<   2010年 08月 ( 10 )   > この月の画像一覧

また「ヨコブログ」にしてみました

 ヨコになじんだあとですので、やっぱりこっちのほうが私には合うなあ、と思いまして。

 ケイタイから見ていただいている方にはピンとこないと思いますが、できたらPCからも見てみてくださいね。
[PR]
by yuuko_watanabe3 | 2010-08-30 21:31 | 最新のお知らせ

刑場が情報公開されましたね

 このタイミングってのは、何なんでしょうね。

 民主党的な「できごと」なんじゃないでしょうか。自民党時代にはありえませんでしたよね。事業仕分けもそうですが、民主党的なできごとは、かなりな部分で「情報公開」を推し進めていて、その部分は好ましい。
 ところが、自民党的な方が民主党の代表選挙に出ようとしてますね。
 今回の「刑場の公開」を好意的に報道しているのは、マスコミもようやく、民主党的側面にエールを送ろうとしてるんでしょうか。
 私は管氏のあの就任時のはしゃぎぶりにウンザリしたし、誰がアタマをやろうと、この日本はすぐにはよくなんないでしょうよ、と思ってるから、小沢になったっていいんですけど、それが原因で情報公開に歯止めがかかっては困る。よって、今回ばかりは管を支持します。
[PR]
by yuuko_watanabe3 | 2010-08-30 19:51 | メディア/言葉/社会

トイストーリー3はオススメではあるのですが・・

 仕事がハンパなく忙しくミスも重ね、少々ヘコんでいるうちに、ここへのアクセスも滞ってしまいました。 

 もしかしたら、多くの方にご心配をおかけしたかも!? 申し訳ありませんでした。

 で、書いておきたいことはたくさんあれど、今日は一つ、2週間前に見た「トイストーリー3」の感想などを・・。
 久々に一人で映画館に行ったのですが、行く直前に寄ったトミーが「自分も見たけど、1と2見ました?」と聞くのです。
 「1見たけど2見てないの。でも何かすごく評判がいいし、1と2を見てなかった人でも楽しめるって評判を聞いたから大丈夫じゃない?」と言ったら、トミーは「2見てないとつまんない」と力説するのです。
 ふーん、リサーチはたった一人だけど、まあそこまで言うなら・・と行きのバスの中で携帯サイトで2のあらすじを探して、予習しておきました。
 1を見たと言ったってビデオ発売当時でしたし、サッパリ忘れていたから、この予習はよかったかも。

 で、もちろん?3Dで、吹き替えで(アニメですからね、こっちが正解でしょう)見ました。評判にたがわずなかなかよい出来でしたが、やっぱり最近はお友達とばかり映画見てたので、終わった後で多少でも「あーでもない、こーでもない」といえる相手がいなかったのは、チョイさびしかったかな。

 よい出来とは書きましたが、お気に入りの「モンスターズ・インク」と比べると、そこまでのワクワク感ではなかったかも・・。それと、これはむしろ2Dのほうがよかったかもなーと思いました。3Dが今後の映画の主流になっていくことは間違いのないとこなんでしょうけど、「アバター」とこれを見て確信したこと。映画のシーンが脳内に焼きつくのは2Dだからこそで、3Dって、少なくとも私の脳内には焼きつきませんでした。これって映画を見てあとから反芻して楽しむことを考えると、何か物足りなさ感があります。でも、私だけなのかしら。「3Dで見た映画の名場面を思い出せない」症候群て・・。
[PR]
by yuuko_watanabe3 | 2010-08-25 20:55 | 映画/シナリオ

ごあいさつ

 これから不定期に、以前出版した本の抜粋や投稿記事、スピーチ原稿などをアップしていきます。但しいざ始めようとしたら、まずカテゴリを何にするか、しばし悩みました。
 やっと「私が過去に書いたもの」に決定。結構気に入りました。

 次に、読んでるうちにかなりこっぱずかしいことも書いていたなあ、と気付きました。
 「ややや、こんなことも書いておる!」赤面です。でも、何でもそうですが、読んだ人がどう感じるかは、また別の話ですよね。恥ずかしくても、思い切って原文のまま、絶対に手を加えるのはやめよう、と決意しています。(←オオゲサ! 笑)

 次に、書いたときに名前を出すことを承諾いただいた方でも、その媒体ではなく私が個人的に発表するものに名前を出されるのは困ります、という人もいるかもしれないなあ、と気付きました。読んでいただく際、ちょっと読みにくくなってしまうとは思いますが、個人の名前は原則として伏せさせていただくことにしました。webの特性から、その方の名前が拙文と一緒に独り歩きをしていくのは私の本意ではありませんので。

 まえふりとしては、こんなところ。

 第一弾は2001年7月に出したまつばらけいさんとの共著 『なぜ婦人科にかかりにくいの?』のあとがきです。
↑赤字のところをクリックし、さらに「More」をクリックしていただくと、読んでいただけます。








 
[PR]
by yuuko_watanabe3 | 2010-08-06 19:00 | わたしが過去に書いたもの

2001/07 『なぜ婦人科にかかりにくいの?』あとがき

なぜ婦人科にかかりにくいの?―利用者からの解決アドバイス集

まつばら けい わたなべ ゆうこ 渡辺 優子築地書館



この本は、まえがきをまつばらさんが、あとがきを私が書きました。

あとがきは ↓こちらです。

More
[PR]
by yuuko_watanabe3 | 2010-08-06 18:59 | わたしが過去に書いたもの

サプリメントのあやうさ

 今日も休み。片づけなり過去に書いたものの入力でもさっさと始めればいいのに、さっきから何となくザッピング。

 目にいいとされるブルーベリーのサプリと、私が気に入ってるドライフルーツのアントシアニン(アントシアニジンともいいますね)の含有量って実際にどれくらい違うのかなと検索してたら、たぶんこれが一番知られてるサプリだろうなあと思う商品の広告のあいまい表現に呆れてしまった。

 それが、この「ブルーベリーアイ」の解説ページ。あ、「その2」ってとこね。

 ビックリしたのはですね、左の図と右の説明が一致していないこと。
 左の図はきっと正しいんだろうということはわかります。ビルベリー100gには460mgのアントシアニン、ブルーベリー100gには90mgですって。私が食しているブルーベリーは100gに対して100mgだから、なるほど、と。私がありがたがって食べてるドライフルーツはちょっとしか高くないのね、と思ったけど、それはまあいいんです。ビルベリーのアントシアニン量は高いというのは前から知識として知っていたから、なるほど5倍なら、もしビルベリーを食べる機会があったら、ぜひ食べてみようと思いました。

 ところが、右の解説を読むと、それがすなわちプルーベリーアイという商品の優位性とイコールではないことがわかります。
 なぜなら、右の文章は左の図の解説ではないから。
 文章が結論として言ってるのは「1粒に160個分のブルーベリー」というんだけど、仮にそれも正しいとして(イヤきっと正しいんでしょう)、1粒には160mgのビルベリーエキス(って何? わかったようでわからない言葉だ 笑)が入ってる「つまり」ブルーベリー160個分に相当する、と書かれているんだけど、これって何? なぜ「つまり」なのさ。

 同じアントシアニン量を得るためにビルベリーなら5分の1量でOKということなら、ビルベリー32個分と表現してもいいはずだし、原料はビルベリーのはずなのに、なぜかビルベリーをどれぐらい使用しているかは書いてない。
 書いてある通りビルベリーエキス160mgがブルーベリー160個分に相当するなら、ビルベリーエキス160mgはビルベリー32個相当から作られてなければ変ですが、そのことはどこにも書いてない。32個分も使ってないってことかしら。原料はビルベリーのはずなのに。変じゃない?

 だいたい、1粒に含まれるというビルベリーエキス160mgがブルーベリー160個分に相当するのはなぜ?という根拠もこの図と解説文からは、一切わからない。

 この会社に聞いてみたいもんだ。ビルベリーエキス1mgが1個のブルーベリーに相当するという根拠は何? それと、ブルーベリーの大きさって種類によってめちゃ違うけど、ここで言ってる1個は何を基準にしての1個なの? ブルーベリーアイ1粒は左の図を元に解釈すればビルベリー32個から作られてるんですよね?って。

 この商品はこんなにすばらしいんですよ、ということを公明正大に言いたいなら、ふつうのビルベリーのアントシアニン含有量は何ミリ、ブルーベリーは何ミリ、それに対してブルーベリーアイには1粒に何ミリ入っている、と書くのが一番効果的であろうのに、そうは書かない(書けない)のは、そこに何かカラクリがありそうだな、ハハンと元ジャーナリストとしては思うのであります。

 やっぱりサプリは「危うきに近寄らず」だと思いますなあ。(もっとも、人一倍算数に弱い私。この図と解説文の読み間違いにどなたか気付かれたら、ぜひ教えてくださいな。算数の勉強し直しにもなりそうだし)
[PR]
by yuuko_watanabe3 | 2010-08-06 12:55 | 更年期/からだ/こころ

毎日暑いですね

 こんな時期はお家の中で、衛星放送の映画なんか見るのが一番ラクチンでお安く楽しめるレジャーではないでしょうか。

 ナンチャッテ。

 ところで、私はゴダールものはたいして見てないのですが、ムスコは彼の作品を好きだそうで、あるとき「きぐるいぴえろがよかった」と言うので、「いやいやあれはきちがいぴえろとよむのだよ」と言ったら、驚いていた。
 
 きちがいという言葉を使ってはいけない、という風潮が、ここまで死語にさせてしまったのね~と、そのとき私は私で驚いたのだが、先日は衛星放送の予告番組で、「きぐるいぴえろ」と言っていたので、「ここまで死語になってたとは」とアゼン。

 だけどよくわからないのは、原稿を読んでた若者が単にものを知らなかっただけなのか、言葉狩りはそこまで浸透してしまっているということなのか、どっち? ってこと。地上波なんかよりはかなりゆるいのではないかと思うけど、一応制作責任者という立場の人がいるんでしょうから、後者と解釈すべきなのでしょうね。いやですね~。芸術をことさらにありがたがるスノッブは好きじゃないけど、確立した評価を得ている作品の題名を読み変える、というのはボートクだと思うよ。
[PR]
by yuuko_watanabe3 | 2010-08-06 11:11 | 映画/シナリオ

時を経て同じ映画を見てみたら

 新しいことに気づくことも少なくありません。

 今日久々に「天使にラブ・ソングを・・・」を見ていたら、約20年前の作品ながら、黒人でしかも俗っぽい歌手役のウーピー・ゴールドバーグが、全員白人であり、これ以上ない高潔イメージのシスターたちを導いていくそのプロットに、ものすごい新しさを感じてしまいました。見た当時はものすごく定石通りのストーリーのように感じていたのに、「いや、何なの!? これ!!」とビックリ。

 一番冷静な判断を重ねている刑事も黒人だしね。よく考えてみると、黒人の女優がこういうヒロインに抜擢され、しかもものすごく自然に多くの人に受け入れられるプロットになっていたのって、すごく画期的。改めて感心してしまいました。
[PR]
by yuuko_watanabe3 | 2010-08-05 23:45 | 映画/シナリオ

しあわせ~

 久々にデザインを変更してみました。

 別に、だからしあわせ、という話ではないんですが。念のためお伝えしますと、ヨコに読んでくスタイルではないので、ふつうにタテに読んでくださいね。絵は氷イチゴです。見りゃわかるって?(笑)

 もとい。何がしあわせかの話の続き。
 以前から家の抜本的掃除をしようしようと思いつつ、なぜできなかったか、の話。独身時代、私はけっこう捨てるのが好きでした。結婚したらその相手が、持ち帰った飲み屋の箸袋までとっておくような人で、必然、家の中はモノだらけとなりました。加えて、自分がライターという職業になり、また市民活動なんかも始めてしまいました。そうなると、「これは資料になる」「これは大事な記事だから」と、特に紙の類が膨大になっていきました。
 今回、もしかしたら長期出張するかもしれないということもあり(こういう中途半端な状態ってかえって大変!)しばらく前から我が家のゴミの山をどうするかが、悩みのタネでした。
 で、久々にまるまる時間のあった今日、グズグズしつつも、棚の中から整理し始めました。で、ものの数分でガクゼン。思い出深い自分の執筆記事、自分のかかわった数々のイベント、関連して自分の紹介されている記事、資料としてとっておいた今でも読めば感じいる記事の山。

 捨てよう!と決心して始めた作業なのに、すぐに軽く挫折。どうしよう・・。でもね、思いました。明日自分が事故で死ぬ可能性だってゼロではないし、私以外の人にとってはやっぱりただのゴミだし。

 そうだ、私以外の人にも役立つのかそうでないのか、で、いさぎよく捨てていこう! と決めました。そこからは、かなり快調。次に出したいと思っていた本の企画メモ、資料、このあたりはバサバサと捨てる山に加えることができました。

 ところが、あっという間にすぐに、どうしても捨てられないものが出てきてしまいました。元のモクアミ・・(笑)。 かつて自分が新聞に投稿して記事になったコピー、某イベントで女性の医療に関して裁判になった事例の研究報告をした際のスピーチ原稿エトセトラ。ど、どうしよう・・・。今ここに書いているブログなんかとは比べ物にならないくらい推敲に推敲を重ねた、自分の、いわば足跡です。

 でも、「自分にとっては貴重なものを本当に捨てるのか」と真剣に考えてたら、急に結論が出ました。自分が書いて過去、お金にならなかったものは、ここにペーストしちゃえばいいじゃん、て。あら簡単。しかも、自分だってほかの人だってそういうふうにネットを活用してるのに、なぜそんな解決法に気付かなかったんだろう、バカバカ(笑)。

 で、先日予告した件ですが、せっかく書いた本なのだから、もっと多くの人に読んでもらいたいなあと思い、一部を抜粋してここに紹介しようと思いついていたのです。今でも販売してくれている出版社に迷惑にならない範囲でね。だけど、それだけじゃなくて、本にならなかったものも、ここにペーストして発表すればいいんじゃん! と気付いたら(気付くの遅かったけど)、なんかね、すごーくハッピーな気分になってしまいました。これなら、掃除&片づけも楽しくできそうです。だって、このブログに残す価値&意義がありそうかどうかで、きめればいいんだもの。

 ・・てなアホっぽいことを言ってる私ですが、ボチボチ書き写していきますので、またぜひアクセスして、読んでくださいね。今日はまだ予告でスマン!ですが。
[PR]
by yuuko_watanabe3 | 2010-08-04 20:36 | つぶやき

減らない!

 ダイエットランチもランニングもアクアダンスも続けて、間食もしてないのに、先日測ったインボディーでは、56をたたき出してしまった!

 デッドゾーンです。なのに、前の職場の同僚だった若い子と会ったら「またやせました? 小顔になりましたねえ」と言うのよ。何なの? このギャップ(笑)。

 それはいいんだけど、増えた理由はわかってるのね。夕飯で食べてる量がハンパじゃないしね。友達と会えばおいしいランチを完食してるし。夏バテもせず、おいしく食べられて、見た目はリバウンドに見えてないなら、まーいいかー。もしほんとにこの秋一人暮らしをしたら、ウェイトコントロールはしやすいだろうしね。

 それにしても、毎日のように友人知人同僚から「不眠」「目がわるくなった」「肩こりがつらい」などの悩みを聞いている私。私もかつて不眠に悩んだし、目は確実に年とともにわるくなってるし、肩こりもあるし、6月頃のように原因のよくわからない咳に悩まされることもあるけど、56歳にしてはおおむね元気だなあと自分でも思う。

 ラベンダーとブルーベリーだけで、不眠と目はほぼ解決してるんだけど、はたから聞くとにわかには信じられないみたいです。私もかつて某ドクターからラベンダーを勧められたとき「気休め」くらいにしか思わなかったから、無理もないんですけど。

 ブルーベリーは、「私もやってる」という人、多いですけど、私と同じようにドライフルーツで摂っているという人は聞いたことがありません。ナマやサプリより絶対にドライフルーツがいいよね、という人、ほかにもいないかしら。

 肩こりは自分の感じ方としては最近はあまりつらくないですね。でも先日トミーのとこでマッサージのとき「こってますねえ」と言われた。その日はさすがに「そう言われれば今日はこってるなあ・・」と思いました。数日間、バッグをショルダーにしていたせいかもと思い、またリュックに変えました。マメにではないけど、ストレッチしてるのも効果があるんでしょう、きっと。

 私自身が今のところこんなふうにからだと何とか折り合いをつけていられるのは、30歳くらいから約20年間医療を中心にライターをして、後半の約10年は医療市民活動をしてきた、その中で多くの人から学んだり経験したことが大きいなあ、自分の財産になっているんだなあ、とつくづく最近は思うのです。根がおせっかいだしね。せっかく自分で体感、経験したことをこのまま埋もらせるのももったいないかもなあ・・と思う今日この頃。でね、今ちょっと考えていることがあるの。近々、ここにそれを書こうと思います。本日は、予告。
[PR]
by yuuko_watanabe3 | 2010-08-02 09:19 | マラソン/ダイエット

わたなべゆうこです。blog名を「女は51から」より変更しました。


by yuuko_watanabe3

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

検索

↑当ブログの検索できます。

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

私のメアドです

以前の記事

2016年 12月
2016年 11月
2016年 02月
more...

カテゴリ

全体
最新のお知らせ
マラソン/ダイエット
わたしが過去に書いたもの
メディア/言葉/社会
映画/シナリオ
足あと帳
マイ・ジョグノート
私のダイエットメニュー
コーラス/コンサート
ゴルフ
たまには旅
きれい、かわいい
きょうのできごと
おいしいもの、おいしい店
オット:魚畑耕海
ムスコ:渡辺耕作
更年期/からだ/こころ
アート
風邪のモト=エヘン虫を追出そう
つぶやき
ブログ/HP
活字レビュー
ごあいさつ
my沖縄ライフ
未分類

ライフログ

なぜ婦人科にかかりにくいの?―利用者からの解決アドバイス集

子宮筋腫・女のからだの常識

“ほっ”とする生理痛の本―女性の悩み解決ガイド

わたなべゆうこの本

その他のジャンル

Skypeボタン

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

スポーツ
50代

画像一覧