わたくし少々ウソを書きました(苦笑)。

 数日前、シナセンの宿題で毎日アタマがイッパイと書きましたが、あの日に一応の第一稿のつもりで出力したヤツを、今日はそのまま提出しました。

 前回書いたように6連勤だったしね。時間がなかったのも、事実。今朝慌てて手をいれようとしましたが、さっと読み返したら、まあいいかーと思っちゃって。
 ただし!本日は全員が自己紹介をする、という日だったのでホントはその準備もすべきところ、Kさんと10時からの「ラスト、コーション」、14時50分からの「ノーカントリー」をハシゴしたので、それもままならず。結局私の自己紹介は、声はうわずり、いつも以上の早口で、きっと聴衆には聞き取れなかったことでしょう!と、チョ~反省!
 あーあ。でもね、来週からはプール優先のKさん、再来週からはシナセンの宿題優先の私が一緒に映画を見に行く機会って今後はこと水曜に限ってはかなり難しそうだから、やむを得なかったんですヨオ。(こんな言い訳を読まされても、皆様にはなーんにも面白くないでしょうけど、まあとにかくそんな一日だったのです)
 それにしても映画2本は期待したほどには面白くなく、みんシネ的評価基準でいうとどちらも6点くらい。まあ2つともよくつくりこまれているな、という感じではありますが。

 シナセンの自己紹介でも「今日はめずらしく2本ハシゴしてきました」の話もしたかったのですが、一人2分ですからね、ムリムリ。ブログの宣伝をし、ダイエットやマラソンしてる話で精一杯でした。なので、この場を使って、自己紹介の続きをしてみます。ここを偶然通りかかっただけの人にも、改めての自己紹介として読んでもらえるかなと思うし。では…。
 
「ちょっと補足やら訂正を申し上げたいのでもう少々おつきあいくださいませ。
 プロフィールとして約20年ライターをしていたと言いましたが、分野としては、子育て、女性問題、医療、ということになっております(笑)。最初の10年はともかく、後半は医療中心でした。あわせて、医療市民活動もしていました。ひらたく言うと患者会です。単なる情報交換の場というより、同じ痛みを体験した女性同士のセルフヘルプグループ(自助活動)の意識で行っていました。そして、私個人の活動としては、自分の体験をペースにした本も何冊か出版しました。
 友人知人のライターもそうだったように40代後半になってからは時代の変化もあって書く仕事もままならず、8年前から兼業でコールセンターに勤め、4年前からは完全に会社員となりました。
 ところで今回シナリオセンターの先生から出された課題として、自己紹介中に得意とする方言を紹介すること、というのがありましたが、横浜出身の私には得意な方言はありません。但し両親が静岡出身、夫も偶然ですが静岡なので、静岡弁のヒヤリング、というか口調をちょっと聞いただけで静岡出身を当てることだけはできます。とはいえ、自分で真似しようとしてもなかなかしゃべれません。
 でも方言の持っている豊かさは好きです。両親が日常的に使っていた言葉に、みずみずしいという意味の“みるい”という言葉があるのですが、長じてこれが静岡弁と知ったときのショックは大きかったです。大好きな言葉の1つでしたので。でも、これは静岡中部でしか使わないようで、東部出身の夫は知らない、というのです。ほかの地方出身の方のコメントの中にも、ちょっと地域がずれただけでもう通じない、というのがありましたが、言葉って私たちはつい平均化されたもののような錯覚をもってますが、実は違うということですね。先生からのこの課題は、私たちにそういうことに気づいてほしい、という趣旨もあったのかもしれない、と気づきました。
 さて。3年間続けているダイエットと昨夏から始めたマラソンに関してはこのブログを読んでいただけたらと思いますが、今度の日曜のレースがホノルルマラソンを含め6つ目です、と話したことで、すべてフルマラソン!?という誤解を与えたかもしれないと思いますので、ここに詳細をご紹介します。1回目が昨10月の荒川タートルマラソン10キロ、次がホノルルでフルマラソン、以下1月の千葉マリンマラソン10キロ、3月の湘南国際マラソン30キロ、多摩ロードレース10キロでした。今週参加するのは霞ヶ浦マラソンの10マイル(約16キロ)です。5月は山中湖1周(約13キロ)、6月は千葉のスイカマラソン10キロを走る予定です。実は、走ることへの興味もさることながら、プチ旅行が楽しめることも、マラソンの楽しさの1つです。日常に近いけど、日常からちょっとだけジャンプしてみたい、そんな気分にマラソンはとてもマッチする、と思います。
 それと。Webに関心が深いことはもっと言いたかったのですが、早口で語った愛読書は梅田望夫の“ウェブ進化論”と“ウェブ時代をゆく”の2冊です。このブログを実名に切り替えたのも梅田氏からの影響。この2冊は現代人必読の書と思ってますので、オススメします。
 それから、2003年から映画レビューの投稿も続けています。書いている先は“みんなのシネマレビュー”で、ハンドルネームは“おばちゃん”です。え? な、なんでオバチャン?と聞かれてしまうのですが、書き始めたとき、投稿者が若者ばかりであるように感じて、“おばさんの意見も聞いてよね”と思ったことが、きっかけ、かもしれません。

 そうそう、それと自己紹介の中で、お酒が好き、という人、ビンボーです、という人が何人かいらっしゃいましたが、私も同様。さっそく飲みにいきましょう、と呼びかけている人もいましたが、緊縮財政の私としては、さっさと帰ってきちゃいました。帰り道、そうそうオーバルビルには居酒屋のいろはにほへとがある(はずだ)から、あそこだったら私も参加できるなあ、とビル案内図を見て、ガ~ン!いろはは現在なくなっていました。安くて雰囲気もまあまあな居酒屋だったのになあ! ザンネン! 私の知ってるあと1ヵ所は栄子さんや近藤ドクターなどともよく行ったうどんやさんなんだけど、名前も場所ももうよく覚えてませーん! でも、ラストオーダーが遅くて便利なとこなんですよ。あとは、お財布が厳しくてもクレヨンハウスなら行ってもいいなあ。あそこのオープンテラスで呑むのも好き! でも現在ビリキーノは移転しちゃったし、かつてあのあたりで私がよく飲んだ場所は実はことごとく今はなくなってしまいました。嗚呼。」

 さらに以下に、私が宿題として提出した「受講の動機」もペーストしておきます。先生だけではなくぜひ今回の受講仲間や、ほかの人にも読んでいただきたいから。推敲しきれてないけど、何たって講座の後半では毎週20枚の宿題(!)が出るというんですから、最初からリキを入れすぎても、続かないわよね・・・。来週から始まる課題についても、気が向いたらこのブログに貼り付けたいと思っています。またおいでくださいね~。



私の動機
                渡邉優子
 五十代に入り私は生き方を大きくシフトさせました。ライターを休業し会社員になり、私生活では3年間ダイエットして15キロやせ、昨年から趣味としてマラソンも始めました。すると、生まれて初めてと言っていいくらい心身が元気になり、「人生の遣り残し」が俄然気になりだしました。 
 若い頃から運動は苦手と敬遠ばかりしてましたが、ほんとは憧れは持っていました。フルマラソンを走れたんだからもっとほかにもやれるかも!?と思ったり、楽器やコーラス、英語など、職場も忙しいのにとにかくあれこれやりたくてたまりません。
 そして、今こそもう一度モノを書きたい、という気持もフツフツとわいてきました。だから、一見結びつきにくいようですが、ダイエットとマラソンで元気になったことが、前から少々憧れていたシナリオセンターを受講してみようと思った、最大のきっかけです。その憧れをもっとさかのぼると、「お芝居する」ということに興味を持った中学生くらいにまでたどりついてしまい、40年も前のことになってしまいます。エンエンとそこからの話を書いても特段面白くもなければただ長くなるだけなので割愛しますが、実際に受講を決めるに至った動機としてはあと幾つかあります。
 その1つはライターとしての体験にあります。多少は思索したり、それを表現したりという作業を求められる仕事をしてきました。その習い性は会社員となった今も変わるはずもなく、ブログに、自分の思いや考えを書いています。また、インターネットの出現により、色々な思想や体験がそれまでとは比較にならないほどの頻度や量で伝えられるようになった、そのことも肯定的に見ています。人のモチゴマは実は豊かになったはず、というのが私の基本的な考えです。
 でもこうした社会認識ではあるものの、、皮肉なことに人はますます生き方が、大切なことが分からなくなってしまってきていると感じます。そうした混沌とした時代の中で、私も含め途上にある人間が、それでも希望を次の人、他のたちに伝えたいと思ったら、そのために有効な方法論はノンフィクションではなくフィクションなのではないかしら。今まで架空のドラマを書くなんてことはほぼ考えてもみなかった私が、自分でも意外なことにたどりついた結論が、そういうことなのです。
 それと、これまでの自分が、そういう創作活動をしてみようと考えてみなかったわけは、社会のもろもろの事象について私自身の知識が極端に不足している、自分はあまりにものを知らなすぎる、と思っていたことにも関係があります。ところが、50余年も生きてくると、そんな私自身の知識も、けっこうな量や質になっていることを感じます。さらに現代ではかつては調べにくかったような情報も、インターネットの技術によってある程度得られるのですから、「知らないことが多い」のは、今やハンディではなくなったと感じます。昔だったら「知」の大家や若くして才能を開花させることが出来る人だけのものだったかもしれない、「表現」というものに、人生の後半になって初めて取り組んだらどんなものを生み出すことが出来るのか。やってみたいものだ、と強く思いました。
 そしてその延長上には実は、毎日フリーターときどき役者、の我が息子のためのシナリオを書くことができたらいいなあ、というのも、正直なところあります。我が息子ながら、彼はいい役者だと私は思っています。でも、まだ芽は出ていません。ただ単に「イケルと思うんですよ」と言っても、説得力はないでしょう。でも、「この役は、この表現はこの人だからできると思うんですけど」と提示して、人を納得させられるシナリオを書けたら、いいなあと思っています。この世に送り出した以外に、何のバックアップもできていない母親ですが、息子・渡辺耕作を光らせることのできるシナリオを書いてみたい、これも動機の1つです。
 幾つか挙げた動機の、どの1つが欠けても、もしかしたら実際の受講には至らなかったかもしれません。それぞれのきっかけが無駄にならないように、この講座の宿題に真剣に取り組んでいきたいと思っています。プロをめざすのではなく、あくまで趣味として取り組むのだ、と私としては思っていますが、オオバケできたら、またそれにこしたことはないと。   
 いいものを書く、そういう意味では思い切り欲をかいてみたい、真摯に取り組みたいと思っています。
[PR]
by yuuko_watanabe3 | 2008-04-16 22:17 | きょうのできごと

わたなべゆうこです。blog名を「女は51から」より変更しました。


by yuuko_watanabe3

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

検索

↑当ブログの検索できます。

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

私のメアドです

以前の記事

2016年 12月
2016年 11月
2016年 02月
more...

カテゴリ

全体
最新のお知らせ
マラソン/ダイエット
わたしが過去に書いたもの
メディア/言葉/社会
映画/シナリオ
足あと帳
マイ・ジョグノート
私のダイエットメニュー
コーラス/コンサート
ゴルフ
たまには旅
きれい、かわいい
きょうのできごと
おいしいもの、おいしい店
オット:魚畑耕海
ムスコ:渡辺耕作
更年期/からだ/こころ
アート
風邪のモト=エヘン虫を追出そう
つぶやき
ブログ/HP
活字レビュー
ごあいさつ
my沖縄ライフ
未分類

ライフログ

なぜ婦人科にかかりにくいの?―利用者からの解決アドバイス集

子宮筋腫・女のからだの常識

“ほっ”とする生理痛の本―女性の悩み解決ガイド

わたなべゆうこの本

その他のジャンル

Skypeボタン

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

スポーツ
50代

画像一覧