<   2007年 07月 ( 25 )   > この月の画像一覧

まあいいや~

 急にお肉が食べたくなりました。

 ダイエットを始めた頃は突如「あー○○が食べたい!」となることがけっこうありましたが、最近はさほどありませんでした。でも昨日は仕事中に急に「お肉食べたい」とムズムズ。
 ところが家に帰ったら、いつにもまして魚のオンパレード。「まいっか」とふつうに食事した後、夜中に「やっぱり肉~」と。但し作る元気はありませんから、徒歩2分のコンビニに行ってしまいました。でもコンビニですからねえ、たいしたものがあるはずもなく、手に入れたのは、ひからびたような(?)牛タン・・?・・じゃなかった、豚タン。それでもまあ肉には違いなく、とりあえず満足。でもそれだけ食べてもつまんないから缶チューハイも買っちゃいました(汗)。朝、カラになった缶を見て、ちょっとだけ後悔・・。
 ま、ドンマイ、ドンマイ。食べたいときは食べちゃえ!とテキトーですが、それでも14キロやせたあたしはエライ!と自分で自分をほめてみたりして。

 ですが、今朝はヘルスメーターに乗る気は起こらず。今日は45分のアクアの日ですから、また脂肪燃焼に励んできます。53到達への道は果てしなく遠そうですが、まあいいや~。

 ところで。平日午前中は比較的家にいる私。TVをザッピングしていて、「ウォレスとグルミット」のスタッフが作ってるらしい「ひつじのショーン」をBSで発見。グルミットにちょっと似たワンコ、10匹くらいいるヒツジたち(でもどの子がショーンなんだ?)、ブキミに見えて実はいい人らしい飼い主?が登場者たち。「ウォレス・・」はちょっとブラックなとこもあるけど、「ひつじ・・」はもうちょっと癒し系。よく似た顔のヒツジたちを、よーく見るとちゃんと顔の造作、体形などが違っていて、いやんもう、愛らしい。今朝途中から見た1本は、ワンコ(名前知らない)に虫歯が出来て、それをヒツジたちが協力して治してやろうとする話。何かもうこれだけで笑っちゃいますね。グルミットとおんなじで、まんまるのクリクリお目目のヒツジたちのいろんな場面、場面を思い出しただけでムフフフ・・とシアワセ気分。また見たいな~。

[PR]
by yuuko_watanabe3 | 2007-07-31 11:24 | マラソン/ダイエット

カルニチンの続き

 1日量は同じ含有量でした。

 私が買ったアサヒのカルニチンとよくCMで見かけるカルニチンクイーンは、Webで調べたら一日量のカルニチン含有量は全く同じ500ミリでした。でもべらぼうに値段が違うのよ。クイーンはむっちゃ高い。「質」でも違うってことがあるのかしらね。そもそも何かの原料を使って合成してるんでしょ。その何かって何よ? こら、情報開示しなさい。国会図書館か何かで調べてみようかしらね?

 アサヒのWebサイトでは、さも当たり前のように何かの治療薬を飲んでいる人は医師に相談して使用してください、みたいなことが書いてあるけど、売ってた薬局の薬剤師はひとっこともそんなこと言わなかったですね。まあふつうのことでしょうけど。

 まして私のかかりつけの内科医のところへ行って「私はこのL-カルニチンというのを使っていいでしょうか?」なんて聞いたって、おそらくまともな返事が返ってくるとは思えない。まあとりあえず次回の受診時に聞いてみようとは思うけど。

 ところで、医療って貧富や性別、年代に関係なく多くの人の関心事であるはずなのに、アメリカなんかとは違って、選挙の争点にいまだかつてなったことがないのよね。これ、大きな不満。でも、政治家へのロビイ活動なんかもしている市民活動にも関わってきたけれど、たいした成果を感じたことはただの一度もなかったし、皆さんが現在の医療に満足なら何をかいわんやだと、今はもう諦め気味。今さらもう当面市民活動もする気もなし。でも希望的観測としては、医療の現場は目に見えないところで実はかなり変わってきているのではないか、という楽観的な予測もないわけではなく・・。とはいえサプリがこんなに当たり前になっている現状や、販売元のHPではアリバイ作り的に「医師に相談を」なんて書いてあるのを読むと、あーあ、この国の消費者ってやっぱり(私も含めですけどね)お人よしよねー、と思っちゃう。

 どこかの政党がこれまでの自民党の医療政策は抜本的に変えるべき、とか言って画期的なプランを打ち出したりしてみてもいいんじゃないかと思うけど、元々が政官民がガッチリと癒着している世界だから、変えようにもそうそう簡単に変えられるものではないだろうなあ。

 とりあえず市民側にできる自衛としてはですね、やっぱ運動と食事対策をして、なるべく医療機関には行かないことでしょ。実は近藤誠さんの受け売りだけど(笑)。行ったら患者にさせられちゃうから。

 カルニチンの話に戻りますですが、夜になってアレレ?と思っているのは、いつもより食欲がドンヨクではなかったことですね。どういう原因によるものかははっきりせず。かといって「疲れたー、食欲ない~」というんでもない。所在無く何となく何かを口にしたい、という衝動がないって感じ。でも、仮に副作用だったらヤだなあと思って、それもWebでチラッと検索したけど、わからずじまい。

 ところで今日は水泳教室に行き(亀の子の歩みですが、だんだんクロールもどきにはなってきました)、引き続きスタジオでエアロバイクとランニングマシーンで汗を流しました。ホノルルへ行くゾ~とか言いだしたくせに、実はランニングマシーンでさえ、まともに(?)走ったのは今日が初。でも30分試してみて、案外イケルゾ、とニコニコ。心配したヒザも、痛くありません。 
 てなわけで、この分だとあっという間にあと1キロやせそうな気がしてきたけど、結局そうなると、カルニチンのおかげなのかランニングを始めたおかげか、わからなくなりそう(笑)。
 でも、ホノルル経験者の友達が呆れ顔で「もうトレーニングを始めなければ手遅れ」と言うので、明日から外でも走ってみようか、なんて思ってるわけです。53を切るやもしれん、となったら、即カルニチンはいったん中止するつもり。やっぱりサプリはコワイわ、私は。


 余談ですが、魚畑耕海さんは本日のブログで健康診断へ申し込んだ話を書いています。ヤレヤレ・・。もちろんねえ自分ではっきり不調を感じている人には私だって「早く医者へ行きなはれ」と言いますよ。だけど健康診断て百害あって一利なし、と思っているの。何せ近藤さんの薫陶をバッチリ受けているからね(笑)。でも耕海さんはどうしても行く!と言うから、別に止めない。ワカランジン!とは思うけどさ。
[PR]
by yuuko_watanabe3 | 2007-07-28 00:00 | マラソン/ダイエット

ほんとはこわいサプリの話

 朝食後の体重:54,6。

 ふむ。昨日が実は55だったことを考えると、悪くない数字です。何とかこれを毎日53,5から54のあいだ、できればときには53,0、というふうにだいたい53キロ台にもっていきたい、というのが、今年に入ってからの私の目標。一度は53,5になったもののたった一日でしたから、半年以上足踏みしているわけです。一昨年の今頃ダイエットを始めた頃の体重が推定68キロだったことを考えると、常にだいたい54キロ台をキープしているわけですから、約14キロやせてさらにリバウンドしていないという事実はあるものの、停滞中であることに変わりはありません。ゆっくりゆっくりを目標としてきたとはいえ、ちょっと停滞しすぎ。
 「あと1キロ」がカルニチンで何とかなるのかならないのか。試してみる価値はあるかもしれません。今朝3錠飲みました。これで2日目。但し効果があってもなくても1ヵ月以上続ける気はサラサラないですけどね。やっぱり基本は食事ですよ。CMでは「Lカルニチンというのは中年になると自然に減少して・・」云々とかやってますが、ふつうにしてたら体内に入ってこないものをあえて取り入れるということはリスキーなことでしょうよ、というのが私の認識。サプリをご飯やおかずのようにたくさん摂っているという話を聞くにつけ、私ゃ怖くて怖くて仕方ありません。そのうちにとんでもないしっぺ返しをくらいますよ、きっと。私の予言(笑)て、けっこうあたるんだ、これが。まあもっとも、アメリカではすでにサプリによる健康被害が社会問題になっている、というのを聞いたのがもうかれこれ10年位前ですからね、まあ受け売りといえば、受け売り。
 アメリカではこれの対策をどうしたかというと、それまで民間療法は医療にあらずというスタンスを取っていたのを大転換して、医師たちに民間療法の指導者としての教育や資格を与え、消費者が医師にアドバイスを求められる体制にした、というのね。具体的には、主催者が厚労省みたいなとこなのか医師会みたいなとこなのか忘れたけど、色んな分野(サプリ、漢方、鍼灸とかあとはアメリカの伝統的民間療法なんかも入っていたと思う)の講座を各種開催して、カリキュラムと一定の試験を通ると、医師資格にプラスできるオプションのライセンスを与える、というもの。受診者はその医師のクリニックに行って待合室なんかに掲げられている「漢方について私はこのレベルまで勉強しました」とか、「サプリについてはこのレベルまで」という証明書のようなものを見て、自分で判断してその医師に民間療法のアドバイスを求めるかどうかを決められる、ってことらしいです。もうはるか7-8年前の取材で得た知識でそのときの資料も散逸してしまったから、大まかな話ですけどね、そんな感じ。アメリカはもちろん州によって法律や規制が違うから、細かい運用は州によって違うんだろうし、そのときレクチャーしてくれた医師によればこの変革はあっという間に行われた、という話だから、またさらに何年も経っている現在は実情も変わってるでしょうけどね。そのときの話では、たとえば医師が適切と認めたサプリを規定量とっていたのに健康被害を受けたという訴訟が起こされたとしたら、その被害が認定されればその医師も当然訴えられるし、だけどそういうライセンスを持っていないと遅れている医師とみなされたり、現実にサプリに期待を寄せる患者はとても多いことから、アメリカの開業医たちはこの勉強を今必死でしている、という話でした。まあこの話をしてくださったセンセイ、ちょっと話をおおげさに語る人、という印象でしたから、話半分に聞くとしても、興味深い話ではありました。
 なんてね、今日の書き込みは、さすがに元医療ライター、ということが彷彿とする話しだったっしょ? まあつまりサプリは基本はこわいシロモノだから、皆様お気をつけて!

[PR]
by yuuko_watanabe3 | 2007-07-27 10:24 | マラソン/ダイエット

とうとうサプリ

  そんなにサプリが効くもんだと言うならやってみようじゃないの!とばかりに「L-カルニチン」を衝動買い。

 何せ「あと1キロ」になかなかいけないのよッ!
 但しときどき衛星放送で見かける「カルニチンクイーン」ではありません。ビール会社のアサヒの系列らしい会社のヤツ。これのカルニチンの量とカルニチンクイーンとではどれくらい違うのよ、とパッケージをしげしげと見ましたが、わからずじまい。色白になるというサプリを1ヵ月続けたときは、なーんにも変化を感じなかったけど、今回はどうでしょうねえ。

[PR]
by yuuko_watanabe3 | 2007-07-27 00:20 | マラソン/ダイエット

本日も停滞中。クソッ

  常に53キロ台キープ、どころか、55に近づいてしまいそうなあんばいです。

 ヤバイです。昨日も今日もまじめにアクアダンスに行ったのにィ。でも原因はわかってるんです。21日に夏冬恒例の「学童クラブ父母OB・OG会」飲み会があり、久々に会った人から「きれいになったー、きれいにやせたわねー」と褒められ、「え?そう?いやそれほどでも・・・」とか言いつつ、ニコニコとはしゃいで、あげくに3軒もハシゴして以後、この状態。これが原因の2つめ。
 1つめは何だったかというと、20日に馬車道で映画を見たときに途中の店「レェ・グラヌーズ」で買ったラスクがあまりにもウんまくて、家族に内緒で(!)夜一人でポリポリとやってたこと。ちなみに本日(25日)、冷蔵庫のかたすみにひっそり入れてあったのを確かめようとしたら、なぜか消えていましたが(たぶんムスコのしわざに違いない・・って、おいしいものを一人で隠し食べていた私に、ムスコを非難する資格はないが・・でも「なくなっちゃった!」事実はちとさびしかった・・。)まあしかしなくなったことを幸いに、ここしばらくは夜に余分なデザートを食べることは自粛することにします。

 いやそれにしてもですね、このラスク、ほんとにうまかったんですよ。そもそもこのお店、赤レンガ倉庫で行われたガラス作家のいいだちゃんのグループ展に行ったとき(だから5月)、いいだちゃんとそのお仲間にちょっとした軽食を差し入れしようと思って、その店(おいしいらしいとネットで調べてはあったのだけど)でたまたま「ごまのラスク」を買っていったのね。自分は試食せずに。そしたら、いいだちゃんから「一緒に食べた人がぜひ店の名前と連絡先を教えて、と言ってます」というメールが届いたわけ。へえ、それってかなりなうまさなのかな、と馬車道に行く機会があったらまたぜひ、と思っていました。でその後、とある日曜に馬車道に用が出来たとき行ったら、何と定休日。
 「今度こそぜひ!」のリベンジが21日だったのですが、実は「ごま」のほうは「本日はありません、出るときと出ないときがあるんです」とのこと。仕方なくふつうのバター味のにしたのですが、いやほんと、私が過去に食べたことのあるラスクの中で、最高においしいッス。偶然見つけたに違いないムスコがおそらく私の買い置きと想像しつつ全部食べちゃったのも、ムリもないこと。
 それにしても、人から絶賛されたらしいここの「ごまのラスク」はまだ私にとりマボロシのまま。
 うーん、「あと1キロ!」の目標に到達しなくても、とりあえず近いうちに「ゴマのラスク」が食べたい! てか、140種類くらいあるというここのパン、ほかにも食べてみたいよーん。
 てなこと言ってるから、目標が近づいてこないのよね・・。


 ところで、みんシネに「フラガール」のレビュー 書きました。もう語りつくされてる感もありますが、自分の視点をちゃんと織り込んだつもり。よかったら読んでねエ~。
[PR]
by yuuko_watanabe3 | 2007-07-25 19:49 | マラソン/ダイエット

減らないわ~

  一時より確実にマメに運動してるのに、54をなかなか切れません。

 もう半年も同じことをボヤキ続けています。トホホ。
 相変わらず朝昼は同じメニューですが、ここまで習慣になると、案外辛くありません。何度も書いたけど、果物、キムチ、七味というアイテムのおかげかも。問題は夜なのよね。お酒はやめられないから、朝昼の食事のように、カロリー低めで常備出来るお酒のアテを何か決めておくのがよいかも…今度研究してみよう。

[PR]
by yuuko_watanabe3 | 2007-07-21 17:28 | きょうのできごと

ふりかえり日記④

  友達と、映画「フラガール」をやっと見に行きました。 

 でもまだレビュー書いてません。「リトルダンサー」の好きな私としては、ちょっと亜流?と思わないでもありませんが、それを割り引いても、なかなかよかった。男性監督ですが、目線は女性感覚。そこがよかったです。

[PR]
by yuuko_watanabe3 | 2007-07-20 14:33 | 映画/シナリオ

ふりかえり日記③

  19日は私は何をしていたんだっけ?

 仕事はオフでした。プールで20分くらいウォーキング、スタジオで30分のWAVEをして、後はたまには掃除しなきゃ、と家の片づけをしていたような・・。
 原発での地震の影響がやっと公表されだしたのも、この頃でしたでしょうか。でも、全容が明らかになったとはとても思えないし、きっともっと何か恐ろしいことが公表されるのでは、ほかの原発でも似たような状況だとしたら将来もっと重大なことが起きるのでは、と恐ろしく思ってる人は少なくないはず。だけど、この国の人たちは、今までも原発には漠然とした心配をしていたはずなのに何も行動はしてこなかった、つまり選挙などにおいてね。今回だって、マメに報道を見ているわけじゃないけど、原発についてふみこんだ発言をしている候補者は見当たらない。いや仮にいたとしたって、ふつうに生活している国民の耳に届くような発言をしている人は、誰もいない。敦賀原発の近くに住んでいる人たちは癌の罹患率が高い、ということを実際に住んでいる人から聞いたことがあります。原発、ほんとに要らないよ。うちは夏にクーラーを使わない(実際には古すぎて使えなくなっている、が正しいけど)けど、そのほうが元気に過ごせるように思います。原発、ほんとにやめてほしい。まして、今回はまだあいまいなことしかわかっていないのに、近いうちに再開だなんて、ほんとに冗談じゃない。

[PR]
by yuuko_watanabe3 | 2007-07-19 14:33 | きょうのできごと

ふりかえり日記②

  ダンボール入り肉まんは嘘っぱちという報道があったのはこの日だったでしょうか。

 この話は、メディアのカラクリが露呈されるできごとでしたね。でも、日本のメディアは呆れてみせるばかりで、自分たちの反省の弁を言わないって、どういうこと? いや、その弁を伝えたメディアもあったのかもしれませんが、全体的には中国に対する呆れ、非難、批判ばかりで、自分たちの足元を見直そう、という姿勢ではなかったですよね。

 この話から私たちが学ぶべきは、メディアのあやうさでしょう。TVの、特に報道って、私たちは無防備に信じてしまいがち。それがいかに危険なことかを教えてくれる出来事だったと思います。それと、メディアのマヌケっぷりもおかしかったですね。週刊文春なんて、真相がわかったその日に「ダンボール入り肉まん」話が堂々トップ記事になっていましたもん。今週号の追っかけ記事はどうやってまとめるんでしょう。ちょっと興味津々。

 まあしかし、メディアを信じ込むと怖い、というのはWebだって同じことだとは思いますが。
 4年近く前、今いる会社とは別の会社にいた頃、そこに派遣でやってきた女性から、さも当たり前のように色んな年齢、ときには男性のふりをしてネットに書き込みをしていると聞かされ、よく語られることではありますが、今目の前にいる常識的そうに見える人からそう聞くと、正直怖い、と思いました。ネットの中の非常識ってことでよく槍玉にあげられる2ちゃんねるなんかの書き手にも実は中年もいたりして? 少なくとも、男性のふりをして書き込んでる女の子も、かなりいるんでしょうね。「電車男」のエピソードなんかも、2ちゃんねるの参加者自身が信じ込んで応援の書き込みなどしていたようですが、真実はどうだったんでしょう。あーコワイコワイ。

[PR]
by yuuko_watanabe3 | 2007-07-18 11:37 | きょうのできごと

ふりかえり日記①

 地震きらいです。

 横浜でこんなに怖いんだから被害にあった人はどれだけ怖かっただろう、と思っただけで落ち込みます。辛い。でも何もしてません。何もできません(てのは、思い込みか)。カンガルー募金くらいすべきでしょうか。あれはしかしよくわからないシステムですね。搾取されたりしてないんだろうか。
 神戸で地震が起きたときは、子宮全摘して不要になっていた生理ナプキンと、父が亡くなって不要になっていた大人用紙おむつを送りました。自分にやれて実際に役立ちそうなことだけするだけでも、しないよりはよいですよね。
 へえ、と思ったのは、今回ボランティアが殺到してお断りすることにもなったという報道。そのこととリンクするかどうかは不明ですが、神戸のあと、実際には報道されない部分で盗難やもっとひどいことも起きていたと聞きました。災いに乗じようとするけしからん輩もいるのは確かでしょうね。

[PR]
by yuuko_watanabe3 | 2007-07-17 11:23 | きょうのできごと

わたなべゆうこです。blog名を「女は51から」より変更しました。


by yuuko_watanabe3

プロフィールを見る
画像一覧

検索

↑当ブログの検索できます。

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

私のメアドです

以前の記事

2016年 12月
2016年 11月
2016年 02月
more...

カテゴリ

全体
最新のお知らせ
マラソン/ダイエット
わたしが過去に書いたもの
メディア/言葉/社会
映画/シナリオ
足あと帳
マイ・ジョグノート
私のダイエットメニュー
コーラス/コンサート
ゴルフ
たまには旅
きれい、かわいい
きょうのできごと
おいしいもの、おいしい店
オット:魚畑耕海
ムスコ:渡辺耕作
更年期/からだ/こころ
アート
風邪のモト=エヘン虫を追出そう
つぶやき
ブログ/HP
活字レビュー
ごあいさつ
my沖縄ライフ
未分類

ライフログ

なぜ婦人科にかかりにくいの?―利用者からの解決アドバイス集

子宮筋腫・女のからだの常識

“ほっ”とする生理痛の本―女性の悩み解決ガイド

わたなべゆうこの本

その他のジャンル

Skypeボタン

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

スポーツ
50代

画像一覧