<   2007年 04月 ( 17 )   > この月の画像一覧

昨日の続き

 はとむぎ茶について、続きです。

 私がなぜ、はとむぎ茶に関心を持っていたかというと、仕事で漢方のことをよく知るようになった、比較的初期の頃に、漢方処方の多い医師だったかそれとも薬剤師だったか忘れましたが、かなり信頼のおけそうな人の書いた文の中に、「自分の先生から女性に処方する場合必ずヨクイニンを加えるように教わった、なぜなら色白にする効果があるから」と書いてあったのです。ちょっとひねくれもんの私は、ふーん女性ならみんな色白になりたいだろうというのはそれも一種の偏見よね!なんぞと思っていたのですが、その後、いろんな機会に漢方を知るにつけ、専門家にとっては美肌効果といえばヨクイニン、というのは当たり前すぎるほどの常識だということがわかりました。中国で漢方医資格を取った方から直接レクチャーを受けたときも、シミに悩む人はヨクイニンを飲むだけで実は薄くなりますよ、と教わりました。
 で、ふと、最近ますます種類の多くなっている健康茶の商品を見てみると、はとむぎは必ずといっていいほど入っていますよね。甘いものがからだを冷やす、だからジュースはあまり飲まないほうがいいという説があります。できたら夏場であっても温かいお茶を飲むのがからだには一番よいんだそうです。たとえ冷たく冷やしたお茶でも、ジュースよりはお茶にしたほうがいい、という説を、一理あると思った私は、一時は毎日のようにソウケンビチャを飲んでいたこともありました。でもあれを飲んだからといって、肌の赤みやシミが薄くなった気はしませんでした。でも自分で煎じたはとむぎ茶には2週間で変化を感じたのですから、やはり手作りに勝るものは実はない、というのは普遍的なことなんじゃないかなあと思います。


私が使っているウチダ和漢薬の当該ページを見つけました。でも写真とかは入ってなくて、わかりづらい。とりあず商品のバーコードで確認したら、私は中段の4987359615115というやつを使っているようであります。ほかのページにハトムギ 10g x 45包 というのもありましたけど、たぶんこっちのほうが値段は高いでしょうね。なぜ価格表が出ていないかというと、これは実は漢方薬の値段は従来、漢方薬局によって違う、いわゆるオープン価格になっているせいではないかと思われます。実は漢方薬って、薬局によって仰天するほど値段が違うんですよ~。こういうことももっと大手メディアなんかが書いたらいいのに、と思うけどね・・。

↓(続きは More をクリック!)↓

More
[PR]
by yuuko_watanabe3 | 2007-04-30 10:41 | 更年期/からだ/こころ

ほほの赤みを酒さというのね

 初めて知りました。

 自分にもその傾向はあるのですが、更年期前後になってのほほの赤みを酒さというんですね。今朝の新聞に出ていたのですが、またまた新聞の功罪両方を感じます。

 功のほうは、知らなかったことを教えてもらえる、罪のほうは「皮膚科では塗り薬、抗ヒスタミン薬、ビタミン剤、抗生物質などを処方します」と書いてあるから、解決法はそれしかないように読めてしまうことですね。しかもお決まりのように「香辛料やアルコールは控えることが大切」と書いてあります。控える、というのは実にわかりにくい言葉で、じゃあ実際にどれぐらいの量ならいいの?という質問に的確に答えられる医師はまずいないと思われます。香辛料やアルコール自体が悪者のはずはないのに、なぜかいつもネガティブに書かれることが不満な私です。医者はほかに思いつくことがないからこんなこと言ってんじゃないの?と思うであります。
 さらに「紫外線もよくありません、なるべく日に当たらないようにしましょう」ですって。じゃあ酒さのある人は引きこもりになって家にいたら一番よい対処法だとでもいうのかしらん? 新聞記者が取材して書いてあるにしちゃあ、ずいぶんいい加減な文です。最後に「外出するときは、何もしないより日焼け止めを塗ったほうがいい・・ただ悪化するようならすぐにやめましょう」ですと。何てマヌケな文なのかしら。しかも、女性なら一番関心が高いはずの紫外線対策をうたった化粧品のことには何もふれていません。取材されてる医者も男だし、この記事を書いた記者も、きっと男に違いありません。ヤレヤレ・・。


↓(続きは More をクリック!)↓



More
[PR]
by yuuko_watanabe3 | 2007-04-29 08:43 | 更年期/からだ/こころ

リクエストにお応えして

 楽天のブログでは、オットの迷言・珍騒動も書いていました。

 このたび、その復活を期待する?コメントをnegi4さんから頂戴しましたので、こちらで再開いたします。
 とはいえ、そもそもオットはオカシナ人ではありますが、爆・話をそうそう量産してくれるわけでもないので、今回ご披露する話は、私とムスコはのけぞりましたが、お読みになる方にとって面白いかどうかはわかりません。とまあ、前置きはさておき。

 昨年末のある日。家に帰ったらオットとムスコが「ウエストサイドストーリー」を見ていました。うちではささやかなゼイタクとして、CSとBSの両方を契約しているので、昔の名画などもしょっちゅうTV画面で見ることが出来るのです。二人は基本的にミュージカルぎらいなので、「おや、めずらしい」と思いましたが、案の定、鑑賞に身が入らないらしいオットがブツブツ語り始めました。「前にさあ、一緒に仕事していたとき、コピーライターの眞木準さんにも言ったことがあるんだけど、ウエストサイドストーリーって、本物はこれじゃあないよなあ」。

 ムスコと私は、キョトン。最初は何を言ってるのかわかりませんでした。これじゃない「ウエストサイド・・」って!? まさかとは思いましたが、念のため聞いてみました。「あのお、たとえばミュージカルじゃない、つまり歌や踊りの入らないウエストサイドストーリーがあるだろ?って聞いてるの?」
 ミュージカルじゃない、ということは、ストレートプレイの別作品ということですかね? 

 「いや、そうじゃなくて・・」というまともな話になるかと思いきや!


 ↓(続きは More をクリック!)↓

More
[PR]
by yuuko_watanabe3 | 2007-04-25 10:46 | オット:魚畑耕海

心の闇

 起きがけにふと「昨日そんなに呑みすぎた?」と考えた。

 小さなグラスで水割りと発泡酒と・・遅く帰ってきたムスコにつきあってまた少し発泡酒を呑んだけど、さほどの量は呑んでいないはず。なのにこのからだの重さは何だろう、おかしいなあ、少しカゼの兆候があったのがぶり返したのかしら。でもノドの痛みはもう消えているけど・・。
 そう思いつつ、今日は寝坊できる日なのでまたまどろみ始めて、ハッと思い出した。そうだ、いやな夢を見たのだ。こわれた人間関係の相手が夢に出てきて、「前よりここはこんなによくなった」と自慢話を始めたのだ。実名で語っている以上、10年前の私を知っている人には、私が誰のことを言ってるのかすぐばれてしまう話なのだが、悔しいけれど、私はまた私を非難されたと感じ、その場で椅子をけって立ち上がり、つかみかからんばかりに、いや実際につかみかかって相手を罵倒したような気がする。そして部屋を出て、それでも納まりきらずに愚痴をまきちらした・・そこまでが覚えている、夢の顛末である(いや夢の中だから、ほんとは実際につかみかかったわけではないけれど、そのときの私の心のありようは真実だったと思うわけです)。
 朝のどんよりした疲れはその憤りによるものだったのでしょう。もう過去のこと、として封印したはずなのに、なぜ今日になって私の心が「いやそうじゃないでしょ?」と意地悪く思い出させたのか、自分でもわからない。今も昔も、私はその人のことを憎んでいるわけではない。当時のストレスももう終わっている。だが、現在は現在でまた別のストレスを封じ込めている自分がいる。そのゆがみを心が察知して、私に、何かを警告しているのかもしれない、とふと思う・・。


↓(続きは More をクリック!)↓


More
[PR]
by yuuko_watanabe3 | 2007-04-24 10:12 | きょうのできごと

ネタ切れ

b0071980_1044199.jpg
 これは実は去年の桜です。この数日忙しくて写真を撮ったり文を書いてる時間がひねり出せません。えーん。前の携帯電話で撮ったデータなので、新しいカメラで撮ったものと比べるとイマイチ。だからサイズは小さくしました。 
[PR]
by yuuko_watanabe3 | 2007-04-23 10:56 | きれい、かわいい

オ・プレチェネッラは本当にステキな店です

 オ・プレチェネッラ 
のホームページがいつのまにか出来ていました。 


 いや、単に私が気づかなかっただけなのかもしれませんが。
 この店の前を初めて通りかかったのは2002年、実際に初めて食事に行ったのは2003年だったと記憶しています。息子と交わした「何か美味しいものを食べたいね」がきっかけで、偶然足を運んだ日の感激は、今でもまざまざと覚えています。美しく洗練されてて、でもそれだけじゃなくてしっかりとしたテイストの前菜、ちゃんと取り分け皿が適度に温めてあったパスタ(カルボナーラのからみかたが絶妙でした)、モチモチとしたピッツァ(生ハムの軽い塩味、モッツァレラチーズの食感が今もよみがえります)、パンがなくなったときに「お持ちしましょうか」と声をかけてくれたタイミングのよさ、リーズナブルな値段なのにすごくいい内容のグラスワイン、びっくりするほどおいしかったドルチェ・・。


↓(続きは More をクリック!)↓

More
[PR]
by yuuko_watanabe3 | 2007-04-21 00:36 | おいしいもの、おいしい店

クラフト展のお知らせ

 友達が出品します。
 
b0071980_13364677.jpg
 職場の同僚で本業はガラス作家のⅠちゃんが、もうすぐ横浜・赤レンガ倉庫で行われる「現代 匠のクラフトワーク展III 」に作品を出品します。
 写真は前回、原宿でグループ展が開かれたときの彼女の作品です。私の撮った写真ではよくわからないと思うし、左側のオブジェ(彼女は最初ランプシェードとして作ったそうなのですが、私も含めみんながオブジェというからもうオブジェでいい、と笑っていました)の全体を撮ったもう1枚があったのでそちらをできたらアップしたかったのですが、気づけばギャラリーの表にいらした女性の姿が目立ってしまい、あえなく断念です。
 とっても応援したい気鋭のガラス作家ですから、みなさん観にいらしてねえ。(彼女の許可を貰ったら、名前をお知らせします)

[PR]
by yuuko_watanabe3 | 2007-04-19 13:11 | アート

サンラータンもどき

 写真は今日の私の昼食です
 b0071980_122855.jpg
 おとといイタリアンに一緒に行った友人は、前の職場の同僚で、私たちはことごとく食の好みが合うのです。だから、会えばリーズナブルでおいしいものの情報交換に余念がありません。その彼女から「辛ラーメンに酢をたらしてみたら、おいしかったの~、サンラータンは辛くて酸っぱいわけでしょ、そうだ、とひらめいてお酢を入れたら大正解!」という話を聞けば、さっそく試してみたくなります。

↓(続きは More をクリック!)↓

More
[PR]
by yuuko_watanabe3 | 2007-04-19 12:11 | きょうのできごと

コジロウくんと姪たちに会いました

 この子は妹のうちにいるコジロウくんです。

b0071980_23221813.jpg 彼のおうちには「ミイのお部屋」と書いてあるんですけどね。捨て猫だった彼を近所で救出したとき、猫を飼ったことのなかった妹・家族はメスだとばかり思っていたので、正しくオスとわかったあとで、命名はコジロウ、と相成りましたが、おうちの名前はそのまま。何か、ちょっと笑えます。
 私が見てもオトコマエだと思いますが、他の猫好きと同様、妹一家のねこかわいがりようはかなりです。彼のいない人生は、もう考えられないんだなあ、ということを、いつ行っても感じます。まあそれはさておき・・。
 昨日の「ア・マシケラ・ロ・プレチェネッラ」には、やっぱりふれておかなくては。何もかも期待以上でした。そのおいしさと感激を正確に伝えるのは至難の業。もし機会があれば別の折に書きたいと思いますが、ほんとにステキなお店で、ゴージャスなお味でした。出迎えてくださったマネージャー?は今まで「オ・プレチェネッラ」にメインでいらした方。味とサービス、居心地のよさは、もしかしたらある意味で「オ・プレチェネッラ」以上かも。予約制じゃないとこもいいなと思いますが、これは今後込み合ってしまったら、結局変わるのかもしれないですけどね・・。
 さて今日は、久々の休日でしたが、スポーツクラブはパスして、横浜駅周辺へ。あれこれ買い物をしました。ソニープラザでアヌエヌエの乳液、無印良品でラベンダーのエッセンシャルオイル、シァルで辛ラーメン、成城石井でモッツァレラや天塩の塩コショウとか、エトセトラ。ここしばらく買いたいと思っていた、地元で買えないもの、地元より安く買えるものはほぼ買いました。あちこち歩き回って、かなり疲労したため、私のダイエットのルール<夜6時までは間食しない>を破って、ドトールでベルギーワッフル(チョコレート)を食べちゃいました。思った以上にさっぱり味。これならカロリーも低めかも。元気回復したところで、今度は姪たちのために、そごうの紀伊国屋書店と、それからとってかえして、ビブレのHMVへも・・。

↓(続きは More をクリック!)↓




More
[PR]
by yuuko_watanabe3 | 2007-04-18 23:21 | きょうのできごと

ぬれそぼるツツジ

 今日はツツジを撮ろう!と決めていたのに、雨でした。さむい、さむい。
 ツツジもシトシトになってます。4月中旬といえば、毎年今ごろはもう半袖になったりしてました。
 あまりの寒さに、映画「デイアフタートゥモロー」を思い出したりして。荒唐無稽と酷評する人もいたけれど、ほんとに地球はかなりヤバイことになっているんじゃないでしょうか。


b0071980_9442520.jpg  さて実は、写真だけの日と記事も入れてる日の違いは何かというと、生きる糧を得る為の仕事を長時間入れてる日は基本的に写真だけ、と決めたのです。ある程度の内容の文を書くとなると時間がかかりますが、写真だけ入れられればいいや、と思うと、とっても気が楽。やっと自分なりのブログスタイルが見つかったような気がします。

 明日は火曜日ですね。ふだんの火曜は仕事は夕方だけなので、本来は「記事も書く日」にしたいところでしたが、シフトを変更してフル勤務にし、さらに夜は新しく出来たイタリアン「ア・マシケラ・ロ・プレチェネッラ」(私のイチオシ「オ・プレチェネッラ」の姉妹店です)に友人と行くので、たぶん明日は、写真のアップだけさえできるかどうか、あやしいです。久々の気晴らしですもん、楽しんできます。お店の料理を撮影してアップしている方もいますが、私はそういうのは趣味じゃないので、撮ってきません、あしからず。
(「オ・プレチェネッラ」もそうでしたが、新しい店舗も呆れるほど?内装に時間をかけていました。最初は3月下旬にオープンと聞いていたのに、4/6にずれこんだほどです。3月中旬に前を通りかかったら、もういつでもオープンできそうなものなのに、というくらい完成していたんですが、手を入れていました。きっとオーナーさんにこだわりがあるのでしょうね。今の日本にはなかなかない店のひとつだと思います。こういう本物のこだわりの感じられるお店が横浜にある、ということを誇りに思います。紹介されているページにリンクしようかと思いましたが、まだあまり魅力的なページが見つからないので、またの機会にします)

[PR]
by yuuko_watanabe3 | 2007-04-16 23:32 | きれい、かわいい

わたなべゆうこです。blog名を「女は51から」より変更しました。


by yuuko_watanabe3

プロフィールを見る
画像一覧

検索

↑当ブログの検索できます。

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

私のメアドです

以前の記事

2016年 12月
2016年 11月
2016年 02月
more...

カテゴリ

全体
最新のお知らせ
マラソン/ダイエット
わたしが過去に書いたもの
メディア/言葉/社会
映画/シナリオ
足あと帳
マイ・ジョグノート
私のダイエットメニュー
コーラス/コンサート
ゴルフ
たまには旅
きれい、かわいい
きょうのできごと
おいしいもの、おいしい店
オット:魚畑耕海
ムスコ:渡辺耕作
更年期/からだ/こころ
アート
風邪のモト=エヘン虫を追出そう
つぶやき
ブログ/HP
活字レビュー
ごあいさつ
my沖縄ライフ
未分類

ライフログ

なぜ婦人科にかかりにくいの?―利用者からの解決アドバイス集

子宮筋腫・女のからだの常識

“ほっ”とする生理痛の本―女性の悩み解決ガイド

わたなべゆうこの本

その他のジャンル

Skypeボタン

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

スポーツ
50代

画像一覧