そうだったのか

  ダイエットのために食事、運動を改革?して、我ながら「そうだったのか」と思うことは幾つかありました。

 鬱や不眠は運動によってかなり改善できるってことが1つですね。だから、逆算すれば、鬱や不眠に悩む人はいやでも少しずつからだを動かしたほうがいいだろうと思うわけですが、鬱の人は「ちょっとでもからだを動かそう」という気持ちになるまでが大変なわけじゃないですか。そんな人に「散歩だけでも」と言ったって、そりゃ殆どムリですよね。それと、私自身、仕事の行き帰りに40~50分歩いても目覚しい効果は表れず、やっぱり食事と運動に本腰を入れて取り組まなければ減量できなかったわけですから、「ちょっと動いてみましょうよ」といったって、何の役にもたたないだろう、とは思うわけです。で結局のところ私の場合食事改革によって「あら少しやせ始めた」ということをきっかけにスポーツクラブに通い始め、それが現在に至ってるわけです。なので、ダイエット目的のない人も、寒天、玄米、ヨーグルトの「私の三種の神器」はぜひ試してみて!!と思います。
 但しここになぜ「おからが入ってないの?」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、実はおからを加えたのは、一番最後。もちろん最初から加えていただいてもよいとは思いますが、
最初にトントンと落ちたときのアイテムでは、実はありませんでした。
 まあとにかく、運動オンチの私にとっては、「からだを動かしてみよう」より「ダイエットメニューを工夫しよう」が先でしたし、そっちのほうがとっつきやすいように思います。だからまずは食事改革をオススメ。

 それと、何を隠そう寒天や玄米、ヨーグルトは「安い!」ということも、メリットの1つ。ダイエット用に発売されている食品はおおむね高いですけど、元々あるこういった食品は、ほんとに安い。
私が、食事を決めてしまうライフスタイルを一番最初に知ったのは、画家の菅井汲が3食決めているという話を週刊誌で読んだときでしたが、どうして菅井氏がそんな食生活をしているかは、わからずじまい。ですが、「これしか食べない」というものを決めてしまうメリットは、食費にかかるコストのある程度の予測をたてられることだ、と気づきました。気づいたのは実はごく最近。それもメリットじゃん!ということに気づくのが遅すぎですが、これも「そうだったのか~」の1つです。貧富に限らずですね、ローコストで高い効果を得られるということは、その分、別のことにコストをかけられるというわけで、それでヘルシーにもなるんだったら、そのほうがいいじゃあーりませんか。

 てなわけで、メタボリックを何とかしたい、と思い、ここに立ち寄ったかもしれないそこのビール腹の方、ローコストでカロリー少な目、ダイエット効果の高い、寒天、玄米、ヨーグルト、そしておから。まずは1食をこれらにおきかえてみて! きっと効果を実感されることうけあいますです。

[PR]
by yuuko_watanabe3 | 2007-08-02 00:20 | マラソン/ダイエット

わたなべゆうこです。blog名を「女は51から」より変更しました。


by yuuko_watanabe3

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

検索

↑当ブログの検索できます。

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

私のメアドです

以前の記事

2016年 12月
2016年 11月
2016年 02月
more...

カテゴリ

全体
最新のお知らせ
マラソン/ダイエット
わたしが過去に書いたもの
メディア/言葉/社会
映画/シナリオ
足あと帳
マイ・ジョグノート
私のダイエットメニュー
コーラス/コンサート
ゴルフ
たまには旅
きれい、かわいい
きょうのできごと
おいしいもの、おいしい店
オット:魚畑耕海
ムスコ:渡辺耕作
更年期/からだ/こころ
アート
風邪のモト=エヘン虫を追出そう
つぶやき
ブログ/HP
活字レビュー
ごあいさつ
my沖縄ライフ
未分類

ライフログ

なぜ婦人科にかかりにくいの?―利用者からの解決アドバイス集

子宮筋腫・女のからだの常識

“ほっ”とする生理痛の本―女性の悩み解決ガイド

わたなべゆうこの本

その他のジャンル

Skypeボタン

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

スポーツ
50代

画像一覧