カテゴリ:コーラス/コンサート( 22 )

ワハハハ・・とうとう第九への参加を申し込んでしまった!

 Tさんから誘いがきたときにK谷さんにその話をしたら、K谷さんのほうがむしろ「やりたい!」と言い、「本気で?」と聞いたら「本気で」と言うので、とうとう申し込んでしまいました。

 たまたまこの半月、みなとみらいではなく川崎のK谷さんのいるビルで働いてるために接点が多く、それでこういう偶然が起きたもので、もしTさんからの誘いのさなか、K谷さんがそばにいなかったら、申し込みには至っていなかったかもしれません。タイミングって不思議だわー。

 特に歌が得意というわけでも、クラシックファンというわけでもない私。でも、ひょんなことから「レクイエム」と「メサイア」に3年前に参加し、あとは一生に一度くらい「第九」は参加してみたいもんだ、と思ってはいたので、まあよい機会かもしれません。

 但し「レクイエム」と「メサイア」のときとは違い、東京FM主催、練習は出ても出なくても可、オーディションはないのはもちろん、パート分けもない、というユルさ。「レクイエム」と「メサイア」の指導者、郡司博先生の指導は厳しいけど緊張感があってそこがいいんですけど、ユルい練習は物足りないかも!?なんて、早くもズーズーしいことを考えたりしています。偶然ですが、郡司先生も今年は日フィルの合唱団の第九を指導されるもよう。Tさんはそちらにも参加したいようなことを言うのですよ。かなり本気らしい。郡司先生が私の好きな先生だと知って、驚いていました。

 ところで、あさって、神戸、大阪、京都へと小旅行へ行きます。まだ何もしたくはできてないのだけれど・・。11:30の羽田発なので、けっこう余裕。個人で3日間でこのコースを企画したらそれはそれでけっこう大変そうなので、まあまあいいツアーかなと。さあ、明日の仕事を心おきなくするために、そろそろ寝なくちゃ。おやすみなさい。
[PR]
by yuuko_watanabe3 | 2011-06-16 00:08 | コーラス/コンサート

今夜はK谷さんとデート

 K谷さんと加藤登紀子コンサートと浅間下「のむさん」へ行く予定。

 K谷さんは、走るようになった私に多大な影響を与えた人です。前にもちょっとご紹介しましたが、約5年ほど前に職場で知り合ったとき、およそマラソンなんてするタイプに見えなかった彼女から経験談を聞いていたことが、「私にもできるかしら」と思うようになった、最大のきっかけのだったかも。おそらく今のようなマラソンブームを目にしても、彼女と知り合ってなかったら、「私には一生縁のない世界」と知らん顔していたことでしょう。ひいては、彼女と出会っていなかったら、トミーや横浜健走族、ジョグスパでの出会いなどもなかったはずですから、出会いというもののもっている大きさをひしひしと感じます。

 その彼女から、NAHAマラソン行きを決める前に、「今年も年末はおトキさんのコンサート行かない?」と誘われ、二つ返事で「行く~」と言ってしまったので、遊びすぎのさなかなのにコンサートだなんて分不相応だなあ、とちょっと(というか、かなり)反省。オットよ、ごめん。

 ところで。新しい職場への異動日が正式に決まりました。15日から。その前、11~14日はこれまでと同じ部署。少しリキを入れて仕事しないとね。こんなご時世ですから、何があるか分からないし。しばらくは仕事がんばろっ!と決意してます。
[PR]
by yuuko_watanabe3 | 2009-12-10 16:40 | コーラス/コンサート

音楽ジャンルのカテゴリ作らなくちゃナア・・。

 ↑としょっちゅうブツブツ言ってるのに、まだやってません。

 今日もこれから出勤で、9時過ぎまでの勤務だし、ムリ。
 まあそれはともかく、はたさんのピアノコンサートは、彼女が音楽表現やその分かち合いの理想を何においているのか、ということが少しずつ明確になりつつある、ということを実感するコンサートでした。

 詳しくはまた書きますが、私以上に感激していたのはオット。彼女のピアノはもっと多くの人に知ってほしい、とやや興奮気味?! 
 ナマのクラシック音楽にもこんな可能性があるんだ、ということをもっと知ってほしいと思うけど、たとえば若者たちがいっぱいやっているバンド活動で使っているような方法論が、応用できないですかねえ・・。ちょっと考えてみよう。

 4/28 やっと、コーラス/コンサートのカテゴリつくりました。ホッ。
[PR]
by yuuko_watanabe3 | 2009-01-24 07:46 | コーラス/コンサート

メサイア、終わりました。

b0071980_1145026.jpg

 写真は、紀尾井ホール前のホテルニューオータニのクリスマスツリー。メルヘンチックで、さすが、かな。でも、ゲネプロあとの休憩時間にフラッと行ってみたら、昔はにぎわっていたアーケードがシーンとしてたりして、時代の変遷を感じずにはいられませんでした。

 コーラスは、最後の最後まで手こずった2つの楽章のうち、最初のヤツを何とかやっつけてホッとしたのもつかのま、もう1つの楽章はボロボロ。うーん、クヤチイ。でも、最善を尽くし、またK林さんから言われた「クチパクなんてしちゃダメ!」を実践できたから、まあ、よしとしましょう。私の関係者は今回は、オットと、オットが長年お世話になったISさん、そしてムスコも来てくれました。紀尾井ホールのようなステキな場所でドシロウトが歌っちゃったのはあつかましい話ですが、個人的にはよい思い出になりました。帰りはモツレクの帰りに寄ったオサレなヨーロッパ風パブでカンパイ。すぐそばの席にアルトのソリストの方もお友だちらしき方と見えていました。ムスコにささやかなクリスマスプレゼントも渡せたし、何かいいイブでしたー!

 あ、だけど、今日はコーラス前にメガロスでアクアダンスした後、トミーのとこへ寄ろうとしたら彼がなぜか意味不明の(貼り紙もないまま)休診だったりして、これはなーんか不安、不穏な感じ。プールで会ったIさんが「トミー、月曜日やってなかったよ」とのことですから、もう連続2日ということになります。患者思いの彼が、いったいどうしちゃったんでしょう。接骨院に電話すると、知らなかったけどどうやら自宅に転送になってる様子なんですが、誰も出ず。3匹いるはずのワンチャン、どうしてるんでしょう。何が起きたんでしょう。心配です。明日、彼の師匠筋にあたるという戸塚の接骨院(名前不明)を探して、かたっぱしから電話してみるつもり。連絡ついたら、きつーくお説教しなきゃ。
[PR]
by yuuko_watanabe3 | 2008-12-25 01:14 | コーラス/コンサート

24日の本番が近づいてきました。

 ここまできて風邪をひくわけにはいきませんから、職場でも基本的にはマスクしてます。

 そして、毎朝ウガイ。帰宅したら手洗い、これも毎日です。手洗い、これはほんとにバカにできないです。標語にはなっていても、ほんとにマメにやってる人は少ないんじゃないかと思うけど、カゼひきたくなかったら、やったほうがいいですよ~。

 さて。昨日は早番。帰りにカラオケで練習しようと駅に向かう途中で、「あれ。こんな年末の夜にカラオケに行っても混んでるだろうなあ」と気づき、騒がしい某所に木製のベンチがあったことを思い出し、そこで費用0円でマスクのまま1時間近く歌の練習しちゃいました。チョイ寒かったけど、我ながらナイスアイデア! エヘヘ。

 そして、久々のメガロスへ。4.5キロを26分半で。最近はコンスタントにキロ6分をきるペースです。ここに書き忘れてましたが、やっと届いた湘南マラソン10キロのネットタイムは1時間4分16でした。自己ベストだったタートルには及ばなかったけど、こちらは天候がわるくアップダウンもありましたから、それを考えればまあまあかな。
[PR]
by yuuko_watanabe3 | 2008-12-23 07:39 | コーラス/コンサート

濃いーい一日

 コーラスの重圧やら仕事のストレスを忘れ(てはいないが)、久々に休日らしい一日を過ごしまた。

 朝からメガロスでK林さんとアクアダンス。からだを動かしているあいだにそろそろ降圧剤をとりに行かないとヤバイと気づき、K林さん入浴中に、隣のビルのクリニックへ。昼前に再度落ち合い、恒例の天王町グルメめぐりで、未知数でありましたが粗挽きハンバーグの店「スパイシードラゴン」へ。いやはや、ここはイマイチどころかイマサンくらいで、久々の凡打でありました。味ダメ、接客ダメで、いいとこなし。まさかプール帰りのオバサンにブログで名指しでダメ出しされるとは思ってもいないでしょうけど、YBPのヤンエグたちが味オンチなはずもないので、今のままの味と接客でやっていくなら早晩、この店の将来は決まったようなもんでしょう。もっと謙虚にやってほしいものです。(味くらいは具体的に書いておきましょうかね。肉がパサパサで、ある程度いい肉を使ってるんでしょうね、という片鱗しか残ってない。ソースは確かにスパイシーだけど、うまいというシロモノではありません。肝心な肉の味はねぼけていて、スパイシーどころじゃない・・です。)

 次は、股関節の調子が悪いというKさんと、先週の「アクアクラッシュ」で腰をいためた私は、これまた恒例のトミー詣で。偶然、私たちに続いて、労災・通院中のランニング仲間K谷氏がやってきたので順番を譲り、ポカポカした待合室で、二人でおしゃべり。ゆっくりたっぷりトミーにケアしてもらったあとは、松原商店街のダイソーやら柳屋でお買い物。前日に職場で同僚と「これいいよね」と言っていた「ホコリとり」の簡易モップを見つけ、ゴキゲン。うちのホコリはこれ一つで何とかなるようなものではありませんが、気は心?
 
 一度家に帰ろうかと思っていたものの中途半端な時間になってしまったので、さらに松原をウロウロしていたら、買い物にやってきたオットと遭遇。初めてK林さんに紹介することと相成りました。「若いじゃないの」「え? そうですかー、今仕事してない自由人だからかなあ」と私。

 関内で6時過ぎに加藤登紀子を聞きに行くんですよ、という私にまだK林さんはつきあってくださるというので、「そうだ」と思い、一緒に馬車道へ。関内ホール近くの「レ・グラヌーズ」のラスクとコーヒーでお茶しました。私のイチオシのラスク、K林さんも気に入ってくださったようで、ランチの不満をここで解消した感じ?
 まだ時間があったので、関内駅地下道のマリナードはここからだとどう行けばいいのかな?というK林さんにおつきあいし、さらにブラブラ。彼女が9月にも訪れたというブティックは、天王町や松原商店街も顔負けのお安さ。とはいえ、よほど気に入らないと洋服は買わない私。K林さんの「これどうかしら?」にも、正直に「いやあ・・・」。一通り見てもたいして食指は動かなかったため、「じゃ、出ましょうか」となったのですが、その瞬間、目に飛び込んできた一着のカットソー。いやあ久々の出会いでしたね。ちっちゃなボレロがついてるような(実は縫い付けてある)キュートなデザイン。ボレロ様の部分は刺繍にも見えるようなペイズリー柄になっています。色は全体にパープルの濃淡。いやあ、あまりにツボで、久々の衝動買いしてしまいました。2100円ナリ。これで3000円前後だったら買わなかったと思いますけどね、

 おトキさんのコンサートは、大地の会で共同購入してる友人のK谷さんが会を通じて申し込んでくれました。そういうワクがあるらしい。チケットぴあやプレイガイド(て、今もあんの?)で買うより確実で申し込みやすい模様です。
 実は一昨年の同じコンサートも、K谷さんが誘ってくれて一緒に行き感激しましたが、今年のコンサートのほうがさらによかったですね。年齢的なこと、社会情勢もあるからでしょう。この一夜のこのコンサートを大切にしたい、その思いがヒシヒシと伝わってきます。

 観客はほぼ私たちと同世代だろうと思う人たちが、大半。だからかな、コンサートだというのに、全員が座ったまんま。別に若ぶるわけではありませんが、一昨年初めて行ったときも今回も、私にはすごく違和感が。ああやっぱりおトキさん自身もはがゆかったんだー!と思ったのは、前回のコンサートの終盤、「ねえ立とうよ、信じられないよ」みたいなことを言ったのでした。でも、ほとんどの人が立たなかった(笑)。私も信じられなかったですよ。でもそのとき思ったのは、長年コンサートに通い続けているファンやファンクラブ(があるのかどうかよく知らないけど)の人たちが率先してアーチストの意を汲み、ノリを盛り上げるような工夫をすべきなんじゃないの?ということ。少なくとも、私みたいな一見の客をハラハラさせるのはコンサートの運営がへただなあ・・と思ったのでした。

 そして、今日。やっぱり終盤まで客はおとなしく座ったまま。もちろん手拍子したり、「一緒に歌おう」と言われればがんばって(?)歌うし、善良な観客なんだけど、ファンキーじゃありません。私は精一杯、手を高くあげて手拍子したりして、彼女に「ノッテルよ~」の意思表示をしたつもり。でも、ふと気づけば、最前列に車椅子の人がいます。また、私なんかよりさらに高齢層だと腰やヒザの悪い人も多いということ、最近は私自身つくづくよくわかります。おトキさんもそのあたり考えて今日は「立って」と言わないんかな、と思っていた、最後の曲。何と私も大好きな「飾りじゃないのよ涙は」と言った後、彼女が何と呼びかけたか、熱気でよく聞こえなかったのですが、前のほうの人たちが立ち上がり始めました。私は「そうこなくちゃ!ライブのしめくくりに、お行儀よく座ってるなんてありえなーい」といそいそと立ち上がったのですが、びっくりぎょうてんしたことに、まうしろの席の女性たちが「見えないじゃないの~」と私に文句を言うのです。黙って座りなおすような私じゃありませんから、くるっと振り返って「おトキさんが立ってって呼びかけてんだから、立てばいいじゃないですか」と言って、無視。驚いたことにそのあとずーっとその人たち「見えない」と文句を言いっぱなし。私たちにも彼女たちにもあと味のわるいものになっちゃった感がありますが、とはいえ私の目には私の前のほぼ全員が立ってノリノリになってるとこしか見えなかったから、「これでよいのだ」と思ってるけど、でも、ライブってのはからだを動かして音楽を体感することに醍醐味があるとわからない人たちにわかってくれというほうがムリなのか、それとも私はあと一言、「からだがおわるくて、立つことが出来ないんですか?」と聞いてさしあげるべきだったのか、帰ってきた今も、ちょい悩みます。まあ決して広いとはいえない席にふつうに座ってる方々だし、お見受けしたところ、ハンディを持ってる方々には見えなかったですけどね。

 まあしかし、コンサート全体はとってもよかったです。上記のことは横浜ならではのことでもあるのかもしれないから、K谷さんとは「来年も行こうね」と約束しましたが、来年は東京の「ほろ酔いコンサート」に行けないかなと彼女に言ってみようかな・・。

 帰りは、関内の「天下鳥」と「シシリヤ」2軒ハシゴしたけど、どちらもリーズナブルでおいしくて、ふりかえれば何ともゴージャスな休日でした。ま、終わりよければすべてよしじゃん! という感じ!?
[PR]
by yuuko_watanabe3 | 2008-12-11 01:11 | コーラス/コンサート

ん~、何とかなったかな!?

 24日は、紀尾井ホールで、「メサイア」に参加します。

 まだアヤシイとこはありますよ、そりゃ。正直に申告すれば。でも、ちょっと前までのとんでもない状態は何とか回避できたかな・・と。これから先も、あと少しでも向上をすべく努力しますともさ。でも、コーラスはもうこれっきり~これっきり~と思ってますのでね、一緒にハラハラドキドキしてくださる方は、メールください。チケットお送りしますので!
[PR]
by yuuko_watanabe3 | 2008-12-07 23:06 | コーラス/コンサート

仕事そっちのけで毎日歌のおけいこ!

 24日が本番で、練習会場に行かれるのもあと2回ですから、今週は仕事は二の次です。

 同僚の皆様、ごめん!なのであります。
 いやあそれにしても、小学生の頃に親に連れられて聞きに行っていたこの曲がこんなにも難しいものだったとは! そもそもわたくし、コーラスというものをなめていたかもしれません。いやはや、シロウトというものはコワイものです。本当は本番直前にこんなことを言っているようでは、紀尾井ホールになど立てる資格はないでしょうよ、ということは、この本人が一番よくわかっています。あーでも、神様お願い。無謀にも30年ぶりにピアノを弾こうなんて思ってしまったとき、奇跡的に何とかなったのと同じ奇跡を、どうか私にお与えください。アーメン。
[PR]
by yuuko_watanabe3 | 2008-12-05 17:59 | コーラス/コンサート

明日から歌の自主トレ!

 コーラスの舞台に立てるかどうかの瀬戸際であります。

 実際、今のままじゃムリ! 
 でも、イブの日に何とか紀尾井ホールの舞台に立って、思い切りやったからこれで終わり!  の爽快感を味わいたいものです。
 去年の今頃はホノルルマラソンについてそう思っていたことを考えれば、ほんとに「これで終わり」かどうかはアヤシイですが、そうこうしてると、来年シナリオセンターに行きそびれちゃうから、コーラスはほんとに、これで終わり!のつもり。だから、明日とあさっては今まで以上にガンバリます。(の、つもり。)
 それでもあさって夜に池袋の練習会場に行って「やっぱりムリ」と思ったら、チケットだけ買わせてもらって、撤退も考えようか、と。
 あー、でも、それは悔しいよ~。モツレクのときは、一度歌ったことのある曲だったとはいえ、できるだけのことはやった、という思いで本番に臨むことが出来ました。その思いをもてるかどうか。問題はそこです。できるだけのことはやった、一緒に舞台に立つ方々に失礼なことはない! と思えるかどうか、です。
 もう一度、郡司先生の指揮のもと、歌ってみたい。その思いにかわりはありません。ほんと。できるだけの努力はします。(そのために、職場で人が足りないのがわかっていながら、半ば強引に休みをとりました)
 やるっきゃない!のであります。
[PR]
by yuuko_watanabe3 | 2008-12-01 21:24 | コーラス/コンサート

まいったまいった

12/24のメサイアはだんだん本気でアヤシくなってきました。

 つまずきの最初は2日。池袋だと思いこんで行ったら会場であるリハーサル室は真っ暗。そこで手帳を見れば新宿でやる日だとわかったはずなのに 「ひゃあ休みか~」と帰ってしまい、5日は疲れがたまってとうとうくじけてしまったので、今月は今日が初めての練習参加。だけど、よく考えてみたら、来週は湘南マラソン、再来週は法事で参加できない!
 本気でヤバいです。だって、残りの練習日で参加できる日はたった5回。正直言ってまだまったくおぼつかない曲もあるのだから、無謀もいいとこ。マラソン同様、勇気ある撤退も視野に入れたほうがいいかもしれません。

 ……と、ここまで打ったのは練習前。始まったら、やっぱりすごい充実感!緊張しっぱなしだから、またメチャクチャ背中がこっちゃいましたが。この緊張感をもう一度紀尾井ホールで感じたいのは事実だわ~……。
 はたさんは口パクで大丈夫よ~と言うし、モツレクの仲間だったSさんからは「やめるのはいつだってできます!」とエールが。やるっきゃないですかねえ。とりあえず次の練習日までにはアルトの場所のマーキングとインデックス貼り(忙しすぎてそれさえできていなかった!)、それとカラオケボックスでの練習がんばってみます。
[PR]
by yuuko_watanabe3 | 2008-11-09 22:09 | コーラス/コンサート

わたなべゆうこです。blog名を「女は51から」より変更しました。


by yuuko_watanabe3

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

検索

↑当ブログの検索できます。

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

私のメアドです

以前の記事

2016年 12月
2016年 11月
2016年 02月
more...

カテゴリ

全体
最新のお知らせ
マラソン/ダイエット
わたしが過去に書いたもの
メディア/言葉/社会
映画/シナリオ
足あと帳
マイ・ジョグノート
私のダイエットメニュー
コーラス/コンサート
ゴルフ
たまには旅
きれい、かわいい
きょうのできごと
おいしいもの、おいしい店
オット:魚畑耕海
ムスコ:渡辺耕作
更年期/からだ/こころ
アート
風邪のモト=エヘン虫を追出そう
つぶやき
ブログ/HP
活字レビュー
ごあいさつ
my沖縄ライフ
未分類

ライフログ

なぜ婦人科にかかりにくいの?―利用者からの解決アドバイス集

子宮筋腫・女のからだの常識

“ほっ”とする生理痛の本―女性の悩み解決ガイド

わたなべゆうこの本

その他のジャンル

Skypeボタン

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

スポーツ
50代

画像一覧