<   2007年 05月 ( 25 )   > この月の画像一覧

ウマとシカなのであった…

何が?って自分が、ってことなのでありますが。

 いや、こんなふうに書くのはウマさんとシカさんに失礼かもね・・。
 まあそれはともかく。ゆうべオットが作ってくれたブリ大根の大根のほうを口にしたら熱いの熱くないのってあなた、いやつまり熱かったんですよ。で、アグってした両方を(お行儀わるいけど)、そのまま出してしまえばよかったんですよ。もう熱いって感じたんだから。でも食いちぎった小さい断片のほうは大丈夫そうな錯覚を起こしてしまい、私はそれを奥歯でかめそうな気がしてさらに奥のほうへ追いやってしまったのですよ(ほんとにアホだ…)。ギャ!やっぱ熱い!
 でもそう思ったときはすでに遅し!奥歯でかもうというような位置まで届いていた大根はそのまま胃袋を目指すしかなかったのであります。トホホ。
 自分のアホさ加減がつくづくイヤになりました。当然といえは当然ですが、私の食道はいまだにたぶん悲惨な状態です。一日経ってもまだにぶい痛みが続いてます。今ごろになって、あ、そうだと思い、これから飴を買いに行きます。きっと唾液をいっぱい出すと回復が早まりそうですよね。
 あ、これでも元医療系ライターですからね、こういうことが食道がんの原因になりかねないことくらい知っています。実のところそんな知識がなまじあるばかりに、余計トホホなのであります。
 で、キリンはどうだったのよ、というと、これが同世代の女5人で昼間からビールを飲めば、これが楽しくないわけがない! いいストレス解消になりましたが、まあ私はこのノドのこともあって「めでたさも中くらいなりけり」な感じでした。とはいえ途中で買った500円のカサがめっぽう気に入ったりとか、まあいい休日ではありました。
 皆様も、熱いものを食べるときはくれぐれも慎重になさってくださいね。

[PR]
by yuuko_watanabe3 | 2007-05-30 21:05 | きょうのできごと

私の背中を押したもの

 心の奥では、私にはダイエットは絶対にムリと長いこと思っていました。

 そんな私の背中を押したものは何だったか。色々あるのですが、まずは高血圧。150/100くらいが常態になっていました。原因は長年の公私にわたるストレスだったと思いますが、人生をそっくり変えることなんかできませんから、あとはやれることと言ったら、ダイエットしかないだろうと、わかってはいました。でも、3キロくらいやせてはリバウンドする、という繰り返し。
 50を過ぎてだんだん人生の残り時間が気になりだし、そんな頃にトマトゼリーの記事を読みました。これがきっかけで3キロくらいやせたときも、そこでスポーツクラブ通いを決心しなければ、いまだにやせられないままだったかもしれません。それほどに運動の効果を実感してるわけですが、ちょうどその頃、フランス在住の元女優、後藤久美子さんがTVでインタビューを受けていて、子育てや料理以外にふだんは何をしているの?と聞かれ、スポーツジムと答えていたんですね。ハアあれだけ美しい人がねエ・・と思ったのも、背中を押した1つだったかもしれません。

 もう1つ。さかのぼること約半年前。旧知の女性と再会したときおそらく10キロ以上やせたであろうと思うほっそりした姿で現れ、びっくりしたのも、今思えば私もがんばろう、と思う原動力になったかもしれません。会ったときは、私にはできそうにないことを彼女はよくやったなあ、とひたすら尊敬するばかりでしたが。

↓(続きは More をクリック!)↓

More
[PR]
by yuuko_watanabe3 | 2007-05-29 10:49 | マラソン/ダイエット

たて続けに「またやせた?」と聞かれました

 ひきしまったのだとしたら、素直にうれしい!

 先月からこのブログを再開したり仕事が忙しかったりで、メガロス通いをサボり気味だったので、先週はまたマメに行きました。体重はこのところ54,5前後で止まっていますが、少しひきしまったように見えるとしたら、やっぱり運動の成果かな? だとしたら、素直にうれしいですね。
体重は変わらずに見た目はひきしまる、というのはある意味理想的ですよね。そんな日が私にも来るなんて、と感慨ひとしおです。

 さて、玄米ご飯の続き。一度に3合ほど炊いたら、6つに分けて、これも冷凍します。書いたようにオットはもちろんムスコも玄米は敬遠するので、お昼に必ず玄米を食べたいと思ったらこの方法しかないのです。冷凍前にゴマも青菜も必ずトッピング。なぜ青菜かというと、近所の韓国食材店の「エゴマの葉のキムチ漬け」をのせたら「合う~!」とカンゲキ。それで習慣になったのですが、同じ店で売っている焼肉ダレでニラを漬けたら、これもおいしい。できあがったものを買うよりずっと安いので、最近はもっぱらこれです。ゴマは白を使ったこともありますが、香ばしさが合うので黒ゴマのほうがGOOD 。毎度同じ味つけですが、ちっとも飽きません。
 私の食スタイルはいわゆる一快食ですから、夜は制限なしに何でも思いきり食べます。一快食を解説した本などによると残りの二食は、たとえばオニギリ2個だけ、みたいな制限食になってますが、私はそれじゃムリ。食べておいしいと思えるもの、自分に合った味だったからこそ長続きしたのだと思います。

 その代わり、間食はほんとにしなくなりました。でも「全面的に禁止」にするのも、つらいもの。だから、これとこれとこれはOK、というものを自分で決めました。その話はまた今度・・。


 ところで、初めて読んでくださった同僚から、「字が小さいのねえ」と言われてしまいました。え、そう? ほかの人からも言われたから大きくしたんだけどなあ・・と言って、家に帰り自分のPCの設定をよく見たら私のは文字のサイズが「最大」になってました。気がつきませんでした。それで、フォントをまた変えてみました。特に私と同世代だと、最初に設定した「中」から動かさないでいる人が多いのではないかと思うのですよね。だから、「中」でさほど読みにくくないサイズにしてみたつもりなんですが、いかがでしょう? 
[PR]
by yuuko_watanabe3 | 2007-05-28 09:36 | マラソン/ダイエット

玄米ご飯は「あるある」で紹介していた炊き方です

b0071980_840374.jpg

 

玄米ご飯は固くて食べにくいというイメージがあるようです。


 ですが、多くの方がおっしゃることですが、最近の炊飯器には玄米モードがたいていありますから、案外おいしく炊けるのであります。未体験の方で、あらうちの炊飯器にも玄米モードがあったわ、という方はぜひお試しを!
 たとえば知り合いのおつれあいはご多聞にもれず「玄米なんかいやだ」と長いこと言ってたそうですが、玄米モードで炊いたものをしばらく食べたら、お通じの気持ちよさにやみつきになり、すっかり気に入ってくれたそうで、前から玄米に変えたかった彼女は喜んでいました。もっとも、我がオットはお通じは元から問題ない人なので、いまだに積極的には食べてくれませんがね。まあそんなことはどうでもいいや。元より折伏させようなんて気は毛頭ありまへん。

 最初は袋に書いてある炊き方を守り、数時間おいてからスイッチを入れてましたが、あの滅亡してしまったTV番組「あるある・・」で「ヨーグルトを溶かして入れるとやわらかくなる、栄養価も高まる(こっちはあやしい?)」と聞いて以来(実際食感はやわらかくなります)、ヨーグルトを入れたらすぐにスイッチを入れちゃいます。これも、恥ずかしいくらい、チョー簡単! 何しろ玄米はとぐ必要がないもんですから! この点も大助かりなのであります(以下、続く・・)

[PR]
by yuuko_watanabe3 | 2007-05-27 08:40 | マラソン/ダイエット

トマト大好き

 トマトゼリーはゼラチンではなく寒天で作ります。 
 
 2005年夏はなぜか寒天ブームが起こったのであります。週刊誌でトマトゼリーの記事を読んだときはまだブームにはなっておらず、寒天も商品棚にありましたが、2~3週間経ち再び買いに行ったら品切れ。しかも私も流行に染まった人と思われて、ムカッ。私はブームに踊らされてるわけじゃない!と怒りつつ、寒天探しに走ったものでした。今、当たり前のような顔をして棚に並んでいる寒天を見ると、ついついおかしくなっちゃいます。
 鎌田医師の受け売りですが、トマトゼリーのよいところはカロリーゼロなのはもちろん、原料は海草ですから食物繊維たっぷり、トマトの赤色の素であるリコピンは、ベータカロチンの仲間でがん予防効果も期待でき、ビタミンCも豊富、こんなとこでしょうか。
 寒天1本は標準量の水で煮溶かします。そこに私はただ缶詰めの「基本のトマトソース」を入れちゃいます。これもおからの煮物同様、チョー手抜きで恐縮です。あとは大きくて浅い密閉容器に入れて冷やし、固まったら1~1,5センチ角くらいに刻んでそのまま冷蔵庫に。おやつ代わりにしたり、サラダにしたりで、夏は特に重宝です。昨秋にあまり食べる気が起こらなくてせっかく作ったのにダメにして以来(冷蔵庫に入れっぱなしにして気付いたらカビが生えてました!)、この冬はまったく作りませんでした。暑くなってきたので、シーズン到来とばかりに、また再開です(作ったらこれも1週間以内くらいで食べるのがよいかと思います)。
 実は鎌田医師のレシピは、ナマのトマトを刻み、無塩のトマトジュースを入れる、というものでした。モノグサな私は「ホールトマト」の缶詰めを使っちゃおうと思い立ち、それならいっそスープ状になってるものを使ってもいいじゃない、と考え、現在のスタイルになりました。缶詰めのほうがリコピンが多いという説もあるし。
 でもナマのほうがおいしいかなあ。次回はまたナマのトマトを使ってみようかと思います。

[PR]
by yuuko_watanabe3 | 2007-05-26 09:04 | マラソン/ダイエット

きっかけはトマトゼリー

b0071980_8331651.jpg
 思い起こせば、今につながるダイエットの最初のきっかけは、このトマトゼリーでした。

 週刊誌に、佐久総合病院の鎌田医師がエッセイを連載していて、ご自身がトマトゼリーで数カ月で7キロだったかな、やせた事をひきあいに読者にも勧めてらしたのです。でもねえ医師はハードな日常じゃないですか。同じようにやせられるわけないじゃない、と思いましたが、でも世の中に流布しているほかのダイエット方法より心惹かれました。それで、やってみてそれから判断しよう、と思ったのです。続いたわけは、おからの煮物と同じように、おいしかったし口に合ったからですね。案の定、鎌田さんのようにみるみる、というわけにはいきませんでしたが、続けられる手応えを感じられたことが、今思えばダイエットを継続できた、大きなきっかけだったかもしれません。


ゼリーの下に敷いたのは千切りキャベツと水菜。もちろんレタスの場合もあります。ふつうのドレッシングをかけることもあれば、ポン酢にすることも。馬路村のポン酢って有名だと思いますが、あれ私大好き。オリーブオイルとシェイクしてもウマウマです。ゼリーにトッピングしてあるのはスイートバジル。何かにつけ薄味にしてハーブや香辛料で味にアクセントをつけるとよろしってことはダイエットではよく言われることですが、ほんまにそうやわ、と思います。
[PR]
by yuuko_watanabe3 | 2007-05-25 08:33 | マラソン/ダイエット

私のダイエットランチ


↓これが、
b0071980_13254947.jpg

こっち↓の奥の煮物の材料です。手前は玄米ご飯、右はトマトゼリーのサラダです。
b0071980_13434656.jpg

 チャンチャラララララ、チャンチャンチャン♪(←今日の料理のテーマソングで!) 
 今日の「ゆうこりんのダイエット講座」はメインのおかず、おからサラダの準備方法を~。材料は、サティーで100円前後で売ってるおから(通りすがりのお豆腐やさんでは100円で倍くらいの量がありましたから、近くに豆腐屋のある方はぜひそちらで)、198円で売ってるひじきの煮物(コンニャクやにんじん、油揚げも入ってます)、それと水煮の大豆です。
 さて。ナベにおからを煮込む分のダシ汁(顆粒ダシ、液体ダシ、かつぶしを少量ずつ)を入れて火にかけ、あとは材料を全部混ぜるだけ。チョー手抜きです(^^;)。最近はスーパーの煮物も薄味でクセも殆どありません。かなりいいお味です。自分流にしようと油揚げやこんぶを足したりしたこともありますが、まあそれはお好み次第。
 最初は大豆は入れてなかったのですが、BMI22が射程距離に入ってきたら、もうガマンの連続はイヤ!そろそろ食べる量を増やしたいなと思い、入れるようになりました。更年期女性の味方、イソフラボンもたーっぷりです。
 おからはすぐにいたむので、 これを5~6食分に分けたらすぐに冷凍します。で、前の日に1個冷凍庫から冷蔵庫に戻しておき、会社に持参したり休日は家でチンして食します。忘れてならないのが、七味唐辛子。これがあるとないでは、天と地ほど違います。京風の山椒の多いものを買ってきたり、自然食品屋で目新しいものを買ってきたり、今のを切らしたら次はどんなのにしよう、と少しでも目先の変わったものをいつも探しています。
 そして! ダイエット前からお通じの悩みはありませんでしたが、お昼の主食を玄米にしたらもっと気持ちよくなり、おからを加えたらさらにGOODに。笑わないでね、擬音で言うと、もうドスンドスンて感じ。2年前まではダイエットなんて私には絶対ムリ、と思っていたのに、毎日玄米とおからを食べるようになったら、そのあまりの気持ちよさにヤミツキになった、というのが、真相。デトックスなんて高尚な名前をつけるとかえって義務的な(強迫的な?)感じでよろしくない気がします。ことはもっと簡単で、カンファタブルにまさるものはないと思う、今日このごろです。

[PR]
by yuuko_watanabe3 | 2007-05-24 13:25 | 私のダイエットメニュー

パッチギ2見ました~

 意外と(井筒さん、ごめんなさい)よかったですよ。民族差別についての表現については今後かまびすしくなること必定でしょうが、私の知る限り現実のまんまです。でも、みんシネのレビューにそれさえはっきり書けなかった、日和見の私。やっぱ戦争はイヤだ、で逃げちゃった。でもそれも正直な気持ち。そういう見方でこの映画を見てほしいな、という気持ちに嘘いつわりはございません。「女は51から」というタイトルに共鳴してくださる中高年の皆様、ぜひ映画館へいらしてね!私はレディースデイ割引で1000円で見てまいりました。Web予約して行ったから待つこともなくラクチンでした。もっとも、列に並んでる人はたいしていなかったから、最近はもう当たり前?!
[PR]
by yuuko_watanabe3 | 2007-05-23 21:27 | きょうのできごと

朝食その一部

  けさの果物はりんご、あまなつ、チリ産のぶどう。

b0071980_8133070.jpg  それからブルーベリー入りヨーグルト(スキムミルクも入っています)、パンの代わりに玄米オールブラン。3枚1袋ですが3枚は食べません。食べても2枚まで。何しろ種類多く少しずつ、がポリシーです。
 バナナがあるときはバナナも。なるべく小さめのを買うので、これはまるごと1本食べちゃいます。
 けっこうたくさん食べてるでしょう? ダイエットを本格的に始めた頃はブルーベリーヨーグルトしか食べてませんでしたが、だいたいこんな食べ方に落ち着きました。
 しかも飲み物は飲み放題! といっても、砂糖なしのミルクコーヒー程度ですけどね。でも買い置きがあるときはジュースでも牛乳でも飲みたいだけ飲みます。
 食後はりんご酢をたらした水で服薬。降圧剤です。たまに思い出したようにクエン酸を加えたりします。
 これで私の朝食タイムは終了。今日は休日のため10時からのアクアビクスに出て、余力があればWAVEをやり、2時半にウォーキングで家を出て「パッチギ2」を見に行きます。さてどんな感想になるでしょう。それにしても、映画は「プラダを着た悪魔」以来、半年ぶり。もうちょっと観に行きたいものです。今年後半はもっと行くゾ~!

[PR]
by yuuko_watanabe3 | 2007-05-23 08:13 | 私のダイエットメニュー

久々に45分のアクアダンスに参加

  プールでムスコの小学校時代の同級生のお母様と遭遇。

b0071980_23231079.jpg
 私と同じく高血圧で医師からやせなさいと迫られてるとか。私もねえ1ヵ月1キロなんて絶対にムリと思ってたけど、ブルーベリーヨーグルトの朝食と、玄米の昼食、それとアクアダンスを続けたら何とかなったのヨ~、とエールを送っておきました。
 気がつけば私のダイエットライフも2年近くなってきました。まだこれからも続けます。お仲間の皆様、一緒に持続していきましょうね~(^_^)v。


お花は先日のマーガレット同様、うちの団地で特別にイキのいいお花の一角にあったもの。誰かが特別に丹精してる花壇のようです。
[PR]
by yuuko_watanabe3 | 2007-05-22 14:25 | マラソン/ダイエット

わたなべゆうこです。blog名を「女は51から」より変更しました。


by yuuko_watanabe3

プロフィールを見る
画像一覧

検索

↑当ブログの検索できます。

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

私のメアドです

以前の記事

2016年 12月
2016年 11月
2016年 02月
more...

カテゴリ

全体
最新のお知らせ
マラソン/ダイエット
わたしが過去に書いたもの
メディア/言葉/社会
映画/シナリオ
足あと帳
マイ・ジョグノート
私のダイエットメニュー
コーラス/コンサート
ゴルフ
たまには旅
きれい、かわいい
きょうのできごと
おいしいもの、おいしい店
オット:魚畑耕海
ムスコ:渡辺耕作
更年期/からだ/こころ
アート
風邪のモト=エヘン虫を追出そう
つぶやき
ブログ/HP
活字レビュー
ごあいさつ
my沖縄ライフ
未分類

ライフログ

なぜ婦人科にかかりにくいの?―利用者からの解決アドバイス集

子宮筋腫・女のからだの常識

“ほっ”とする生理痛の本―女性の悩み解決ガイド

わたなべゆうこの本

その他のジャンル

Skypeボタン

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

スポーツ
50代

画像一覧