことを言うわけですが、医者の言うことだけ聞いていたら、QOLは得られません。

早い話、今回の再燃の前だって、髪にカラーをかけたいけどどうでしょう?と医者に相談しに行きましたし、美容院も昔からお世話になり何でも相談できる、実力も信用している方。誰が悪かったわけではないけど、でも二人とも私がここまで悩むことになった事実も知らないし、また私は言う気もない。なぜってリスキーだということは二人より私自身がよく理解していたけど、必要に迫られて選択したことだから。

まあとにかくからだのトラブルを負った身としては、早く寛解に結びつくケア法を確立したいとこですが、まだそこに至ってないのが、はがゆい。

キュレルはその突破口の一つになるかもしれませんが、明日の休みに、低刺激の夏用ブラジャーもどこかにないか探してみようと思っています(何年か前、ヌーブラというのが話題になりましたよね、あれもトライしてみようかと…。)。

それと、とにかく最近、多くの人が突然皮膚アレルギーになっていますから、企業ももっと対策商品の企画開発に力を入れたらいいのに、と思いますね。
[PR]
by yuuko_watanabe3 | 2012-05-01 13:52 | たまには旅

わたなべゆうこです。blog名を「女は51から」より変更しました。


by yuuko_watanabe3

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

検索

↑当ブログの検索できます。

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

私のメアドです

以前の記事

2016年 12月
2016年 11月
2016年 02月
more...

カテゴリ

全体
最新のお知らせ
マラソン/ダイエット
わたしが過去に書いたもの
メディア/言葉/社会
映画/シナリオ
足あと帳
マイ・ジョグノート
私のダイエットメニュー
コーラス/コンサート
ゴルフ
たまには旅
きれい、かわいい
きょうのできごと
おいしいもの、おいしい店
オット:魚畑耕海
ムスコ:渡辺耕作
更年期/からだ/こころ
アート
風邪のモト=エヘン虫を追出そう
つぶやき
ブログ/HP
活字レビュー
ごあいさつ
my沖縄ライフ
未分類

ライフログ

なぜ婦人科にかかりにくいの?―利用者からの解決アドバイス集

子宮筋腫・女のからだの常識

“ほっ”とする生理痛の本―女性の悩み解決ガイド

わたなべゆうこの本

その他のジャンル

Skypeボタン

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

スポーツ
50代

画像一覧