TVからふと思うこと

 若い人にそうなじみのある名前ではないでしょうけど、島倉、美空と聞けばつい見てしまう我ら夫婦は立派に中高年よね(笑)。

 でもね、同時代を生きた歌手2人がほんとに仲がよかったか、縁で結ばれていたかどうかなんてどうでもいいんですけどね。美空ひばりのエピソードや映像が出てくるTVを見るといつも思うのは、ゴッドマザーの存在に支配され続けたひばりという人の悲劇と、にもかかわらず大衆に支持され続けたという事実のあいだにある乖離です。あの母なくして彼女が天才と呼ばれることはあったのかどうか、ということや、養子になったあの和也さんという人が、係累の色々な不祥事や不幸にもめげずに、健全に人生をおくっているように見えることの不可思議さを、ついつい感じてしまいます。めぐりあわせとしか言いようのない、善悪や幸不幸で片付かない、人の世界の不思議さ。我が母が、ひばりさんの生前にはいつも「きらい」と言っていたくせに、亡くなってしばらく経ったら「実は好きだ」と言っていることといい、やはりシンボリックな人なんですよね、あのひばりさんという人は。彼もまた亡くなってしまいましたが、指揮者の岩城宏之がひばりさんのファンだったことは有名ですね。彼がひぱりを評価する理由をかつてエッセイに書いていましたが、その圧倒的な音程の確かさを挙げていました。確かもう彼女が亡くなったあとのことだったと記憶していますが。そういう意識で美空ひばりの歌を聞いてみると「確かに、確かに」と思うのです。楽譜は実はよめなかったそうですが、やはり天才であったことは間違いのないことでしょう。しつこいようですが、じゃああの人にあんな極端な母親がいなかったらどんな人生だったのか。だけど人は他人との出会いはともかく、母を自分から選ぶことはできないのだから、彼女のあの人生は、或いは母と娘の運命とは普遍的にも必然としかいいようのないものなのか・・。
 何か、そんなことにこだわってしまう私です。
[PR]
by yuuko_watanabe3 | 2008-04-05 00:27 | きょうのできごと

わたなべゆうこです。blog名を「女は51から」より変更しました。


by yuuko_watanabe3

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

検索

↑当ブログの検索できます。

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

私のメアドです

以前の記事

2016年 12月
2016年 11月
2016年 02月
more...

カテゴリ

全体
最新のお知らせ
マラソン/ダイエット
わたしが過去に書いたもの
メディア/言葉/社会
映画/シナリオ
足あと帳
マイ・ジョグノート
私のダイエットメニュー
コーラス/コンサート
ゴルフ
たまには旅
きれい、かわいい
きょうのできごと
おいしいもの、おいしい店
オット:魚畑耕海
ムスコ:渡辺耕作
更年期/からだ/こころ
アート
風邪のモト=エヘン虫を追出そう
つぶやき
ブログ/HP
活字レビュー
ごあいさつ
my沖縄ライフ
未分類

ライフログ

なぜ婦人科にかかりにくいの?―利用者からの解決アドバイス集

子宮筋腫・女のからだの常識

“ほっ”とする生理痛の本―女性の悩み解決ガイド

わたなべゆうこの本

その他のジャンル

Skypeボタン

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

スポーツ
50代

画像一覧