カテゴリ:私のダイエットメニュー( 6 )

「ダイエットにひじきはやめよう」・・ですって。

 先週、武田玲子先生に久々に会いに行ってみようかな、と思ったのがきっかけでした。

 そうだ、クリニックも今じゃたいていのところがHPもってるんだから、先生のページも最近あるんじゃないかしら、と思って検索したら、さすがに簡単に出てきました。それが、→ココ。週の後半、私の都合のつく時間帯には診療されてないとわかったので、今度の水曜にしようかな、と思っているのですが、ツラツラと読んでいたら、ビックリ。

 それが、↓この記事です。マイッタね。
ダイエットにひじきはやめよう(クリニック玲タケダHPより)

日本は鉱山の多い国なので、土中や作物に砒素が多くみられます。砒素は有機と無機の両方の形で存在し、有機の砒素は毒性がないとざれてきました。ところが、最近ある種の有機の砒素は細胞毒性が強いことがわかってきています。
有機の砒素は、鶏に与えられることがあります。吸収ざれずに排泄ざれ、鶏の肉付きがよくなるとざれているからです。
ところが鶏の腸内で有機の砒素が無機に変わることが最近わかってきたのです。無機の砒素には毒性があります。世間を騒がせた、急性中毒による死亡事件、砒素入りカレー事件がその例です。
微量の無機砒素であっても、肺ガン、皮膚ガン、膀胱ガンを誘発する発ガン物質であることが疫学調査で認められています。また、皮膚のただれの原因にもなります。

ひじきの砒素について

1年以上前の話になりますが、イギリスの食品規格庁がひじきには高濃度の無機砒素が含まれるので食べないようにと勧告を出しました。引き続きオーストラリア、ニュージーランド、香港などの公的機関も同じような警告を出しています。イギリスの調査では、ロンドン近郊のスーパーマーケットで食品として売られている海藻(ひじき、わかめ、アラメ、昆布、海苔)を調べています。このひじきは日本産でした。
これに対し、日本の厚生労働省は、ホームページで「日本人のひじきの平均摂取量は1日あたり約0.9gであり、この程度ひじきを食べても心配はいらない(WHOが定めた無機砒素の暫定的耐容摂取量を超えない)」としています。
ひじきは食物繊維を多く含み、必須ミネラルも含んでいます。そのため、「ひじきを極端に多く摂取するのではなく、バランスの良い食事を心がければ健康上のリスクが高まることはない」としています。
しかし、こういった平均値で安全性を議論するのはとても問題です。実際、海藻はダイエット食品としてよく利用ざれているからです。砒素は海産物や魚に多く含まれます。しかし、どんな食品にどれだけ含まれるか、日本では系統だった調査は公表されてなく、自分がどれだけ砒素を摂取しているか、消費者が自分で見当をつけることもできません。

体調や食べ方で影響が違う

砒素の害は、体調や腸内細菌、食べ物の組み合わせによっても異なってきます。バングラデシュ、台湾、インドなどで飲料水に高濃度の砒素が含まれ、住民が被害を受けましたが、この際にも住民の栄養状態の悪さが被害を大きくしたと指摘ざれています。また、腸内細菌やアミノ酸も砒素の代謝や体外への排出に影響を与えています。
ひじきと大豆を組み合わせる伝統的な食べ方がいいのではないかと考えられますが、どのくらいを、どう食べたらいいかについて、きちんとした研究はまだありません。ですから、現時点では、ひじきばかりのダイエットというのはおすすめではありません。

 来週何年ぶりかでご本人に会いに行ってみようと思ってますので「先生! 私はまさにひじきでダイエットしたんですけど、大丈夫かしらん?」と相談してこようと思っています(^ ^;)。
[PR]
by yuuko_watanabe3 | 2010-04-03 00:29 | 私のダイエットメニュー

さあて、気を引き締めて、ダイエット強化です! 

 先日のフレンチと飲み会のあと、軽ーくリバウンドしちゃいました。

 最低でも53キロ台キープが課題なのに、今朝やっと54に戻ったところです。ヤバイヤバイ。おからと玄米の定番ランチは、できるだけくずさないようにしなくちゃ。
 
 ところで、2年前の5月に私のダイエットランチの作り方を紹介してありますが、今日読み返してみたら、だいぶ変化していることに気付きました。玄米ご飯についてはほぼ変わらないんですが、おからの煮物に投入しているアイテムが、実は格段に増えているんです。

 前に書いた材料は、これです。↓
 おから ひじきの煮物(お惣菜として売っているもの) 水煮の大豆

 最近は、ひじきの煮物をやめて、佃煮のコーナーにある「しそひじき」を使っています。

 付け加えたのは、以下の2つ。↓
 とろろこんぶ にんじんとごぼう(細切りで売られてる冷凍食材)
 
 今だけ付け加えてるもの。↓
 友人のK谷さんからもらった、すりくるみ

 ときどき付け加えるもの。↓
 油揚げ

 この中で、ポイントは、必ず付け加えている、とろろこんぶ にんじんとごぼう、かな? とろろこんぶは、ある日、賞味期限切れのとろろを棚の中に発見したことがきっかけでした。即・捨てちゃおうと思ったものの、待てよ、もったいないなあと思い、家族に食べさせるわけにはいかないけど、自分用のおかずに入れる分にはいいだろう、と入れてみたのです。そしたらビックリ。当たり前といえば当たり前ですが、口当たりがしっとりして、おからのボソボソ感がかなり改善されました。海藻なんだから栄養的にわるいことは1つもないじゃないですか。以来、必ず常備して、加えています。
 にんじんとごぼうは、野菜不足を補う目的と、色どりが地味な中で、にんじんの赤がアクセントになるから。

 今だけ加えている、すりくるみも、実はなかなかいい味を出してくれています。味のコクが出るんですよね。これから新たに購入して加えるかどうかは、検討中。

 実は、このおからの煮物を、昨日、プールをご一緒したK林さんに試食してもらいました。「思いのほか、おいしかった」と言ってもらいました(^-^ ) 。私が「ダイエットランチ」と呼んでいるものですから、量ももっと少ないと思っていたんだそうです。いえいえ、このおからの煮物は、かなりたっぷりと食べるんですよ。何たって、これだけをおかずに、玄米ご飯を一膳食べるわけですから。このおかずだけで素材の品目としては7-8種類食べているわけですし、玄米ご飯と、そこにトッピングしているものを加えれば、約10品目食べてるわけですからね、このダイエットメニューは、「もういやっ!」と思わない限り、続けていこうと思っています。

 おからのデトックス効果は、ほんとに気持ちいいですからねー、興味をお持ちいただいた方は、ぜひ一度お試しくださいませ。(あ、これを食べればダイエットになる、ということではありませんよ。朝はシリアル、ヨーグルト、果物しか摂らない、昼は玄米ご飯とこの煮物しか摂らない、日中はこれら以外食べない、というダイエット法なので、そこんとこお間違えなく。口さみしくなったらアメをなめて、しのぎます。書くことによって、自分に言い聞かせてもおります。ときどき、くじけそうになるので。笑)※ときどき、フレンチやら食べ放題に行ってるのはどゆこと? と思われるかもしれませんが、そういうイベントによってガス抜きをしてるわけです。

 あ、そうそう、今日の夕飯はオットがいないので、自分で作ります。こんなに遅い時間ですが、さっき仕事から帰ってきたところですからね、致し方ありません。実は、封印していたラーメンが、しばらく前から食べたくて、食べたくて。今日の夕飯はそれだけにしておく! という固い決意のもと、これから作ります。楽しみです!!
[PR]
by yuuko_watanabe3 | 2009-05-05 22:00 | 私のダイエットメニュー

もっと、おからを!

 食品高騰に漠とした不安をもってる人は多いのじゃないかしらね。

 新聞の投書欄に「企業は宣伝費を削るなどの企業努力をしているのか?」という意見があったけど、ほんとにそう思うわ。こんな風潮の中なんだから、無駄の見直しなどをもっと研究して、そこを価格抑制につなげ、意見広告なんかにすれば、逆にブランドイメージは高くなると思うのに、安易に値上げしている感があって、やーね。高くなった食材を使わざるをえない、レストランなどの小さな商売をしている人たちをいじめてると思うわ。

 そんな折、私が愛してやまないおからをもっと活用したらいいのに、と思うんですよね。おから料理のレシピをガンガンのっけてるページがあったけど、あれはブックマークしたんだったかどうだったか・・・。安い、カルシウムや食物繊維たっぷり、調理しやすい、いいことだらけなんだけど、唯一いたみやすい、というとこだけが難点。買ったその日に調理する、食べきれない分はその日のうちに冷凍する(当然、冷ましたあとでね)、という必要があるのがやっかいだけど、まあそのくらいは手をかけましょうよ。私みたいに、できあいのものを一緒にかき混ぜた煮物にしちゃえば、チョ~簡単。キューブ状に冷凍したものなんかも、流通させられないかしらね。お味噌汁やスープに入れたりすると、いい感じのとろみにも使えそうだと思うんだけどなあ。メタボや便秘の改善にもなって、色々とオトクよ! (私は決してお豆腐業界の回し者ではありません)
[PR]
by yuuko_watanabe3 | 2008-06-09 09:09 | 私のダイエットメニュー

妹作のお茶碗、たいそう気に入っています。

 妹が作ってくれたお茶碗、壊すのがこわいので、気持にゆとりがあるときだけ使っていますが、持った感触がよいのです。

b0071980_13172783.jpg

 ちゃんとした陶器ですからそれなりに重いのですが、小ぶりであるためにとても扱いやすいです。それから、ふちの厚みが厚すぎず薄からずちょうどいいので、左手で持った感触がとてもしっくりします。飲み物のグラスを口につけたときのそのカーブを「アール」と呼び(私はこれを伊

つづきはこちら・・・
[PR]
by yuuko_watanabe3 | 2008-01-12 09:41 | 私のダイエットメニュー

私のダイエットランチ


↓これが、
b0071980_13254947.jpg

こっち↓の奥の煮物の材料です。手前は玄米ご飯、右はトマトゼリーのサラダです。
b0071980_13434656.jpg

 チャンチャラララララ、チャンチャンチャン♪(←今日の料理のテーマソングで!) 
 今日の「ゆうこりんのダイエット講座」はメインのおかず、おからサラダの準備方法を~。材料は、サティーで100円前後で売ってるおから(通りすがりのお豆腐やさんでは100円で倍くらいの量がありましたから、近くに豆腐屋のある方はぜひそちらで)、198円で売ってるひじきの煮物(コンニャクやにんじん、油揚げも入ってます)、それと水煮の大豆です。
 さて。ナベにおからを煮込む分のダシ汁(顆粒ダシ、液体ダシ、かつぶしを少量ずつ)を入れて火にかけ、あとは材料を全部混ぜるだけ。チョー手抜きです(^^;)。最近はスーパーの煮物も薄味でクセも殆どありません。かなりいいお味です。自分流にしようと油揚げやこんぶを足したりしたこともありますが、まあそれはお好み次第。
 最初は大豆は入れてなかったのですが、BMI22が射程距離に入ってきたら、もうガマンの連続はイヤ!そろそろ食べる量を増やしたいなと思い、入れるようになりました。更年期女性の味方、イソフラボンもたーっぷりです。
 おからはすぐにいたむので、 これを5~6食分に分けたらすぐに冷凍します。で、前の日に1個冷凍庫から冷蔵庫に戻しておき、会社に持参したり休日は家でチンして食します。忘れてならないのが、七味唐辛子。これがあるとないでは、天と地ほど違います。京風の山椒の多いものを買ってきたり、自然食品屋で目新しいものを買ってきたり、今のを切らしたら次はどんなのにしよう、と少しでも目先の変わったものをいつも探しています。
 そして! ダイエット前からお通じの悩みはありませんでしたが、お昼の主食を玄米にしたらもっと気持ちよくなり、おからを加えたらさらにGOODに。笑わないでね、擬音で言うと、もうドスンドスンて感じ。2年前まではダイエットなんて私には絶対ムリ、と思っていたのに、毎日玄米とおからを食べるようになったら、そのあまりの気持ちよさにヤミツキになった、というのが、真相。デトックスなんて高尚な名前をつけるとかえって義務的な(強迫的な?)感じでよろしくない気がします。ことはもっと簡単で、カンファタブルにまさるものはないと思う、今日このごろです。

[PR]
by yuuko_watanabe3 | 2007-05-24 13:25 | 私のダイエットメニュー

朝食その一部

  けさの果物はりんご、あまなつ、チリ産のぶどう。

b0071980_8133070.jpg  それからブルーベリー入りヨーグルト(スキムミルクも入っています)、パンの代わりに玄米オールブラン。3枚1袋ですが3枚は食べません。食べても2枚まで。何しろ種類多く少しずつ、がポリシーです。
 バナナがあるときはバナナも。なるべく小さめのを買うので、これはまるごと1本食べちゃいます。
 けっこうたくさん食べてるでしょう? ダイエットを本格的に始めた頃はブルーベリーヨーグルトしか食べてませんでしたが、だいたいこんな食べ方に落ち着きました。
 しかも飲み物は飲み放題! といっても、砂糖なしのミルクコーヒー程度ですけどね。でも買い置きがあるときはジュースでも牛乳でも飲みたいだけ飲みます。
 食後はりんご酢をたらした水で服薬。降圧剤です。たまに思い出したようにクエン酸を加えたりします。
 これで私の朝食タイムは終了。今日は休日のため10時からのアクアビクスに出て、余力があればWAVEをやり、2時半にウォーキングで家を出て「パッチギ2」を見に行きます。さてどんな感想になるでしょう。それにしても、映画は「プラダを着た悪魔」以来、半年ぶり。もうちょっと観に行きたいものです。今年後半はもっと行くゾ~!

[PR]
by yuuko_watanabe3 | 2007-05-23 08:13 | 私のダイエットメニュー

わたなべゆうこです。blog名を「女は51から」より変更しました。


by yuuko_watanabe3

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

検索

↑当ブログの検索できます。

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

私のメアドです

以前の記事

2016年 12月
2016年 11月
2016年 02月
more...

カテゴリ

全体
最新のお知らせ
マラソン/ダイエット
わたしが過去に書いたもの
メディア/言葉/社会
映画/シナリオ
足あと帳
マイ・ジョグノート
私のダイエットメニュー
コーラス/コンサート
ゴルフ
たまには旅
きれい、かわいい
きょうのできごと
おいしいもの、おいしい店
オット:魚畑耕海
ムスコ:渡辺耕作
更年期/からだ/こころ
アート
風邪のモト=エヘン虫を追出そう
つぶやき
ブログ/HP
活字レビュー
ごあいさつ
my沖縄ライフ
未分類

ライフログ

なぜ婦人科にかかりにくいの?―利用者からの解決アドバイス集

子宮筋腫・女のからだの常識

“ほっ”とする生理痛の本―女性の悩み解決ガイド

わたなべゆうこの本

その他のジャンル

Skypeボタン

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

スポーツ
50代

画像一覧