55から動きません

 どうしたことでしょう?

 平均で約500落としたいとがんばっていたのに、逆に平均500増えてしまっています。少しボヤイたら、ムスコから「からだが飢餓感を感じてこれはいけないと蓄えてるんだろっ。もうそれ以上やんなくていいから!」と諭されてしまいました。「そもそも数字を減らすためにやってんじゃないでしょ」と言うから「いや数字を減らすことこそ目的です。BMI22を目指すのじゃあ」と言ったら、呆れ顔で「どうぞご勝手に」ですと。
 
 まあでも体調はわるくないですけどね。毎日のお通じも快調だし。うー55にのっかっちゃったよーとブツブツ言い始めた頃、職場では最近入った同僚から「ゆうこさん細いものねえ」と言われてしまった(笑)。え?この私が細い人? ギャハハハ。ビックリ。
 でも156センチ、55キロってデータだけだと、「細い」という数値には聞こえないでしょ? そこが私のフシギなとこで、今の私は50キロくらいに見えるんですってさ。いつも実数値よりは細く見られるのです。だから68キロあったときにもそこまでの体重には見えなかったんでしょうね。

 まあそれはさておき、「30代だった頃より今のほうがずっと元気」という状態には変わりありません。これは1つにはホルモンリズムとも関係あると思うのですよね。39歳で子宮全摘したとはいえ右卵巣は残しましたから、排卵はしてたはず。そのためだけじゃないでしょうけど、40代は公私の不安定さもあいまって気分の浮き沈みもかなりありました。それが今ではかなりフラット。男の人の精神ベースってこんな感じなのかしらね。だとしたら、かなり楽ねえと思うものの、最近は「男の更年期」に悩む人が少なくないというから、ココロとカラダの関係は、一筋縄じゃないですね。
 
 そもそも、女性の50歳前後というのは狭義の更年期まっただなか。でも私はこんなに元気・・って、そこに落とし穴もあるのよ、というのが、今まで私が取材やら何やらで見聞きしてきた情報ですから、うかうかはしてられませんが、ほんとに元気なものは、しょうがない。
 もっとも、公私の「公」のほう、今の職場が性に合っている、ストレスがないわけじゃないけど、ちょうどいい負荷くらいのところにとどまっている、これまでの職種、職場より安定している、というのが、ココロ穏やかでいられる、ホントの最大の原因かもしれませんけどね。いえね、世間的に見て、すんばらしい職場、というわけじゃないんですよ。だけど今の私には合ってる、ってこと。仕事をして生活して好きなことやって将来やりたいことも思い描いて、という、実に内向きな毎日ですが、とりあえず楽しくやってます。ほんの少しリバウンドしてしまった、ということ以外は(笑)。
 更年期の辛さって、家族や職場といった外的要因の大きさが見逃せない、ということは幾つもの研究によって明らかになっています。原因の3分の1くらいを占める、といったデータを見たことがありますが、ほんとは2分の1くらいかも・・。辛かったら、自分の居場所を変えてみる、というのは1つ有効かもしれません。

 あれ? これって私が「生理痛の本」のあとがきに書いたこととおんなじだなあ。生理痛のつらい人は、ストレスが要因になっていることもあるから思い切って職場を変えてみるのもいいかも、だけど言うほど簡単なことじゃないから余計辛いですよね、ということを書いたのでありましたっけ。

 ところで、生理痛の悩みまっただなか、という19歳の方からメールをいただきました。


↓(続きは More をクリック!)↓




 上に書いたようにノウテンキなことを書いたり思ってる私ですが、月経イヤだよ、生理痛辛いよ、PMSもっと辛いよ、といった訴えを聞くと、瞬時に30代の泣きたいほど辛かった頃にタイムスリップします。思い出しただけで簡単に泣けるから、今からでも女優になれるかもしれないくらいです。
 結局のところ、医学がどれほど進歩したとか言われても、真綿のように自分が自分を苦しめる生理痛のその実態を大きく変えられるイデオロギーも、方法論も、深い闇に包まれています。あるにはあるけどね。清水さんと私が書いた本に、それはあらいざらい書いたつもりです。でも、飛躍的に改善された、ここまでよくなった、という声まではまだ残念ながら聞けません。職場の同僚でも一人かなり辛そうな人がいて、本を渡しましたが、改善には至っていない様子。何もしてあげられないことが、はがゆいです。

 今の私の関心事は、アクアダンスと朝食・昼食の改革である程度快適なからだになった自分が、30代の時点でこれをやっていたら、何が変わっただろうか、変わらなかっただろうか、ということです。私の子宮筋腫の本の監修をしてくださった佐々木静子ドクターは、「便秘をしないように、冷やさないように、太らないように」ということを口すっぱく仰っていました。深く同意しながらも、私が実践できるようになったのはたった2年前です。

 でもね、過去を振り返って「・・たら」「・・れば」を言っても詮ないこと。ダイエットを始めたきっかけは高血圧対策でした。血圧の数値が目に見えて改善されなかったことは残念ですが、始めた頃より快適なからだになった実感を頼りに、「もっと快適なからだになれるかどうか」を探っていきたいと思います。

 ・・って、確かにそのことと数字へのこだわりは、ちょっと矛盾してますが。まあ、両方をめざすってことで!

[PR]
by yuuko_watanabe3 | 2007-08-10 10:26 | 更年期/からだ/こころ

わたなべゆうこです。blog名を「女は51から」より変更しました。


by yuuko_watanabe3

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索

↑当ブログの検索できます。

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

私のメアドです

以前の記事

2016年 12月
2016年 11月
2016年 02月
more...

カテゴリ

全体
最新のお知らせ
マラソン/ダイエット
わたしが過去に書いたもの
メディア/言葉/社会
映画/シナリオ
足あと帳
マイ・ジョグノート
私のダイエットメニュー
コーラス/コンサート
ゴルフ
たまには旅
きれい、かわいい
きょうのできごと
おいしいもの、おいしい店
オット:魚畑耕海
ムスコ:渡辺耕作
更年期/からだ/こころ
アート
風邪のモト=エヘン虫を追出そう
つぶやき
ブログ/HP
活字レビュー
ごあいさつ
my沖縄ライフ
未分類

ライフログ

なぜ婦人科にかかりにくいの?―利用者からの解決アドバイス集

子宮筋腫・女のからだの常識

“ほっ”とする生理痛の本―女性の悩み解決ガイド

わたなべゆうこの本

その他のジャンル

Skypeボタン

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

スポーツ
50代

画像一覧