カテゴリ:更年期/からだ/こころ( 119 )

かすみがうら名産はレンコン・・あたってた。

 今の仕事の形相はクレイジーで、不本意。

 疲れすぎて、休みというのに、何もやる気が起きない。ヤバイ。

 今日は掃除をしてティップネスにトレーニングへ行こうと思っていたのに、結局どちらもやらずじまい。

 トミーのとこへからだのケアだけは行った。トミーはかすみがうらマラソンへ来てくれることになってるけど、よく考えてみると、あと3週間だ。そんな話をしていたら、茨城の名産は何だ?という話になった。県庁所在地は水戸だから納豆は間違いないけどね、と言いつつ、「あと確か、レンコン」と言ったけど、何か確信はもてなかった。彼曰く「レンコンのシャキシャキした触感は好き」と。「でも、レンコンなんて栄養あんのか?と思ってるんでしょ」と言ったら、「食べものに栄養があるかどうかなんて思って食べることはない」だって。さらに、つけ加えて「でも、レンコンてやっぱりあんまり栄養ないんでしょ!?」だって。プププッ。
 健康、医療にかかわる仕事してるくせに、やっぱりおかしい人だ。その自然体が実は好もしかったりするんだけどね。本人にはそうは言わないけど。

 家に帰って確かめたら、やっぱりレンコンは正解だった。レンコンの入ったどら焼きなんかもあるんですって。

 みんなマラソンのあとまっすぐ横浜へ帰るつもりかなあ。おととしW部さんと私だけで行ったスーパー銭湯「ゆらのさと」で打ち上げするのはどうかしら。Iさんに相談してみようっと。
[PR]
by yuuko_watanabe3 | 2010-03-26 21:31 | 更年期/からだ/こころ

眠い

 何かまた仕事に追われてる。

 ここ数日、あっという間に寝付き、途中覚醒することなくケイタイのアラームで目覚めている。眠れない日々もたくさんあったこと、ここ数年、必ず4時頃に目覚めてしまったことを思うと、よいことのはずなのに、かえって寝足りない気がしてしまうのは、なぜかしら。

 それはそうと。先日、50歳手前で配偶者を脳卒中で亡くされたという同僚が「主人は寒暖差のあるところに出ただけでものの5分で倒れて翌日に亡くなったの」という話をしていた。ヒエ~・・血圧の高い身としては、人ごとじゃない。
 ここ数日、幾度となくこの話を思い出しては、身につまされてしまう。父が脳梗塞で倒れたのは私の今の年齢と同じ56歳だった。母ではなく父だけど、親が大きな病気をした同じ年齢になったかと思うと、複雑な思いだ。66歳までの10年、入院と療養だけの日々だったことは、無念だったろうなあ。

 父の病気にはストレスも影響していた。仕事に呑みこまれないように、適当に「気」をぬかなくちゃ。今日のランチは自分を甘やかしてまたVENTOに行こうと思っている。そして、明日からは3連休。あさっては温泉に行くのだ。スパではない、本物の。今日一日ガンバルゾっ!
[PR]
by yuuko_watanabe3 | 2010-03-16 07:13 | 更年期/からだ/こころ

かゆみ

 「ねえ、アソコのかゆみ、なんて話書くのやめてよ~」とある人から言われてしまった。

 その心は・・実名でブログを書いていながらそんな話を書くなんて、気がしれないわ!ってことなのかもしれないが、「テーマに更年期と入れてるからその苦痛や悩みが書いてあるかと覗いてくれる人もいるかもしれないのに、本人は元気、元気で期待を裏切ってるから、このくらいは書かなくちゃ」と、本人はすましたもん。

 で、そのかゆみですが、まったくなくなったわけではありませんが、仕事の忙しさが若干やわらぎ、だいたい問題なくなりました。但し、疲労からという推測から考えると、レースも2つある今月はまだ用心しなくちゃ。ほかの原因としては、オットが洗濯用洗剤を新しくしたことと関係があるかも、といつものに切り替えたりしてみましたが、これは関係あったかどうかは不明。

 対策としては、ヨーグルト、漢方薬など色々試したわけですが、結局は「フェミニーナ」にも頼りました。これはいつもヨクイニンを買っている紫苑堂薬局のオススメもあったため。薬剤師さんと話していたら、以前この薬について別の薬局で聞いた話は間違っていたとわかり、それで納得して購入。薬局には必ず薬剤師が配置されていて、そこでの情報にそう誤りはあるまい、というのはシロウト考えなんですね。考えてみれば、医師の言うことにだって、アヤシイ情報がたくさんあるのだから、薬局での話にだって疑いのまなざしはもったほうがよいのだと、改めて思いました。話してる相手が薬剤師かどうかだって、確かめようがないしねえ。

 さて。明日は三浦マラソンの10キロです。新宿のリベンジで、制限時間内には帰ってきたい、と、志の低いランナーですが、まあいいの。練習はたいしてしてないけど、昨日は出勤したものの会議だけだったので、帰りにジムで走り、アクアビクスもやってきました。昨日と今日は禁酒。精いっぱいの準備です。
[PR]
by yuuko_watanabe3 | 2010-03-05 11:10 | 更年期/からだ/こころ

今度はくちびる

 何がって、ストレスからと思われる、からだのサイン。

 ↑これだけじゃ、何のことかわかりにくいかしら。アソコのかゆみは完全に消えたわけではない中、今度は、口紅を変えた途端に、ガサガサと荒れまくり、タラコ的くちびるになってしまった、という話。

 かつて市民グループの活動に没頭していた頃、同じ症状に悩まされた時期があり、皮膚科に行ったら「口紅には必ず入っている成分にアレルギーが起きている」と言われ、そのときはファンデーションによってもほほが赤くかぶれ、化粧品をすべて低刺激のものに変えざるをえなくてかなりな出費になってしまったことがありました。その活動を離れ、だいぶたった頃、安い化粧品でもかぶれなくなったので、ヤレヤレだったのですが、今回の「口紅アクシデント」によって、「あ~、まただよ」とガックシ。もちろん、たまたまその口紅にだけ入ってる成分に反応した、という可能性もなくはないけど、仮にそうだったとしても、これまで100均の口紅にさえトラブルが起きなかったにもかかわらず1200円ので症状が出たのは、私は仕事の忙しさとリンクしてる、と感じざるをえないわけ。

 今回は皮膚科に行くまでもないだろうし、対策方法も知ってるし、と思って、まずは薬局にこういう症状に合うリップクリームはないかと聞き、買ってみました。まだつけて1日ですが、まあまあ効いてきてるかな。でも、私のくちびるは色が薄いので口紅をつけないととたんに元気なく見えてしまうので、今日低刺激の化粧品「アクセーヌ」の口紅も、1本買いに行こうかなあ・・と考え中です。

 あ、以前よく通ったアクセーヌの売り場で、いつだったか「芸能人の方もかなり愛用してくださってるんですよ~、○○いくえさんや○○ももえさん」と言ってました。おいおい、ご本人たちのプライバシーを勝手に宣伝活動に使っちゃまずいでしょうよ、と思ったけど、彼女たちの使用動機は何だったんだろうなあ、と想像をめぐらしてしまいました。みんながみんな私のようにストレスからくる肌障害とは限らないけどねえ。

(仕事の大変さに比例してくちびるに症状が出るのは、私の場合、ある程度確かなことなの。20年以上前、ベビー雑誌のライターだったとき、なすを食べるとブワッとくちびるがはれあがる、というのを何回も経験しました。単なる食べ物アレルギーとは考えにくい。だってその後、なすを食べても同じ症状はまったく起きてないですもん(笑)。あの頃は今よりさらにストレスフルだったんですよね・・。それにしても、「なぜ、なすに反応したのか」はまったく不明ですが)

 ハーア、しかし仕事に振り回されてる感、あるなあ。そんな中、今日は母とスーパー銭湯へ行ってきます。前からの約束だったのですが、母は昨日「夕方は寒いから極楽湯はやめてお昼だけにしない?」ですって。でも、私は「ご飯よりお風呂。早く帰って来ればいいじゃない」と。お風呂でボーッとしたいのよ。じゃ、行ってきます。
[PR]
by yuuko_watanabe3 | 2010-02-24 08:32 | 更年期/からだ/こころ

飲みすぎには注意、ですが。

 先日も書いたように、2回世にもあざやかな出血を起こした私の結膜炎は、さしあたり心配のないものとわかりました。

 どうやら飲みすぎに関係していたらしいということもわかったので、対策の余地もあるしで、やれやれですが、視力や目の検査をしてもらいわかったのは、5-6年前に目の奥に痛みを感じて受診したときのデータと何も変わってなかったこと。これには胸をなでおろしました。何せ、人一倍、画面を眺めている時間が長いですからね。
 目の状態をキープできているのも運動と食事内容、ほぼ毎日食べているブルーベリーのおかげかな。さかな好きのオットのおかげで、目によいといわれるDHAなんかも十分とれてるんじゃないかしらね。
 若いころのほうがずっとずっとからだに不調を感じていたのに、不思議なもんだなあと思うけど、食事もないがしろ、運動はゼロ。なのに取材して書く記事には「健康の秘訣はやはり運動と食生活」なんて書いてたんだから、笑っちゃう。ライターをやめた今頃になってやっと実践できるようになったわけです。
[PR]
by yuuko_watanabe3 | 2010-02-14 07:16 | 更年期/からだ/こころ

わけあって、飲みすぎました。

 これが飲まずにいらりょうか!ってんだ~!!なんてつぶやきながら。

 朝になって、飲んだ量やカロリーを感じて、ゾゾゾ~! このところせっかく53キロ台で定着してたのに、一晩でかなりヤバイことになってるかも。今日はそうとう自粛しなくちゃ。

 12月に結膜炎を起こしたあと、再び先週末起こしたので昨日眼科に寄ったのだけど、「原因には過度の飲酒も考えられます」と聞き、内心「ハハーン、これだったのか」と思い反省もしたというのに、またやっちまった。遅ればせだけど、起きたてに、ヤバイヤバイと、水をガブガブ。

 何かほかの方法でストレス解消を、と思うけど、クソ疲れてたんだもーん。スパじゃない、本物の温泉にでも行きたいよ~ん。
 
[PR]
by yuuko_watanabe3 | 2010-02-11 07:07 | 更年期/からだ/こころ

悪徳医者は絶えないのねえ

 良性腫瘍を悪性と偽って手術、死なせたというひどい事件が起こりましたが、これって30年前に発覚した富士見産婦人科病院事件とそっくり。

 あからさまになった悪徳医師は実は氷山の一角ではないかと思うけど、問題はどちらもとことん深刻化した上でないと表沙汰にならないことでしょうね。でも実はその医療機関で働いたことのあるスタッフ、そこから逃げてほかの医療機関でまともな医療を受けた患者は、問題点を簡単に把握できるはず。
 にもかかわらず、どうして表沙汰になりにくいかと言えば、悪徳で儲けている医師は資金があるから告発、告訴されそうになると金で解決している、という説があります。
 ことの真偽はヤブの中だし、今さらそんなことを追求する社会派ジャーナリストを目指そうってわけじゃないけど、確信をもって言えることは、だからこそ、セカンドオピニオン=ほかの医者の意見は大切、ということです。

 そういえば、医師からのドクターストップで野球選手を引退した人がいましたよね。あの人、ちゃんとセカンドオピニオンとったのかなあ、ってことは気になりました。でもそのあと、元楽天監督の野村氏が「俺が名医を紹介してやる」と言ったという話に苦笑。「ほかの医者にもかかってみろ」は正しいけど、「俺は名医を知っている」は笑える。金持ちで人脈があるつもりの人にありがちな勘違いですから。
[PR]
by yuuko_watanabe3 | 2010-02-08 11:40 | 更年期/からだ/こころ

小青竜湯の裏処方・続き

 りょうかんきょうみしんげにんとうって、いったいどういうイントネーションなんでしょうねえ。

 わかっているのは、かんきょうはつながった言葉だということ。味辛もひとつながりだという気がするけど、違うかなあ。こっちは確証はないですけど。

 りょうかんきょうみしんげにんとうを買いたいと思ったら、顆粒状の漢方薬を扱っている薬局ないしは漢方処方のできる耳鼻科であれば、たぶん手に入るはずです。一番シェアを占めているのはツムラでしょうから、ツムラを指定すれば「扱ってません」とはたぶんならないはずです。

 友人からは「わたなべさんは飲んだことあるの?」と聞かれましたが、私は20年前に鼻炎は治ったので、この裏処方を試したことはありません。
 「治った」と言うと「治るなんてことがあるんですか!?」とビックりされますが、10歳くらいの頃から20年以上苦しんだ挙句(20代の独身だった頃、楽しいはずのデートをこれでまる一日棒に振った苦い思い出もありますからね、当時は花粉症なんて名前ありませんでしたけど、私の[鼻炎]は今の花粉症そのものだったんですよ)、30代半ば頃、「あれ!? 最近くしゃみが出てなーい!」と気付いて、それから殆ど問題なくなり、人がグシュグシュと困っていても、私はケロリという感じです。

 まあそれでも、たまーに、クシャンクシャンとなりますが、昔ひどかったときは、一度クシャンと始まったら一日治まらなかったのと比べると、雲泥の差。今はまったくひきずりません(とはいえ、今年もまったく同じ、という保証はどこにもないけど)。

 ま、それはさておき。「誰も彼も小青竜湯、というのはおかしい。虚弱タイプの人は、裏処方の薬をもっと使ってみればいいのに」とおっしゃっていたのは、昔、漢方勉強会でお世話になった、ツムラの社員でもあった、中医の方。ですから、とっても確かな情報です。医師や看護師の方たちがその方にレクチャーを受けていた、その講義を私も一緒に(わからないながら、わかったような気になりつつ)受講していたので。もう10年以上も前のことですが。
[PR]
by yuuko_watanabe3 | 2010-02-06 23:32 | 更年期/からだ/こころ

花粉症シーズンすでに到来?

 先日、からだがそう頑健というわけではない友人が「そろそろ小青竜湯のお世話になる季節がくるわー」というので、「え!?」と。

 「小青竜湯はあなたには強すぎるでしょう。小青竜湯には裏処方が確かあったから、今度調べといてあげるよ」と言いつつ、すっかり忘れていた。
 そしたら、たった今TVで「ロート製薬の小青竜湯」のCMをやっていたので、そうそう、と思い出し、「小青竜湯の裏処方」で検索してみた。あっというまに出てきましたざます。ほんとに、ネットは便利だわねえ。
 名前は苓甘姜味辛夏仁湯りょうかんきょうみしんげにんとう。小青竜湯で「くしゃみ鼻水は確かにとまるけど、粘膜はガビガビに乾いてしまう、痛いくらいだよ」というような人は、これを使ってみてはいかがでしょう。

 ところで、友人が「裏処方ってなーに?」と言うので、「同じような働きをする漢方でもっと虚弱な人に合う薬よ」と伝えつつ、この私の解説でいいのかなあと思っていたら、ちゃんとweb検索でもそのように出ておりました。ホッ。
[PR]
by yuuko_watanabe3 | 2010-02-06 07:06 | 更年期/からだ/こころ

実は・・

 例のかゆみはまだ消えてなかったのでした(^^;)。

 クリニックへ行くのはやだなあと思いつつ、こりゃまさに更年期症状でしょう、と自分で診断。やわらかく治すには漢方薬でしょう、うーむ、たぶん加味逍遙散かなあ、と自分で処方(?)。かなりハイレヴェルの漢方勉強会におじゃましてた時期もありますのでね、そうはずしてはいないつもり。
 で、行きつけの薬局はあるものの、怒涛の新業務のさなかなので、職場近くの(先日の感じ悪い薬局ではない、別の)薬局へ。ちと高めではありましたが、まいっか、と。で本日3日目ですが、効いてきてます、確実に。ヨカッタヨカッタ。ヨーグルトシップは、軽症ならこれも効きます(もちろん何度も経験してます)が、今回は何度やっても、スッキリ!とはいきませんでした。
 もうすぐヨクイニンがきれるのですでに行きつけの漢方薬局に注文してあるので、行ったら「加味逍遙散で合っていたかなあ。それともほかに何かあります?」と薬剤師さんに聞いてこよっと。この方、かなり大きな病院の薬剤部にいた方でその後わが町で調剤薬局を開業され、メインのクリニックの移転とともにちょっと離れた場所に移転されてしまったのですが、私の漢方アドバイザーなのです。今度了解をもらえたら写真など撮らせてもらおうかしら。実は保土ヶ谷駅前で開業されてるので、近い人にはきっと便利な薬局ですよ。
[PR]
by yuuko_watanabe3 | 2010-01-07 07:34 | 更年期/からだ/こころ

わたなべゆうこです。blog名を「女は51から」より変更しました。


by yuuko_watanabe3

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

検索

↑当ブログの検索できます。

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

私のメアドです

以前の記事

2016年 12月
2016年 11月
2016年 02月
more...

カテゴリ

全体
最新のお知らせ
マラソン/ダイエット
わたしが過去に書いたもの
メディア/言葉/社会
映画/シナリオ
足あと帳
マイ・ジョグノート
私のダイエットメニュー
コーラス/コンサート
ゴルフ
たまには旅
きれい、かわいい
きょうのできごと
おいしいもの、おいしい店
オット:魚畑耕海
ムスコ:渡辺耕作
更年期/からだ/こころ
アート
風邪のモト=エヘン虫を追出そう
つぶやき
ブログ/HP
活字レビュー
ごあいさつ
my沖縄ライフ
未分類

ライフログ

なぜ婦人科にかかりにくいの?―利用者からの解決アドバイス集

子宮筋腫・女のからだの常識

“ほっ”とする生理痛の本―女性の悩み解決ガイド

わたなべゆうこの本

その他のジャンル

Skypeボタン

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

スポーツ
50代

画像一覧