昨日に引き続き、更年期ネタを少々。

その前にダイエットに関して少々。インボディーで体重53,3の記録が残っている10/5を私のダイエット完了日と捉えることに致しました。約2年強かかって、約15キロの減量に成功し、BMI22に到達したわけです。以来74日。今朝の体重52,6。順調です。



 さて。会社の休憩室にあった雑誌『クロワッサン』を読んでいたときのことです。

 更年期の女性向けのサプリメントの広告に、「製薬メーカーの調査では、更年期の女性で受診したり市販薬を利用していない人が79%」とあったのですよ。対策してない人がこれだけいますよ、(ガマンしないで)この薬を使いなさい、という広告コピーのつもりらしい。プププ。この文に心動かされる人がそういるとも思えないけど、そもそも、信頼のおける調査において、更年期症状で医療の支援が必要な人は実は女性全体の2割、ということがわかっています。調査団体、調査時期が異なっている複数の調査の結果が一致していることから、この2割、という数字はかなり正しい数字だろうと思います。しかも! この広告コピーにある調査でも、医療を利用している人は約2割、という結果ということは、見事な一致。「利用してない人が79%も!」というのは、実は何の説得力にもなってないわけね。そのサプリは結局使う必要はない、ということですよ。ハハ。

 但し、「医療の支援が必要な人」と「医療を利用している人」は、男女を問わず、病名を問わず一致していないのが、世の常。ある人は過剰に怖れてドクターショッピングをし、ある人は我慢をし過ぎ、ある人は医療を敬遠し、ある人は自分のからだの状態を認識できない。本当は医療を必要としている人がアクセスできず、必要ない人が過剰にアクセスして不要な投薬などを受けている現状を、かつては歯がゆく思っていたこともありましたが、それもこれも含め自己決定なのだからいいんじゃないの? それで、と最近は思っています。
 (私たちの周りには情報がありすぎ、私たちは自分で決定するということに慣れてない、自覚なしに決定していることを自己決定と呼んでいいのか、と理屈っぽくなろうと思えば、いくらでもなれますけどね)

 まあともかく、もっとシンプルに考えたほうがいいんじゃないの? ってことです。50歳前後、つまり更年期世代になっても、大半の人はふつうに食事や運動を向上させることを考えるだけで、本当は十分。医療は、それでも具合が悪くなった、という自覚を持ったときに利用すればそれで十分でしょ。

 かつて、近藤誠さんは、「医療被害に遭わないためには医療にかからないこと」と仰っていました。サプリ被害も早晩、アメリカと似たような状況になっていくことでしょうけど、サプリ被害に遭わないためにはサプリを使わないことです。なんて、私がここでひっそり声を上げても、「薬は怖い、サプリが安心」と使い続ける人は、後を絶たないんでしょうけどね。

[PR]
by yuuko_watanabe3 | 2007-12-23 08:30 | 更年期/からだ/こころ

わたなべゆうこです。blog名を「女は51から」より変更しました。


by yuuko_watanabe3

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

検索

↑当ブログの検索できます。

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

私のメアドです

以前の記事

2016年 12月
2016年 11月
2016年 02月
more...

カテゴリ

全体
最新のお知らせ
マラソン/ダイエット
わたしが過去に書いたもの
メディア/言葉/社会
映画/シナリオ
足あと帳
マイ・ジョグノート
私のダイエットメニュー
コーラス/コンサート
ゴルフ
たまには旅
きれい、かわいい
きょうのできごと
おいしいもの、おいしい店
オット:魚畑耕海
ムスコ:渡辺耕作
更年期/からだ/こころ
アート
風邪のモト=エヘン虫を追出そう
つぶやき
ブログ/HP
活字レビュー
ごあいさつ
my沖縄ライフ
未分類

ライフログ

なぜ婦人科にかかりにくいの?―利用者からの解決アドバイス集

子宮筋腫・女のからだの常識

“ほっ”とする生理痛の本―女性の悩み解決ガイド

わたなべゆうこの本

その他のジャンル

Skypeボタン

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

スポーツ
50代

画像一覧