放蕩息子の帰還

…と言い切れるかどうか、まだちとアヤシいが、トミーが帰ってきた。前々日に別の接骨院で、ややピントはずれな押し方に思える治療師から力任せ?にグイグイやられて不安いっぱいだった私は、やっと帰ってきた主治医に、ホッ。自分のからだをよく知ってくれてる人がいる、という安心感は何にもかえがたい。
今年前半あまり走ってなかったことも話し、今の私の腰どうですかねえと聞いたら、急に動かすようになったからでは?もっと動かして大丈夫、とのこと。ダンナさんのほうが心配、だって。私も「ねえ(笑)」と言って帰ってきた。
かつての会話と安心感も戻った思いがあるけど、さあこれから彼がバックレずにちゃんと診療を続けてくれるのかな、ということについては、まだ私自身が信用しきっていない。え!?じゃあなぜその人にこだわるの?イケメンだから?とからかわれてしまいそうだが、長い間色んな治療師にかかってきた私の実感として、腕がいいのだ。人柄もいい。ついでに、顔と声もいい。だけど顔と声がよいより、腕と人柄のほうが当然大事でしょ。何しろ私が3年間ケガもせずレースに出続けられたのは彼のサポートの力が大きかったから、と私は信じている。
ウィークポイントは、(たぶん、という想像の域を出ないが)心の弱さかな。これから彼は、戻ってきた患者に何度も何度も「申し訳ありませんでした」を繰り返すことになるだろうから、果たしてそのストレスを乗り越えることができるかどうか、と、血縁はないけど、かつてはもう1人のムスコ、くらいに思っていたハハとしては、気をもんでいる。
数年前は腕と人柄を気に入ってせっせと人に紹介していたけれど、去年マラソン仲間に紹介してその人に迷惑をかけてしまったから、もう紹介はできない。ハッキリ言って。だけど、ご近所さんでたまたま天王町冨永接骨院の前を通り、「診療中」の札がかかっていたら、(そしてあなたがどこか関節の痛みを持ってる人なら)お立ち寄りを。お代以上の施術はしてくれるはずですから。
[PR]
by yuuko_watanabe3 | 2011-09-06 08:44 | つぶやき

わたなべゆうこです。blog名を「女は51から」より変更しました。


by yuuko_watanabe3

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

検索

↑当ブログの検索できます。

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

私のメアドです

以前の記事

2016年 12月
2016年 11月
2016年 02月
more...

カテゴリ

全体
最新のお知らせ
マラソン/ダイエット
わたしが過去に書いたもの
メディア/言葉/社会
映画/シナリオ
足あと帳
マイ・ジョグノート
私のダイエットメニュー
コーラス/コンサート
ゴルフ
たまには旅
きれい、かわいい
きょうのできごと
おいしいもの、おいしい店
オット:魚畑耕海
ムスコ:渡辺耕作
更年期/からだ/こころ
アート
風邪のモト=エヘン虫を追出そう
つぶやき
ブログ/HP
活字レビュー
ごあいさつ
my沖縄ライフ
未分類

ライフログ

なぜ婦人科にかかりにくいの?―利用者からの解決アドバイス集

子宮筋腫・女のからだの常識

“ほっ”とする生理痛の本―女性の悩み解決ガイド

わたなべゆうこの本

その他のジャンル

Skypeボタン

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

スポーツ
50代

画像一覧