<   2011年 10月 ( 9 )   > この月の画像一覧

素敵な人

 録画したものやCSを見つつグズグズしていた週末でした。

 そのことに忸怩たる思いはあるものの、それはさておき。CSをザッピングしていて初めて知りました。テノール歌手の本田武久さん。今年の24時間TVに出演されたそうなので、ご存知の方多いかもしれませんが、私あの番組嫌いなのと、今年は地デジ化しなかったので見るツールもなかったのですが、悪性腫瘍に見舞われながらコンサート活動を続けている方だそうです。

 11/22に我が町でコンサートをされると知りました。うーん、これも一つの縁かなあ。だけど、あれこれ物入りで、今月はあまり自由になるお小遣いがそうはありません。でも、素敵な人だなあと思ったので、ご紹介。コンサートはもし行かれそうでチケットがあれば行ってみようかなあ・・と今は思っております。
[PR]
by yuuko_watanabe3 | 2011-10-30 18:46 | つぶやき

たまにはカゼくらいひかないと。

いつも元気、と思われていて、たまに調子がわるいと会社でビックリされるので、たまにはカゼくらいひいて「私だってふつうにヤワなんですよ〜」とアピールしておく必要があります(笑)。

とはいえ土日で休養に努め早く回復を、と思っていたところ、昨日はひょんなことからサントリーホールの演奏会へ。あまり咳こんで周りに迷惑になりすぎてもいけないので、午前中にかかりつけの内科を受診。久々にカゼで医者の薬をもらいました。

さて。むかーし一度だけ行ったことのあるサントリーホールって青山とばかり記憶してたら赤坂だったのね。最近とんと上京(笑)しないので、おのぼりさんよろしくキョトキョトして行ってきました。

チューバのコンサートと聞いたので、昭和音大でトロンボーンをやっている姪を誘って行ったのですが、チューバばかりではなくチェロの独奏ありソプラノ独唱ありの、ドイツ大使館後援による震災被災者へのチャリティーを目的としたコンサートだったのでした。企画されたと思しき、演奏家で司会進行をされた稲田達雄さんという方がチューバの演奏家。

同級生の甥子さんがこの方のお弟子さんで、私の姪がトロンボーンをやっていると話したことから、このコンサートのお誘いを受けたという次第。

甥子さん17歳ですが、ピアノの伴奏で一曲演奏しました。大舞台でソロ演奏されるのは初めてということでさすがに緊張しているのはありありでしたが、そういう若いときの経験て貴重なその人の基礎になっていくのでしょうね。近々、ソロとして初めて小さな場でコンサートをする予定の姪にもよい刺激になったようでした。

…というわけで、出かけた翌日である今日は何もせずにひたすら休養に努め、夕方になって思い立って岩盤浴に行ってきました。これで今日はコテンと寝て、明日は完全復活、といきたいものです。
[PR]
by yuuko_watanabe3 | 2011-10-23 18:39 | たまには旅

きてます、きてます

 ノドの奥に、エヘン虫が。

 レースの疲れの影響もあるでしょうね。からだ、ノドはよく温めねば。うがい、ビタミン、足湯もね。今週は走るのはやめておこう。今日はプールのウォーキングで様子を見ようと思います。


うふ、ウソウソ。やっぱりカゼは本物だったので、ジムへ行かずまっすぐ帰ってきました。

 でもって、CSで録画してあった「チャンプ」を初めて見ました。ボクシングシーンは最後のほんの少しだったことにビックリ。あの子もう芸能界になんていないんだろうと思ったら、今でも俳優をやってるらしいので、ビックリ。ゼフィレッリ監督だから丁寧には作ってあったけど、アンジェリーナ・ジョリーは離婚によって家を出ていったジョン・ボイトを少女時代は憎んでいたと聞いたことがあるので、実生活では娘をほったらかしにして仕事ではこんなことやってたんだな、と。ま、そういうお仕事なんだから仕方ないといえばそれまでだけど。
 本作は「もう一つのクレイマー・クレイマー」の趣き大ですがフェィ・ダナウェイ扮する母親の描き方は、ミセスクレイマーを演じたメリル・ストリープと比べちょっとひどすぎ。あ、「クレイマー、クレイマー」の主演がダスティン・ホフマンで、こっちがジョン・ボイトということは、まんま「真夜中のカーボーイ」コンビですね。今の今まで気付かなかったなあ。
[PR]
by yuuko_watanabe3 | 2011-10-20 07:06 | 風邪のモト=エヘン虫を追出そう

やっぱり疲れたなあ…

朝起きて、何か不完全燃焼で、どんより。

あーあ1時間10分を切れなくて、悔しいと。記録なんて気にしないわ、完走できればいいの、と言ったって、初レースからいつも10キロでは1時間9分を下回ることはなかったのにィと。それでも10キロを走った女性の中で真ん中よりちょっと下くらい。いつもは下位3分の1あたりだから、過酷な条件だったことを物語っており、まして大半が私より歳下なんだからよく健闘したよね、と思うものの、自分で思い描いている一定ラインを下回ったことは、残念。

昨年秋までとあれこれ違っているところを立て直して、せめて自分的に納得できる、というレベルには戻りたい。
それにはまず、もう1度ダイエットでBMI22に戻す、ロードの練習を増やす、月間距離をせめて100キロ前後にしたい。手始めはこんなとこ。

最近も、私の右膝は軟骨がすり減っていて膝関節炎の診断を受けており、一時は痛くて階段なども下りられなかったほどだったけど、走るようになってむしろ痛くなってないしフルを走った後も同様、53歳でマラソンを始める前は運動大嫌いで全く何も経験なかったと言うと驚かれることが多い。

こんな私が、歯を食いしばらなくてもどこまでいけるか、トライしてみたい。約10年前は別の意味で毎日からだにこだわって生きてたけど、この秋はからだにもう一ぺんこだわり、少し軽く負荷をかけて、どこまで自己・満足できるか、やってみたい。

とりあえず次回はほぼ1カ月先、11/20の横須賀マラソン10キロ。フラットなコースらしいので、目標は自己ベストに置こうと思います。

この後のエントリーは翌週のつくば10キロ、3月の三浦10キロ。3月末の多摩ロードレース、4月かすみがうら、5月山中湖のエントリーは、申し込み開始のチェックを怠らないようにせねば!
[PR]
by yuuko_watanabe3 | 2011-10-17 08:36 | 未分類

本日は約1年ぶりに完走! 

b0071980_636161.jpg
 勝沼で行われたフルーツマラソンに参加してきました。

 写真は残り3キロくらいの地点かな。もっと景色のよいポイントもあったのですが、走りながら写真も、というのはなかなか難しいもの。これが精一杯でした。

 さて。昨年の10月、タートルマラソンのハーフに出場した後、確か年内は走らなかったはず。(ブログの過去ログを確かめてないからちょいアヤシイけど・・)そして1月は伊東のオレンジビーチマラソンでガックシの初リタイア。3月に三浦、多摩、4月にかすみがうらとエントリーしてあったのに、三浦は法事でDNS、その後は震災の影響で中止。スイカロードレースは申し込みそびれ、本日は実質的に1年ぶりのレースでした。ここまで間があくと、何か10キロでさえ「走れるんだろうか」と心配になります。

 このところ最低でも週に2回はトレッドミルで走ってきましたが、ロードで練習してません。そこで、水曜日はジョグスパへ。旧知の人たちとも一緒に走れて、楽しい練習となりました。木曜日はレース前の私の恒例で、トミーのとこへ。最近はとりあえず開けてはいるようで、この日はごくふつうにケアしてもらえました。日曜のレースが目前だからもう走るのはやめとこうかな、と言ったら、「いや、もうちょっとからだをあたためたほうが。軽く汗をかくくらいのトレーニングはしたほうがいい」と言うので、雨の金曜日はパスしたものの、土曜日はビジターチケットを使って、久々のメガロスへ。これまた久々のアクアダンス30分をやったら、最近動かしてなかった部位の筋トレ、ストレッチになったので、気持ちよかった~。続けてトレッドミルで25分くらいランニング。ついつい後半ピッチを上げてダラダラと汗が。あ、しまった、トミーは軽く汗を、と言ってたっけなあ、と思いだしたとこで、中止。もしトミーがまだ診療中だったら・・と11時45分くらいに覗いたけど、シャッターは降りたまま。おいおい、土曜日は12時までやると言ってなかったっけ?と思ったけど、ツッコミたい相手はそこにはおらず。最近また手首のカユカユが再燃しそうなので岩盤浴へ行って来ようと、高座渋谷のここち湯へ。ここは初めて。駅前なのでとてもアクセスが良かったです。

 さて、そして本日。某ベテランさんお勧めの前日の羊かん、ジョグスパの某コーチお勧めの朝のカップうどんで朝食(お勧め銘柄はほんとは「ごんぶと」だったんだけど、これはスーパーになし。ふつうのカップめんにしてしまった。でも、行きがけのコンビニおにぎりより、ずっとよさげな朝食になったと思います)。

 始発の相鉄に乗り込んだ後→横浜線で八王子→特別列車で勝沼(正しい駅名は忘れちゃった!)→会場へのシャトルバス、という行程で、そんなに遠くまで出かけた実感はなかったものの、美しい山々の景色に心洗われる気分、しかし仲間が見せてくれた高低差の図に、もやもやと広がった不安・・。

 そして、会場に到着したら、そこはかとなく香るぶどうのにおいに心躍りつつ、何か暑くなりそうな予感・・。そうだ、山梨って盆地じゃん! 暑くなるときはかなり・・・?と思い、「ノースリーブのウェア持ってきたから、こっちに変えたほうがいいかしらねえ」。答えてくれたIさん、ご自分は長袖を着てるのに「それがいいですよ」。

 更衣室でも半袖、長袖の人が圧倒的な中、私はノースリーブのウェアで、ヒザ下のボトムにしようかと思ったものの、これもヒザ上のものにしました。

 何と最高気温32度にまでなったこの日のコンディションでは、これが功を奏したものの、とにかく暑かった。久々に、走り始めてすぐに「ワオ~、今日はもうここでやめてしまいたいわ~」と思ってしまったほど。1月に続いてリタイアじゃあまりに情けないから、自分をなだめなだめ走りだしましたが、途中まで「今日もまた完走前にヘタレルかも」と、不安いっぱい。

 その大きな理由は、とにかく前半は上り坂続きだったこと。「私はアップダウン好き~!」と言っていたのを撤回したくなるほどキツくて、10キロで途中歩くなんて自分が許せない!とまで思ってたのに、かなり歩いてしまいました。結果は自己ワーストの1時間17分。でもね、でもね、ほんとに坂ばっかしだったんよ~、初フルだったホノルルを思い出すくらい暑かったんよ~。

 とまあ、横浜健走族の仲間も、会場で一緒になった「袖すり合うも」の方々皆さん、今日は完走しただけでよしとしましょ、の雰囲気。(とはいえ、私としては、昨年の3月、豪風雨の三浦・10キロでも確か1時間8分で、10分は越えなかったことを考えると、やっぱりクヤチイ~!)

 でも、前評判通り、ワイン、ぶどうを堪能させていただき、お弁当も出していただき、初フルーツマラソン、楽しんできました。今までさんざん「アップダウン好き~。浜っこはダイヤモンドヘッドくらいじゃ坂とは言わないわよ~」と言っていた手前、来年もまた出て、このレースでのタイムを縮めたいとこですが、仲間の多くは、ちとゲンナリしたもよう。いい景色とぶどうの香りを楽しめたこのレース、私は「のど元過ぎれば・・」になっております。それに、今日みたいな暑さがまた来年も、という可能性は低いんじゃないの?と勝手に想像。これからまたちゃんと練習して、来年はぜったい縮める!! 口だけにならないようにがんばります!!
[PR]
by yuuko_watanabe3 | 2011-10-16 23:36 | マラソン/ダイエット

がんもどき理論は間違ってるわけじゃない

魚のこげに発ガン性があるという知識を持っている人は多いと思う。

20年以上前に国立がんセンターのドクターたちが、がんになりにくい生活アドバイスみたいな何箇条かを発表したその1つだったと記憶しているが、今詳しく調べてる時間がないので、関心がある方はご自分で調べてね。
で、発表当時もっと詳しく知りたいと思って、そのドクターたちの一人(確か副院長だったような)の講演を聞きに行ったことがあった。そのときにへ〜と思ったのが、私たちの細胞は日々「がん化と正常化」を繰り返している、という話。もちろんその医師はきちんとロジックをふまえて話されたのだとは思う。そんなにザックリした話じゃなかったとは思うが、一般向けにわかりやすく話されたものを、理数系センスゼロの私がかなり意訳すると、そういう話だった。なかなか熱がこもったいい講演だったと記憶している。

近藤誠さんのがんもどき理論も、実はこの話と共通していると思う。近藤さんがよくおっしゃっていたのが、急成長するがんもある一方、何十年もの長時間をかけて成長するものも少なくない、という話。

つまり検査でスクリーニングの網にかければ、その「成長途上中」のがんも「見つけられてしまう」ということになる。
診断が下れば途端にその人はがん患者だ。
はい、そのときにメリットがあるのは医療側とユーザー側のどっちでしょう?という話。
がんもどき理論を、ド素人の私が意訳すると、こんな感じだ。

ちなみに、なぜこんなことを書いておこうと思ったかというと、横浜市の保健所からの広報紙にがん検診に行きましょうの大キャンペーン記事が掲載されていて、その中に、がん検診でがんが発見された人とそれ以外のがんの人の5年生存率の比較が載っており、検診を受けた人のほうがほれこの通り生き長らえている、だから早期発見が大事、検診受けましょう、という記事が出ていたのだ。で、ワ〜こりゃ騙されちゃうよなあ、とつくづく思ったから。でもごくわずか上回ってる人たちはおそらく、検診やら治療を受けなくても5年経ってもピンシャンしてた可能性もあるわけですよ。もしかしたら、そういう人たちのほうが、非・検診派で5年以上元気な人を上回っている可能性すらあります。←ここ、わかりづらいかなあ。
たとえば、今この私のからだをくまなく探したら、がんが見つかるかもしれない。だけど、5年経っても、そのがんはまだ何も悪さはしてないかもしれません。だけど、「がんが見つかった人」になってしまえば、治療と言う名のコンベアに乗せられるのは必至、そして検診を受けた人の5年生存率の高さの1データにされるだけっていうわけです。
え? でも早期発見は大切でしょ、がんは死亡原因1位じゃないですか、と思われるかもしれませんが、そのまま、私のがんは何も悪さをしないかもしれない。私が死ぬときは別の原因かもしれない。だけど、いったんコンベアに乗せられれば、私は「がんの人」になってしまうってことです。そんなのやなこった。

がん検診に行った人の中には微細な体調変化に気づいて受けに行った人、既往歴、家族歴から気になって受診人たちも含まれていることでしょう。でもたとえば長年喫煙してきたから肺がんが気になる、何かのどの調子が変な気がするから咽頭がんが気になる、排便リズムが安定しないから大腸がんが気になる、そういう人たちはいわゆるがん検診ではなくふつうに医療機関を受診すればいいじゃないですか。
何も兆してない、何の既往歴も症状もない人ががん検診を受けた場合に、本当の意味で検診が有効だったと確定できる人たちはいったいどれほどいるのか。

がん検診スローガンを言うなら、そこから根こそぎ調査してからにしなさいよ!と、怒っている私なのです。

国立がん研究センターのアドバイスを私がどう読んだかについては、また今度。

あ、話は違いますが、東京マラソンまた落ちました。
一方、海外在住の日本人の応募者は軒並みまた当選されてます。
海外における東京マラソンの広報効果を狙ってのことでしょうか。
不透明だなあ、プンプン。
[PR]
by yuuko_watanabe3 | 2011-10-11 08:37 | 更年期/からだ/こころ

色々ありまして…

落ち込みたくなるようなあれこれが…。
クヨクヨしていても始まらないので、気持ちを立て直さなければ…。

それと少し関係あるかも、ですが、ときどきすごーくコワイ夢を見ます。スナイパー?に命を狙われる系の。数日前はなぜか私は実家に住んでいて、ものすごく慌てふためいて玄関の鍵をしめてるシーン(笑)で目が覚めました。ふつうそういうときって直前までのストーリーを思い出すものだと思うのですが、あまりの恐怖のためか、思い出せず。ドキドキしつつも、直前の「玄関」が今の実家のものではなく(当然?)私の子ども時代のものだったことに気づき、クスクスと。

それにしても、こういう夢を見るのはサスペンス系映画の影響かもね、ヤレヤレ…などと思ったのでした。

で、昨日家に帰ってからふとそれを思い出し、先日録画してあったサミュエルLジャクソンのサスペンス映画、消しちゃいました。これからは寒い季節になるし、某レビュワーさんの言ではありませんが、心が温まるようなものや笑えるもの中心に見るようにします。夢の中とはいえスナイパーに襲われたくないから(笑)。
[PR]
by yuuko_watanabe3 | 2011-10-06 08:35 | つぶやき

走る気力はあるものの・・

 何かウツウツとした気分は根強くあるわけです。

 たぶん、こういう私みたいな人は少なくないだろうと思います。
 何か自分にできないか、とウツウツ。政治家に、ウツウツ。誰を信じりゃいいのさ、でウツウツ。
 こんな感じ!?

 時間がほしい。若さがほしい。だけど、時間があり、自分が今若くても、たぶんそのことで解決がつくわけではない。
 そもそも、何か事を起こすのに「遅い」ということもないはず。

 だけど、私は何を起こせばいいんだ!?

 デモじゃない、誰かを後援することでもない。

 いや、この人を後援したいと思うなら、するさ。そんな人は誰も見つからない。空虚だ。

 「この国の」という限定つきだけど、「この国の民主主義のルール」というものに、絶望しかかっているんだよね、きっと。だから、タコつぼの中に入ろうとしている。

 マラソンブームはわるいことじゃない、と信じてきた私ですが、何となくゆらいでいます。

 走る以外に、何かもっとすべきことがあるんじゃないか。この国を変えたいと心底思っている老若男女は今、たくさんいるはず。私もその一人だ。はがゆい。
[PR]
by yuuko_watanabe3 | 2011-10-02 19:30 | つぶやき

温泉のハシゴ

 と言っても、本物の温泉地に行ったわけではなく、瀬谷の2軒のスーパー銭湯ですが。

 温泉びより到来じゃないですか。平日のほうが安いものの、行きたい!と思ったら「来週まで待ってられないわ!」と。

 但し最近、「湯楽の里」に少々飽きてしまったんですよ。で、「そうだ、瀬谷駅前に送迎バスが来る、ここち湯にまず行ってみよう」と。お初です。ここち湯に岩盤浴ないのはわかっていたんですけど、遠赤外線効果のサウナあり、というので、ここだけで満足できればそのまま帰ってくればいいし、もの足りなかったら、「湯楽の里」にも行こう、と。で、結局ハシゴしてきました。

 驚いたのが2軒ともお客さんすごく少なくて、今まで私が土日に行ったスーパー銭湯の経験の中では、あんなにガラガラだったのは初めて。ほかにいいとこができたんですかねえ。それとも、飽きられたということ? 運動会など、ほかの行事やレジャーに皆さん行かれたってことでしょうか。ナゾだ。

 ここち湯は、芹が谷の極楽湯と似た黒いぬるっとしたお湯が気に入りました。サウナも1人分のスペースが
広々しててよかったかな。人気があるのは炭酸泉のようで、ほかの浴槽より大勢入ってました(これは湯楽の里にはなし。でも、私の通うジムにけっこういい炭酸泉あるので、私はこれには特に魅力なし)。いいと思ったのは、浴室の床がすべりにくいことです。スーパー銭湯、スパ大好きなのであちこち行きましたが、ジムの浴室、プールなども含め、足元が不安な施設ばかりです。それを考えると、ここち湯瀬谷店の床は、GOODだと思いました。
 あとよかったのは休憩所です。湯楽の里は休憩所が狭く落ち着かないのがちょっと不満。ここち湯はある程度の広さと過ごしやすさがあります。休憩所に限ってだけ言えば、みうら湯や極楽湯と比べても、ここのほうが好感度高いです。

 でもやはり、私にとり岩盤浴ははずせません。それで結局、ここち湯へは10時の開店時に入ったのですが、売店の揚げたてサーターアンダギー100円也をほおばっただけで、12:10の送迎バスでいったん瀬谷駅に戻りました。

 お次は、湯楽の里。失敗したのが、手荷物を減らしたばっかりにカード入れを忘れ、会員券を忘れてしまったこと。一般券を買ってもよかったのですが、〆のビールを飲むには、100円で会員券を再購入して、会員限定のセットチケットにするほうがずっと割安。え? ビールは必須? って? 必須ですとも(笑)。それと、会員券は1年間有効とのことで、前回購入した分は3月で失効するらしい。なら、ま、いっかですね。うまくできてる。

 いやあ、それにしても、スパに併設の岩盤浴も色々行きましたが、私にはここの25分の岩盤浴がやはり一番効果を実感できます。皮膚の状態が改善された実感が得られるんですよ。ここは、露天風呂のレイアウトや植え込みの多さ(緑が豊富だとそれだけで癒されますね)も気に入っています。これで送迎バスなどがあれば、言うことなしなんですけどね。徒歩15分の道のりはイヤじゃないんですが、クルマの多い国道沿いをずっと歩くので、排気ガスだらけなのが、すごくイヤ。

 ま、とりあえず昨日から「どうするべ」」と思っていた岩盤浴に行けたので、満足。岩盤浴はやっぱり「湯楽の里」がいいなあ、と実感できて、それも満足。
 これからは「岩盤浴+温泉行きたい」と思ったら、やっぱり万葉やイアスじゃなく、瀬谷からバスに乗って「湯楽の里」、かな。時間を無駄なく使えるように、瀬谷から立場ターミナル行きのバスの時刻表を調べておこうと思います。・・・・ふーん、調べてみるもんですねえ。平日休日とも、殆どの時間帯で、瀬谷駅10分、30分、 50分の発車でした。これだけ覚えておけばいいなんて、今まで知らなかった。片道170円ですからね、排気ガス吸うより、乗ったほうがいいわね。

 
[PR]
by yuuko_watanabe3 | 2011-10-01 17:52 | 更年期/からだ/こころ

わたなべゆうこです。blog名を「女は51から」より変更しました。


by yuuko_watanabe3

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

検索

↑当ブログの検索できます。

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

私のメアドです

以前の記事

2016年 12月
2016年 11月
2016年 02月
more...

カテゴリ

全体
最新のお知らせ
マラソン/ダイエット
わたしが過去に書いたもの
メディア/言葉/社会
映画/シナリオ
足あと帳
マイ・ジョグノート
私のダイエットメニュー
コーラス/コンサート
ゴルフ
たまには旅
きれい、かわいい
きょうのできごと
おいしいもの、おいしい店
オット:魚畑耕海
ムスコ:渡辺耕作
更年期/からだ/こころ
アート
風邪のモト=エヘン虫を追出そう
つぶやき
ブログ/HP
活字レビュー
ごあいさつ
my沖縄ライフ
未分類

ライフログ

なぜ婦人科にかかりにくいの?―利用者からの解決アドバイス集

子宮筋腫・女のからだの常識

“ほっ”とする生理痛の本―女性の悩み解決ガイド

わたなべゆうこの本

その他のジャンル

Skypeボタン

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

スポーツ
50代

画像一覧