禁酒・・じゃなく筋腫の話

 何しろ1年365日と言っても過言ではないほど毎日、子宮筋腫にこだわって生きていた時代がありましたのでね、子宮筋腫について語りだしたら、ほんとは私、止まらないです(笑)。

 そもそも子宮筋腫を「病気」ととらえるのはおかしいでしょ、というのが私の基本スタンスなんですが、それを裏付けるような話をある婦人科ドクターから聞いたことがありまして、それは「一般的に子宮筋腫は成人女性の3人に1人と言われてますが、手術による経験則では半数くらいの人にある」というもの。
 少し解説しますと、子宮筋腫は月経過多や月経痛に悩んで受診し見つかる場合ももちろんあるものの、内膜に影響を与えない場所にできてると過多や痛みに至らないことも多く(これ、大きさには関係ないんですよ)、じゃあどういう経緯で見つかるかと言うと、健診で発見されることが多いのです。当然、何らかの理由、背景から健診を受ける機会のなかった人は、持っているのに死ぬまで気づかない、という人も少なからずいるわけで、その医師曰く「僕らは筋腫とは関係のない様々な開腹手術をしますが、そうすると、半分くらいの人に実は筋腫はあるんですよ」って。
 なーんだ、筋腫って「あって当たり前」くらいのコブなんだーって思いましたよ、私。見つからないですんだ人は筋腫に悩まされることのない一生をおくれて、たまたま見つかった人の多くは過多や痛みがあるわけでもないのに長年にわたって筋腫に悩まされる。そんな構図に気づいた私はガクゼンとしました。

 でも、不思議なのはほかの医者だってそういう経験則をもっているはずなのに、だーれもそんなこと教えてくれない。なぜか。カンのいい人はわかるんじゃないかと思います。婦人科収入のいいお客様たちを減らすわけにいかないからですね。

 あなた筋腫があります→手術したほうが安心ですよ→がんの心配もなくなりますしね。(ないしは、「まだ大きくないので手術の必要はありません」→ユーザーは「そのうちにもし大きくなったら手術なのね」とすりこまれる)

 こんな構図は現実にはかなり減ったのではないかと思っていたら、実はそうではないみたいですね。あーあ・・。(続きはどうぞ、本をご覧ください・・・ちょっと売り込みがしつこいって!? あ、そうそう。『子宮筋腫・女のからだの常識』は最初のタイトル案は『子宮筋腫の常識』だったんです。それから、値段ももっと安くする予定でした。本が売れるかどうかの境目はここで決まってしまったんじゃないかなあ・・と私は今でも思ってます。次回は、そんな話をしてみようかな)
[PR]
by yuuko_watanabe3 | 2009-10-12 07:25 | 更年期/からだ/こころ

わたなべゆうこです。blog名を「女は51から」より変更しました。


by yuuko_watanabe3

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

検索

↑当ブログの検索できます。

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

私のメアドです

以前の記事

2016年 12月
2016年 11月
2016年 02月
more...

カテゴリ

全体
最新のお知らせ
マラソン/ダイエット
わたしが過去に書いたもの
メディア/言葉/社会
映画/シナリオ
足あと帳
マイ・ジョグノート
私のダイエットメニュー
コーラス/コンサート
ゴルフ
たまには旅
きれい、かわいい
きょうのできごと
おいしいもの、おいしい店
オット:魚畑耕海
ムスコ:渡辺耕作
更年期/からだ/こころ
アート
風邪のモト=エヘン虫を追出そう
つぶやき
ブログ/HP
活字レビュー
ごあいさつ
my沖縄ライフ
未分類

ライフログ

なぜ婦人科にかかりにくいの?―利用者からの解決アドバイス集

子宮筋腫・女のからだの常識

“ほっ”とする生理痛の本―女性の悩み解決ガイド

わたなべゆうこの本

その他のジャンル

Skypeボタン

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

スポーツ
50代

画像一覧