過去日記2004-07-31 『真夏の怪談』

ネットサーフィンをしていたら、ナースらしい人が、ほかのナースの体験した「入院患者の行方不明→自殺」の話を書いていた。読んでいるうちに「しかし本当の恐怖はここからだった」というくだりが出てきたので、何ごとかと思ったら、要約すると、こういうこと。「その患者が亡くなって数日たち、死去の前日にした血液検査の結果があがってきた。HIVポジティブだった。さあ、ナースも医師もパニックに。なぜなら患者の血液をそうとは知らずに多量にさわってしまったから。しかしあわてて検査をして陰性だったとわかり、ほっと胸をなで下ろしました」とさ、というのだけれど、私は、この書き手の「本当の恐怖はここから」は第3幕があるじゃないか、とハラハラ。なぜって、HIV感染には潜伏期間があるのだから、そんなに早く結果は出ないじゃないか、ということ。もちろん、この話は伝聞だから、当事者の人々はきちんと所定の(つまり完全に結果が正しく出るように2ないしは3ヵ月の)期間をおいてからの検査だったかもしれないが、それを伝え聞いたこのナースは、そのことを歯牙にかけておらず、どちらにしても、ここに登場してきた何人かのうち1ないしは3人以上の、知識のあやふやな医療従事者がいるのではないか、という疑惑。これがもしかしたらこの話の中では、一番コワイじゃないか、ということなのだ。いやはや、やっぱりこの国におけるHIV知識は、医療従事者でさえあやふやなのだから、ましてや・・。私自身は最近はさっぱり恋愛に興味はないが、さてパートナーはどうだろう。息子はもちろんこれから恋愛をしていく年頃だ。もちろんこのように、恋愛や性体験以外でも感染していく可能性はないとはいえないが、むしろ感染者の母数が多くなればなるほど、「自分には関係ない」と思っている人が、ふつうの単なる性行為で感染していくリスクは右肩上がりで、それもするどいカーブで上がっていくだろう。今でも対岸の火事だと思っている人は、どうしたらこのことがのみこめるようになっていくんだろうか。ハラハラしているしかないんだろうか・・。
[PR]
by yuuko_watanabe3 | 2004-07-31 13:21 | 更年期/からだ/こころ

わたなべゆうこです。blog名を「女は51から」より変更しました。


by yuuko_watanabe3

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

検索

↑当ブログの検索できます。

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

私のメアドです

以前の記事

2016年 12月
2016年 11月
2016年 02月
more...

カテゴリ

全体
最新のお知らせ
マラソン/ダイエット
わたしが過去に書いたもの
メディア/言葉/社会
映画/シナリオ
足あと帳
マイ・ジョグノート
私のダイエットメニュー
コーラス/コンサート
ゴルフ
たまには旅
きれい、かわいい
きょうのできごと
おいしいもの、おいしい店
オット:魚畑耕海
ムスコ:渡辺耕作
更年期/からだ/こころ
アート
風邪のモト=エヘン虫を追出そう
つぶやき
ブログ/HP
活字レビュー
ごあいさつ
my沖縄ライフ
未分類

ライフログ

なぜ婦人科にかかりにくいの?―利用者からの解決アドバイス集

子宮筋腫・女のからだの常識

“ほっ”とする生理痛の本―女性の悩み解決ガイド

わたなべゆうこの本

その他のジャンル

Skypeボタン

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

スポーツ
50代

画像一覧