カテゴリ:きょうのできごと( 139 )

ブログ読みましたよ~と言われて・・・。

うーん、そういや放置状態だったなあ・・と再訪してみれば、自分でもビックリ、の昨年6月が最後の書き込み。1年放置したことも珍しかったなあ、と少し反省しました(^_^;)。
まじめに書き物するならやはりフェイスブックよりブログかなあと最近また考えを改めつつあったので、再開しようと思っております。

この2015年の異常事態に、何を考えていたか、また大河の一滴であっても、何を発信したか、後から「あのときもっと考え、もっと発言したらよかった」と思うのはいやだ! と思うし。

書きたいと思っていたことの1つをさっそく。

沖縄にある基地内のことは治外法権だから日本の国内法は適用されない、ということは多くの人がご存知だろうと思います。私も、沖縄に住む前も、ここまでは知っていました。
でも、それがたとえば具体的にどういうことかとか、アメリカの国内法はちゃんと適用されているかといったらそれも違う、ということを知り、かなりなショックを受けました。

どういうことかというと、治外法権だから、たとえば、周辺の沖縄県民にも影響のある化学物質による環境汚染について、米国からの通報は遅く、また実態調査のための県の立ち入りは難しく、手遅れが現状とのこと。しかもアメリカ本土では土壌汚染はアメリカの国内法により政府の責任、予算により浄化が義務付けられているが、沖縄の米軍基地の汚染については米国の国内法は適用されておらず、そのまま返還された後は汚染浄化は日本の負担にならざるをえない、という事実があるのだそうです。
こんなこと、専門に情報を持っている人、研究者でなかったら、わかるはずもないじゃないですか。まして、こうした問題の専門家たちは、常にマスコミに対して情報発信はしてきていたのに、日本の主要問題からは遠く位置づけられてきたわけです。
今や、安倍政権の異常さの象徴として、以前よりは辺野古の問題に関心を持つ人は増えたのではと思いますが、それも、今私が沖縄に住み、情報が身近にあるからそう感じるのかも、と思わないでもありません。
アメリカに協力して戦争できる国になろうということは、アメリカにも守られない、日本にも守られない、国民の命がますます軽んじられるようになる道だ、ということが、国民には分かりづらい。目くらましの手法を取られていますから。

目くらましの手法は今やもうあちこちに散見されますが、そういう意識で見ないと、戦争への加担を当たり前化しようとする勢力のたくらみは、ただちには見抜けない状況になってきています。
非常事態ですよ、これは。
[PR]
by yuuko_watanabe3 | 2015-05-12 18:10 | きょうのできごと

日常の中の非日常

 前にもチラリと書きましたが、私はシンクロニシティーの多い人間なのかも、と思います。

 偶然とは思えない偶然に遭遇することが少なくないんですね。ネガティブな事柄が明らかに偶然に起きたとしても、偶然というより必然のような気がして仕方ない気持ちになります。ものごとを楽天的に考える性質とリンクしてるような気もします。

 今日も何となく不思議な偶然と遭遇しました。

 オットが出かける時間近くになって「水菜を買いに行こうと思っていたのに時間がなくなった」と言うので、「あとで私が買ってくる」と言ったのですが、「いつも買ってる店がいいから、一緒に行って持って帰って」と言うのです。私、そしてオットの行動パターンにはなかなかない展開です。特に時間の決まった予定もなかったので、「いいよ~」と二人で松原商店街へ。オットと別れたあと、読みかけの小説を少し読み進めたかったのと軽く昼食をとりたかったので、コーヒーを飲めるパンやさん「ベルベ」へ。2章分だけ読み、そのあといつもならまっすぐうちへ帰ったところですが、ふと古本屋で何か物色しようと、滅多に通らない脇道へ。そこに、のちに90歳とわかった高齢の男性が倒れていたのです。と言っても動かなかったのではなく買い物用のキャリーにつかまって懸命に起き上がろうとしていたところでした。へたに声をかけて失礼になってもいけないと思いほんの少し佇んでいたら、もう一人通りすがった30代くらいの男性が、「起きられる?」「けがしてるけど、大丈夫?」と声をかけ、「起きられない」との返事。見たらマスクが血に染まっています。30代男性、なかなか適切な問いかけで、「誰か呼んだらきてくれる人はいるの?」「家族は?」と聞いています。一人暮らしだとわかりました。で、30彼、すばやく携帯電話で救急車を呼びました。私はそぼふる雨でぬれないように、と高齢男性に傘をさしかけ、事態が落ち着くところまでつきあうことにしました。

 こういうとき、救急要請を受けるほうって、とりあえずイタズラじゃないんだろうね、ということにかなり神経を遣うみたいですね。彼の応答ぶりから、場所や当事者の状況について何度も繰り返し同じことを聞かれている様子がうかがえます。私が見ても高齢男性のケガは重篤とまではいえませんが、もしこれがもっと深刻な状況だったらどうしてくれるのよ、という感じ。でも、先方が念押しして確かめたいのも、わかります。彼も同じ気持ちだったでしょう。辛抱強く答えていました。でも、名前を聞かれて彼がカツゼツよく言ってるのに、向こうは何度も聞き返してきて、彼もさすがに少しイラッとした様子。私も一緒に、ハラハラ。「ね、私も一緒についてるって言ったら?」と助けぶね。彼も、「わかった」という顔をして、「もう一人女性の人がついてくれてます」と報告。やっと「これから向かう」ということで電話が知れました。

 彼はそこから目と鼻の先の店の人だということで、「僕、店に行ってティッシュをとってきます」と、なかなかの好青年。すぐに彼はティッシュの箱を抱えて戻ってきました。その頃にはどこをどう切ったのかマスクからにじんでいた出血はさらにひどくなっていましたし、そもそも起き上がれないと言っていたので、ケガの程度は重篤ではなかったと思いますが、しばらくして救急車が到着したときには、ホッとしました。

 私は6-7年前に、やはり同じような年頃の男性が転倒したところに遭遇したことがありました。今日は私は転倒した瞬間は居合わせなかったのですが、そのときは、前を歩いていたその人が頭から倒れた瞬間を目にしたのです。その男性が頭を強打した「ゴン!」というにぶい音は今でも忘れられません。男性は、今日の人とは違い身動き一つしなかったのですが、そのときは時間もなく携帯電話などもたまたま持ってなかったので、近くの店の前で掃除をしていた女性にわけを話してその場を立ち去ってしまいました。でもその店員さん、迷惑そうな困った顔をしていたのですよ。まあ何て冷たい人、とそのときは思いましたが、今思えば自分が目撃したわけではないのに「お願いします」と言われて当惑したのも、無理もないなあと思います。そのことを思い出すにつけ、私も何かサポートすべきだったなあ、と常々思っていたので、今回も私はオロオロしてただけですが、その場に最後までいてあげられただけでもよかったかも、と思います。

 それにしても、その日の予定になかった行動をした上に、ふと思いつきで入った脇道での出来事に、何か不思議な思いがしたのでした。
[PR]
by yuuko_watanabe3 | 2012-05-25 22:33 | きょうのできごと

走った翌日は…。

b0071980_1123256.jpg

足をゆるめてやらなくちゃね、というわけで、湯楽の里へ。
なかなか完治しないアレルギーの治療にはここの岩盤浴がかなり効くので、両方を兼ねてです。
b0071980_11232597.jpg

お次は、がんばった自分へのごほうびで、久しぶりのVENTOのランチ。こんなにアイテムたくさんのサラダブッフェとパスタ、ドリンクつきで1200円。ショートパスタだと1000円…てすごくないですか?ドレッシングの種類多い上にバルサミコやオリーブオイルも置いてあり自由にかけられるので、これもポイント高い!
月曜日はポイント3倍なので私は月曜に行くことが多いのですが、デザート食べ放題、アイスクリーム食べ放題の日なんかもあるので、私はここを知って以来、MMでほかのイタリアンに行こうかという気になったことはないのです。通りすがりに別のイタリアンで順番待ちをしてるお客さんたちを見ると、気の毒になあ、この人たちはVENTOを知らないんだなあきっと、と気の毒になってしまうくらい。
b0071980_11232542.jpg

写真のパスタは甲イカとクレソンのアラビア−タです。深みのある絶妙な辛さで、大満足でございました(^_^)v
[PR]
by yuuko_watanabe3 | 2012-04-16 13:23 | きょうのできごと

あけましておめでとうございます

 さて。あっというまに新年が明けてしまいました。

 最近サッパリ更新していなかったので、年内の仕事が終わったら、第九のコンサートが終わったら、更新しよう、しようと思っていたのに、結局やらずじまい。
 今年(去年?笑)こそ真面目に掃除しよう、しようと思っていたのにそれも中途半端に終わってしまいました。
 今年(これは本物の2012年)こそ悔いの少ない年にしよう、ウェブも使いこなそう、と思っていますが、先の思いやられることでございます。

 そうそう、ブログは放置状態でしたが、映画は実はけっこう見ていました。みんなのシネマレビューにまたチョコチョコ書いています。かなり熱を入れて書いたものについてはここにもアップしようかなあ・・。

 みんシネ、mixi、facebookと色々やってる中、どう使い分けていったらいいんだろ、というのは正直ちと悩みます。メインはこのブログ、からだや医療、走ること、ダイエット等々について、もっとじっくり書いていきたい気持ちはあるんですけどね。
 今年もまた旅はしたいし、レースも計画的に出たい。練習会にももっと行きたいしトレイルランもやってみたい。あーあれもしたい、これもしたいで、気持ちが焦るばかり。

 とりあえず、やっぱりできるだけジムへ足を運び、少しでも多くキーボードに向かう。
 あまり大げさな目標ではなく、こんなところからツコツといきたいと思います。
[PR]
by yuuko_watanabe3 | 2012-01-02 22:48 | きょうのできごと

「悪夢くん」、見ごたえがありました。

 かつては2カ月に1度は劇場に足を運んでいた頃もありましたが、久々にお芝居を見てきました。

 相鉄本多劇場で日曜日まで上演している「悪夢くん」です。「寿歌」の北村想の新作、ということにも興味がありました。

 ところで不躾ですが、まだあったんですね、相鉄本多劇場。それから、横浜って実は演劇メッカ?と思った時代は過去のこと、と思ってましたが、意外と言ったら出演者、スタッフの方々に失礼とは思いますが、意外にその「灯」は消えてはいなかったんですね。

 失礼ついでにさらに本音を言うと、役者さんたちに思いがけず魅力があって、世代、個性色々で、近年見た小劇場芝居の中でも、アンサンブルのよさではピカ一と言えるくらい、個人的にはよかったと思いました。

 ジャンルとしては不条理劇といえると思いますし、テーマがわかりやすいとはいえません。但しそれはいいのですが、冒頭シーンがラストにどのようにリンクしているのかわかりにくかった、という不満も若干。音響の大きさが、我ら中高年世代にはキツイなというのも、正直なところ。しかしそれらを補ってあまりある魅力がありました。

 本作の脚本が完成したのは昨年とのことなので、今年の状況をもろに反映したものではないようですが、乾いた空気感の中でも、人の営みは続いていく、といった感じは、かなり「今年」的。辺見庸の「しのびよる破局」の読後感にも近いものを感じるのは、私の個人的な感覚かしら。

 でもまあ小理屈はともかく、役者さんたちがみんなプロの仕事してるなあ・・と感じて、そこがいっちゃんよかったです。
[PR]
by yuuko_watanabe3 | 2011-11-25 23:49 | きょうのできごと

うーん、すっきり治らない・・

 私の金属アレルギーによる皮膚炎は、だいぶ回復したとはいえ、このところ足ぶみ状態。

 足腰、背中などはほぼ落ち着いたのですが、肘から手首にかけて、特に左手がまだカユカユなのです。
プロトピックという塗り薬はまあまあ合ってるようではありますし、足しげく通ってる岩盤浴効果もかなりあったとは思うんですけどね。

 で、本日も1週間ぶりの「湯楽の里」へ。いつも行くとまず少し浴槽で温まり、25分間の岩盤浴へ行きます。3月以降、もっと高い岩盤浴(中には4千円近いとこも!)へもあちこち行きましたが、遜色ない・・どころか、施設によっては専用のウェアがなくて、館内着を別途レンタルするとこなどもあるのに、ここはちゃんとしっかりしたウェアがあって、汗もほどよく出るし、アロマも炊いてくれてるので、ほんとにおトク。
 岩盤浴のあとは、また浴槽でノビノビ。お気に入りは、寝そべってそこにゆるゆると流れてくるお湯にひたひたとひたる「寝湯」です。
 今日は特に長いこと、寝湯にねそべってました。しばらく経ったら隣の女性が「今ゆれませんでした?」と。私もそんな気がしましたと答え、「さっき岩盤浴のときもゆれたような気がしたんですけどね」と私。彼女も同じく岩盤浴にいたらしい。「こんな無防備なかっこうでいるときに大きなゆれが来たらどうしようと思う」と彼女。私は3月下旬、4月上旬にも来たので、けっこう大きな余震にもあった話をしました。
 それからも、あれこれオシャベリ。毎回、温泉+岩盤浴+軽食で千円はありがたい、ありがたいとニマニマしてる私ですが、彼女もまた同じく「ここ安くていいですよね~」と。同好の士というのは何かにつけ、話や興味が近いもんだなあと思いますね。仕事のこと、家庭のこと、何となく話が弾み、食堂にもご一緒しました。
 
 今日は知り合いの病気のニュースなどもあり気分がちょいブルーでしたが、新しい出会いは、楽しかったです。明日もまた、楽しいことがありますように・・。
[PR]
by yuuko_watanabe3 | 2011-05-21 00:16 | きょうのできごと

投稿マニア

 かつて私、けっこう投稿マニアで、声とかひとときの欄に採用されたこと数回あったのですよ。

 スクラップもせずにいたから散逸してしまったんですけどね。今引き続き家の整理中なので、もし出てきたらこのブログに入力しようと思いますが、今日久々にweb上で投稿したので、ここに貼り付けておこうと思います。

 宛先は「NPB 日本野球機構オフィシャルサイト」です。別に特に野球ファンでも何でもないのですが、セリーグ3/25開幕のニュースにあまりに腹が立ったので。

 こういうとき、単につぶやくより、投稿、という手段は、一定の効果があるのではないかと思っているんですよね。私も60歳にもうすぐ手の届きそうな古い人間なのでね(笑)。
 それに、それなりに説得力ありげな文にしようとがんばりましたので、地震がらみのことで無力感に襲われていた今、自分の精神衛生上も良かったと思います。

********************************************************
セ・リーグ25日の開幕に反対します。理由の多くはすでに他の方が表明していることと重なりますので割愛させていただきますが、私が最も危惧しているのは、もし試合中にある程度以上の規模の余震が起きたら、観客はパニックになるでしょうし、たとえば逃げ惑って将棋倒しになるような重大な事故だって起きないとも限らない、ということです。多くの反対意見に沿わずに開幕して、そんな事態になったら、プロ野球界はいったいどんな責任がとれるんでしょうか? 危険すぎます。逆に、パ・リーグが3/11から約1ヵ月にあたる4/12に決定されたのはかなり常識的だと評価します。セ・リーグのトップの方々、また25 日の開幕に賛成の方々の最大の根拠は、早く経済活動を開始して被災地並び国全体の経済への貢献を、ということではないかと思われますが、リスクを冒してまでそれを主張される、という点に、バランス感覚の欠如を感じます。未曾有の災害が起きたのですから、まだまだ何が起きるかわからない現況ではありませんか。日本の高度成長と歩みをともにし、大きな貢献をされてきた野球界だからこそ、判断を誤らないでいただきたいと思います。 渡辺優子
[PR]
by yuuko_watanabe3 | 2011-03-18 10:45 | きょうのできごと

次は神奈川、東京が震源地になっても不思議ではありませんね・・。

 できたらこのまま終息に向かってほしい、という気持ちは、見事にしっぺ返しをくらいましたね。

 親戚も多い静岡、それもオットの故郷である富士のほど近くで新たな地震、ということで、またまたショック・・。オットはこういったら何ですけど、ちっとも学習しないらしく、何度も電話をかけては、「つながらない」と嘆いています。
 私は覚えたての災害伝言ダイヤルを使ってみましたが、オットの家族からの吹き込みは、なし。

 ふと、スカイプで固定電話にかけてはどうだろう、と思った私は、300円分だけクレカでチャージして、オットの実家にかけてみました。すると、びっくり。1度はつながらなかったものの、2回目にはつながっていました。
とりあえずみんな無事、ということでホッとしました。地震から1時間以上は経っていたので、もしかしたらつながる頃合いだったのかも知れませんが、ある程度の規模の地震のあとは、今回に限らず、何度かけてもつながらない、これは11日の地震の後も、さかのぼれば阪神大震災のときにも体験したことです。
 スカイプからかけることによって、つながりやすいとすれば、はなから固定→固定にかけるより、便利かもしれません。

 元々スカイプをやってるどうしならおそらく通常に近いくらいつながるでしょうし、しかも無料なんですから、たとえば前もってスカイプを使用するように勧めたりしておいてもいいかもしれない。

 スカイプ→固定電話のほうが固定→固定より本当につながりやすいのかどうかは、よくわかりませんが、電気、バッテリが生きている限りは、使ってみようと思います。但し、もっともっと大勢が同時にスカイプを使ったらどうなるのか、はわかりません・・。一定量を越えたら、やはりつながりにくくなるのかしら? 突然急激にスカイプ利用者が激増するとも考えにくいけど・・どうなんでしょうね?
[PR]
by yuuko_watanabe3 | 2011-03-16 00:22 | きょうのできごと

正直言って精神不安定です・・

 地震対策と称して、無理やり休みをもらったのですが、何か情緒不安定・・。

 その証拠に、こんなことを書こうかなと思っていたメモを、非表示にしたつもりで、ずーっと公開していたようです。オハズカシイ・・。

 本当の被害に遭った方々の苦難を思ったら弱音は吐けないですよね、と思うものの、ジワジワとボディーブローみたいに落ち込んでる人は、きっと私だけじゃないと思います。どしたらいいんだろね・・。

 そんな中、私は今日、スポーツジムをTではなく、元々入っていたMに変更すべく、手続きに行ってきました。マラソンへの意欲気力は落ちているけど、多摩ロードレースはどうしても走りたい。ちゃんと開催されるかそれも未知数だけど、こんなときだからこそ、またちゃんと走りたい、と思って。何か説明のしにくい感情ですが。
 走って誰かの役に立つわけじゃないんだけど、走ると精神的にアップすることを考えると、元気になって、それからちゃんと、自分に何ができるか、考えたい。そんな気持ちです。

 でも、練習するにしても、別の階の天井が落ちたTはいやだし、家から近いほうがやっぱり練習しやすいし、ってわけで。Tはトータル的には気にいっていたんですけどね・・。スタッフさんはがんばっていたことを思うと、これもまた複雑な気分。Tをやめたいって人は多いだろうから経営的にどうなっちゃうの?と思うけど、それ以上に、日本経済どうなっちゃうの?ですもんね・・。あー、つらい、つらい。

 ところで、そんな中、やっとほかのブロガーさんたちの安否は?と、アクセスしてみたら、さんぱちさんのブログから飛んだほんまさんのブログで、すごく参考になる記述に遭いました。

 どこのスーパー、コンビニに行っても買占めが起きている事態に、ちょっと憤慨していたんですけど、この方の文を読んで、少し気持ちが落ち着きました。なので、おすそわけ。
[PR]
by yuuko_watanabe3 | 2011-03-14 16:40 | きょうのできごと

ここ横浜でもサイレンが鳴り続けています・・

 こんな未曾有の天災が起きるとは・・・・・。

 ほんとに驚いていますが、電気なりバッテリなりが生きている状態ならネットが一番「アテ」になる、ということを今回すごく感じました。スカイプをやっている知人とはすぐにつながり、安否を確認でき、心おきなく話すことができました。

 さて。揺れが落ちついてまずほしいと思ったものはヘルメットと、スペアのケイタイバッテリでした。バッテリのハシラがすでに2本になってしまっていたので。

 備えとしては、家族、友人のケイタイアドレス、携帯番号をメモ帳に書き写しておくこと。災害専門ダイヤルの番号と使い方の控えをもっておくこと。

 家に帰ったら、オットが「実家と連絡が取れない」と言っています。メアド知らないの? と聞いたら「知らない」と言います。こういったあたりも、確認しておくほうがいいかも、ですね。

 まだ余震も続いているので、できることは今日これからもうやっておこうと思います。

 阪神大震災にあった方の体験談で、歩きやすく足を保護する靴を枕元に用意しておくこと、というアドバイスを聞いたこともあります。メガネも、スペアをすぐ使えるようにしておいたほうがいいかも。もし割れちゃったら大変だもの。

 今までは、徒歩で家に帰るシミュレーションをしておいたほうがいい、という話ばかり聞いてたのに、いざとなったら、「家に帰るな」という政府方針、報道になってることにも、びっくり。現実になってみないとわからないことも多いとはいえ、地震大国・日本でこんなにオタオタ(私も含め)してるのは、情けない。本当に大切な備えって何だろう、ということを、今のうちに自分でもう一度考えてみたい。
[PR]
by yuuko_watanabe3 | 2011-03-11 18:56 | きょうのできごと

わたなべゆうこです。blog名を「女は51から」より変更しました。


by yuuko_watanabe3

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

検索

↑当ブログの検索できます。

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

私のメアドです

以前の記事

2016年 12月
2016年 11月
2016年 02月
more...

カテゴリ

全体
最新のお知らせ
マラソン/ダイエット
わたしが過去に書いたもの
メディア/言葉/社会
映画/シナリオ
足あと帳
マイ・ジョグノート
私のダイエットメニュー
コーラス/コンサート
ゴルフ
たまには旅
きれい、かわいい
きょうのできごと
おいしいもの、おいしい店
オット:魚畑耕海
ムスコ:渡辺耕作
更年期/からだ/こころ
アート
風邪のモト=エヘン虫を追出そう
つぶやき
ブログ/HP
活字レビュー
ごあいさつ
my沖縄ライフ
未分類

ライフログ

なぜ婦人科にかかりにくいの?―利用者からの解決アドバイス集

子宮筋腫・女のからだの常識

“ほっ”とする生理痛の本―女性の悩み解決ガイド

わたなべゆうこの本

その他のジャンル

Skypeボタン

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

スポーツ
50代

画像一覧