忙しい休日でした

 体重は朝も午後も52キロ台。

 いやそこまで減らなくていいから!と複雑な気持ち。でも、ダイエット完了したからと言って、2年間の食+運動スタイルは変えていない上にランニングをしてるんですから、そうなると減らないほうがおかしいかもしれません。最初やせ始めたときもそうでしたし、よく言われることですが、落としたいときは横バイで、落ちるときは案外ズドンといくんですよね。面白いもんです。メガのインストラクターは「女性の理想的BMIは21」といってましたし、21まではOKとしようかな。とすると51キロです。ここをデッドラインに決めようかなと思うけど、もっとも、目標としている開催地のホノルルはおそらくハイカロリーで、お調子者の私は食べまくるに決まってますから、一時的にガッと増えるに違いないことを考えれば、旅行前は50までOKかな。でも、何しろこの歳(53!)ですから、40キロ台にはならないように気をつけながらトレーニングしようと思います。(もう、今さら「憧れの40キロ台」ではありません(笑))・・ちなみに、トップのポートレートは今年5月、54キロ台でランニングもしてなかった頃です。年末には、ホノルルでの写真に更新しようかなと思います。

 さて、今日忙しかったのは主としてトレーニングと医者めぐり。血圧の薬をもらいに行く前に、少しでもデータをよくしようと思ってメガでエアロバイクに乗ってから内科へ。前回の血液検査で血糖値とコレステロールはやや高めだけど、前者は食事後だったからでしょう、コレのほうは悪玉も高いからまあいいでしょう、と及第点。
 次は1週間ぶりの冨永接骨院。「今日も予約なしだけどいいですか?どのくらい待ちますか?」と聞いたら「10~20分かな」という返事。「よそを回って1時間後に来るというのはどうでしょう?」と聞いたら「そのほうが混んでる可能性があります」と仰るので「あ、やっぱり予約したほうがいいですか?」と聞いたら、何と「予約はとってないんです」ですって。ワー、ますます私好み。それと、こういうスタンスって好みが分かれるとこでしょうけど、最初から「うちは予約制じゃありませんから」とゴリゴリ押してくる(わかります?この感じ)より、私は好ましく感じました。んもう、ますます気に入っちゃいました。オットも行くようになったので、オットが冨永氏に「女房は今までたいしてスポーツをしてなかったので、続いていて驚いてる」だの、「でも、慣れてないから心配だ」と言ってるらしいとわかり、プププ。それと、「だんなさんは走るの、控えてますか?」と聞かれたので、「え?いや少し走ってるみたい。先生は控えるように仰ったんですか?」と聞いたら、「ええ」と。お互いに、ニヤリ。「私はランニングは自分と相談しながらやるとこが面白いと思ってるんだけど、うちのダンナ、ちょっとやりすぎですよねえ」と言ったら、またセンセイ、ニヤリ。「まあでもね、結婚して30年近くたって初めて共通の趣味?をもったんですよ」などなど話して、楽しい治療タイムでした。「これから、さいとう整形外科に腕とかヒザの相談に行くんです」と言ったら、「どこが特にいいとは(立場上)言えないけど、評判いいですよね」ですって。やっばりね。
 私が今までかかってきた治療師さんは「最低でも1週間に1度は来て下さい」とよく言われたものですが、そう言われると反発しちゃってさぼったものでしたが、このセンセイ、そういったことも一切仰らず。でも、私自身の意思で、これからも週一ペースくらいでぜひかかりたいと思っています。単なる肩こりとかではなく故障箇所があるから、大手をふって接骨院にかかれる患者だしね。

 さて。続いて行った整形外科でも、面白い情報収集が出来ました。

 続きは↓コチラ。



 さいとうセンセイは、妹の次女がかかってよかったということから教えられたわけですが、1年くらい前、オットが「走ってみたら?」と冗談のように言っていた頃、「以前ヒザが痛くて今は落ち着いてるけど、これ大丈夫なんでしょうか」と聞きに行って以来、3回目。2回目は「ビリーズブートキャンプはやったらまずいですか?」という変な質問で行ったからセンセイも目をシロクロって感じでしたが、今日はちゃんと「腕」という痛い箇所があるので、正当な患者です(笑)。レントゲンをとってもらったら、何とレッキとした「五十肩」でした。「ショックかもしれないけど・・」と最初はショックを与えるのが、さいとうセンセイ流らしい。よくよく聞いたら「五十肩」としてはまだ初期みたいです。(センセイの言い方は「ひどくなると後ろのボタンがとめられない人も」とか、そういう感じでした。)でもほんとはむしろごく初期からガンガン動かしてよかったらしい。但し、その診断はもちろんレントゲンを撮ってこそできるもの。なので、40代、50代で原因不明で肩や腕が痛くなったらとりあえず動かすのを自粛するより早く整形外科に行ったほうがよいみたいですよ、みなさん。
 で、片腕を胸の前に伸ばしもう片方の腕で押さえるストレッチを、もうヒマさえあればやるように、ということと、塗り薬を処方されました。
 それともう1つの心配事だった「マラソンして大丈夫?」ということは、まったくノープロブレムでした。それどころか、五十肩のアドバイスの10倍くらい色んなアドバイスを受けました。何とセンセイは皇居10周の体験者だとか。元々は短距離が専門で現在はマウンテンバイク(の競技ということ?)をやっていてマラソンはもう長いことやってないとの話ではありましたが、とにかくアスリートならではの話が、後から後から(笑)。
 フルは20から25がきつい(これはよく聞きます)とか、42,195の最後の2,195がこれまたきついとか、だからこそホノルルに行く前に一度はフルを走っといたほうがいいとか、足の裏の水ぶくれ対策とか、ウエストポーチの選び方とか、とにかく体験者によくアドバイスを聞けとか、ホノルルでいいタイムだとボストンにフリーパスだとか、エトセトラ、エトセトラ。医者と話してるのかインストラクターと話してるのかわからないくらいでありました(笑)。

 医者めぐりツアーをこなし昼食をとったあと、メガでオットと合流。保土ヶ谷公園で私は4キロ、オットは6キロのトレーニングをして、帰ってきました。

 メガで旧知の人から、「夫が病気したから、海外へなんてとても。行けるときに行っときなさいね」と言われたり、がんの再発で亡くなった友人が再発後「もう一度10年生きれたら第二の人生でやりたいことがある」(何なのかは語らず。)と言っていたことを思い起こすと、この機会は大切にしなきゃ、と思います。オットも、走るとき、かつての友人のことを思い起こしているに違いない、と思います。そんな話はお互いしないけど。生かされていることを感謝、と思えば、きっとゴールはできると思う。走ることはやっぱりすごく好きなわけじゃなく、4キロもつらいと思う私ですが、一歩一歩ふみしめていけぱ、きっと走れると思います。今日の4キロも大切に走ったつもりだけど、明日からもっとまじめに走ってみようと思います。

 あ、そうそう、さいとうセンセイがマラソンについてあまりに熱く語ってくださったので、「平泳ぎはヒザに問題のあるような人はやめといたほうがいいですか?」と聞こうと思ってたのに、忘れちゃいました。オットにその話をしたら、「マラソンみたいにヒザに負担をかけるものが大丈夫ってことなら、(あなたがやってるようなお遊びみたいな)平泳ぎがダメなわけないだろ」と言うので、これからも平泳ぎもやってみようと思います。(但し、まだまったく平泳ぎモドキにもなってないけど・・汗)

[PR]
by yuuko_watanabe3 | 2007-10-17 19:40 | マラソン/ダイエット

わたなべゆうこです。blog名を「女は51から」より変更しました。


by yuuko_watanabe3

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

検索

↑当ブログの検索できます。

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

私のメアドです

以前の記事

2016年 12月
2016年 11月
2016年 02月
more...

カテゴリ

全体
最新のお知らせ
マラソン/ダイエット
わたしが過去に書いたもの
メディア/言葉/社会
映画/シナリオ
足あと帳
マイ・ジョグノート
私のダイエットメニュー
コーラス/コンサート
ゴルフ
たまには旅
きれい、かわいい
きょうのできごと
おいしいもの、おいしい店
オット:魚畑耕海
ムスコ:渡辺耕作
更年期/からだ/こころ
アート
風邪のモト=エヘン虫を追出そう
つぶやき
ブログ/HP
活字レビュー
ごあいさつ
my沖縄ライフ
未分類

ライフログ

なぜ婦人科にかかりにくいの?―利用者からの解決アドバイス集

子宮筋腫・女のからだの常識

“ほっ”とする生理痛の本―女性の悩み解決ガイド

わたなべゆうこの本

その他のジャンル

Skypeボタン

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

スポーツ
50代

画像一覧